家を建てる

2014年8月 9日 (土)

#40

昨日の朝ハリケーンIselleの直撃を受けたハワイ島では学校やお役所は木・金とお休みになっていました。
ハリケーンに備えてボートを海から上げるべきかどうか悩む夫は何度か港に様子を見に行きました。が、誰も上げている様子はないし、いざとなったらお互いに手伝い合うから大丈夫と言ってくれる人がいて、特に何もせず帰って来ました。
新聞によると、プナ方面では倒木で道路が分断されたり、停電になったりしているそうですが、コナでは少し風雨が強い時間帯はあったものの特に被害はありませんでした。

日本では台風11号が広範囲に大雨による被害をもたらしていますが、今日のテレビジャパンのニュースで私たちの地元阿南市でも那賀川の氾濫による浸水の映像が流れていました。那賀川の上流地域には母の実家があり、私にとっては懐かしい川ですが、濁流が渦巻く様子を見るのは悲しく、被害が拡大しないように祈るのみです。

台風の度にハラハラさせられる建築中の我が家、5日ほど前に友人が撮ってくれた写真では、屋根に一部瓦が葺かれていました。

Dsc_1347

内部の工事も着々と進んでいるようです。

以前の記事で玄関の外構プランのCGを紹介しましたが、ちょっと変更がありました。

20140804

7月の打ち合わせで階段の向こう側にスロープと手すりをつけてもらいました。
外壁の色は実際のものとかなり違っていますが、出来上がったら、どの程度このCGに近いのか、見比べるのが楽しみです。

さて、40個目の帽子が出来上がりました。
今回はラウハラをクレジットカード2枚分の幅に切って編みました。

P1280253

幅が細いと編むのに時間がかかる上、お客様や日本への一時帰国で忙しかったので編み始めてから1ヶ月以上かかってしまいました。

P1280251

今は41個目の帽子のピコを作ったところですが、明後日からお客様なのでラウハラは片づけて少しの間お休みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月24日 (木)

久々の更新です

7月2日~16日、日本に一時帰国しました。
目的は建築中の家の内装などの打ち合わせでした。

打ち合わせ初日の現場の様子。

731

1階部分の壁ができていました。

そして3日後には2階部分も。

P1270865

ツーバイフォーは建ち始めると早いとは聞いていましたが本当に早いです。

ところがここで大型台風8号の襲来!屋根がまだ出来ていないのに・・・と心配しながらも東京に移動しました。四国は台風の多い土地柄です。

その後友人が送ってくれた写真によると、台風の被害もなく無事屋根がついて防水シートが張られていました。

716

屋根には黒い淡路瓦が葺かれます。
淡路島は「三州(愛知県西部)」「石州(島根県西部)」と並んで日本の瓦の三大産地。約1300年前(飛鳥時代)から作られているのだそうです。
外壁は白とベージュ。どんな外観になるか楽しみでもあり不安でもあり・・・

こちらは担当者が撮ってくれた内部の様子。

723

もう電気配線も終わっているようです。大きな窓があるのはダイニング。壁が無いとずいぶん広々としていますね。

次回の帰国時は家が完成して引っ越しとなります。
東京においてある荷物の整理や不用品の処分も・・と思っていましたが、赤坂のショールームに出かけた時にあまりの暑さにバテバテ、、、作業は全くはかどらず、結局ほとんど次回に持ち越しとなりました。

一時帰国直前に日本からのお客様がありました。夫の元勤務先の友人ご夫妻で、ゴルフ、ゴルフ、ハワイ島一周観光、ゴルフというハードスケジュールでしたが、ハワイ島を満喫していただけたようでした。

ハワイ島一周はいつもとほぼ同じコースでしたが、今回ヒロのレインボーフォールズで初めての場所に行ったので紹介しておきます。

P1270784

いつもの場所から滝を眺めた後、マウナケアに向かう時間に少し余裕があったので、駐車場脇の小道に入りました。

P1270787

植物の力強さを感じさせられるこんな林の中を少し歩くと

P1270790

レインボーフォールズの上に出ました。

早速滝壺をのぞいてみましょう。

P1270800

滝が間近に見えて迫力!

P1270798

高所恐怖症とまではいきませんが、私はこういう場所は苦手なので、滝壺の写真は夫に撮ってもらいました。崖っぷちを歩くのは得意な夫です。特に釣り道具があるとどんなに危険な岩場でもすいすいと歩いて行ってしまいます。

P1270792

これまでは対岸から眺めるだけでしたが、なかなか素敵な体験でした。
雨の後は滑りやすいのでご注意下さい。

レインボー滝を上から眺めた後はマウナケア山頂を目指します。
いつものようにオニヅカビジターセンターで休憩中、ツァーに参加している人たちが「しまいち」のお弁当を食べていて、何だか思いがけず懐かしい友人に会ったようなうれしい気分になって写真を撮らせてもらいました。Ysさんが作ったのかな・・Jrさんかな~・・?

P1270805

久しぶりにお会いしたガイドさんからココアとお茶の差し入れをいただきました。

P1270804

山頂からの帰り、星の観察をしながらいただきましたが、冷えきった体に甘いココアが沁み渡りました。温かい心遣いを有難うございました。

P1270837

ハワイ島一周の締めくくりに相応しいマウナケアのサンセット。
ハワイ島を去る日まで、あと何回来られるでしょうか・・・

さて、今週の日曜日(27日)には私の友人達が来ます。
夫のミシガン転勤で日本を発つ前にパート勤務していた某銀行で一緒に仕事をした仲間です。とは言っても当時私は40台後半のパートのオバサン、彼女たちは大学卒業したばかり、ピカピカの新入行員さん。年の差は大きいし短い期間だったけれど、仲良くしてもらってました。
その後Nnちゃんは銀行を辞めてオーストラリアへ留学、私はミシガンへ。13~14年間音信不通になっていましたが、少し前にNnちゃんがフェイスブックで私を見つけて連絡をくれました。私はフェイスブックは全く活用していないのですが、時々こんなうれしい出来事があります。

夫も40年以上音信不通だった昔々のアメリカ留学時代の友人たちとフェイスブックを通じてコンタクトがとれて、メールや電話でやりとりをしています。いつか会える日がありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月12日 (木)

基礎工事

いよいよ着工と知らせがあった5月17日(この時点で当初の予定より1か月遅れていましたが)から雨天のためさらに1週間遅れて基礎工事が始まりました。

5月24日(土)の様子です。担当のYmさんが写真を撮って送ってくれました。

1

夕方にはこうなりました。

3

6月4日 配筋前の防湿シート敷き込み作業です。

64

6月8日 配筋完了。

682

6月12日配筋検査完了。鉄筋の種類、間隔を確認してもらうのだそうです 。

4

1枚目と4枚目はYmさんが撮って送ってくれた写真ですが、それ以外は「Genbaeye」というサイトからお借りしました。「Genbaeye」にログインすると携帯やパソコンでいつでも工事状況がわかるというサイトです。便利になったものですね。

6月13日(金)にベースコンクリート打設予定と書いてあります。ハワイは今日12日(木)なので、ちょうど今頃作業中かな・・・
しかし今日本は梅雨の真っ最中。工事が順調に進むことを祈るのみです。
我が家はツーバイフォーです。柱を立てたらすぐに屋根をかける在来工法に対して、床を作り壁を起こし、最後に屋根をかけるツーバイフォー工法。雨が降ると工事が滞るだけでなく、床や壁などの構造体が長時間濡れ続けることで悪影響が出ないかと心配です。もちろん養生など対策はしっかりとられていると思いますが・・・

さてさてYmさんとのメールのやり取りで屋根や外壁、建具などの決定は着々と進んでいます。電気配線図だけでも5~6回メールをやり取りしました。

昨年12月の一時帰国で担当者、建築士と最初の打ち合わせをした際のこと。
窓の話になり、腰高にするか掃き出しにするか、また引違い窓、上げ下げ窓、滑り出し窓などと話し合っていると、横にいた夫が「知らない単語がいっぱい出てくるな~」と言いました。
私は窓に限らずたいていのことは知っているようなつもりでいましたが、その後メールのやり取りで色を決めて欲しいと言われたのは

破風、鼻隠し、軒天、笠木、土台水切り、、、

知らない単語が続々と出て来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

いよいよ着工

帰国後の住まいを建てることになり、契約は済ませたものの消費増税の影響で新築が多いため予定日から遅れること1か月、やっと今週の土曜日に着工と決まりました。雨天延期と書いてあるので、どうぞ晴れますように。

家を建てるって、決めなければならないことが山のようにあります。
近くに住んでいれば何度も何度も打ち合わせを重ねるらしいのですが、我が家はメールのやりとりでほとんど決めています。しかも夫は全く相談相手にならないので、一人でインターネット相手に情報収集の日々です。
キッチンや浴室など水周りは昨年12月に帰った時にパナソニックのショールームに行って実際に見て決めました。徳島のショールームでは、一緒に行った夫はソファで居眠り。浴槽だけは起こして選んでもらいました。
ここで一応決めて見積もりをだしてもらいましたが、もっとゆっくりと考えてみたくて、東京に帰ってから頼りになる友人に付き合ってもらって汐留にあるショールームに行きました。

何事にもあまり強いこだわりはない方ですが、その分優柔不断で迷ってしまって、最後はどれを選んでもきっと満足して暮らせるだろうなんていい加減なこと言いながらも楽しいショールーム見学でした。

選んだキッチンはだいたいこんな感じ。水栓はこんな立派なのではなく違うタイプですが。

Papapa3
          <画像はパナソニックのHPより>

元々はシンクは絶対ステンレスがいい!と思っていましたが、ショールームでこの人造大理石のシンクを見た時、一目で気に入ってしまいました。

Papapaシンクといい、

Papapa1

シンクの一部を調理にも片付けにも使えて便利、しかも継ぎ目のないカウンター一体成型でお掃除も楽。

Papapa2

「主婦100人の声から生まれた調理や片づけにとことんこだわったワークトップ」
だそうです。おまけに見た目も美しい。さて、使い勝手はどうでしょうかね~?

ショールームを楽しんだ後は、近くのレストランでランチ。

サラダと

P1250145

パスタに

P1250149

デザートもついて

P1250152

美味しくてリーズナブル!

おまけに景色も抜群!!

P1250143

日本はいいなぁ~!

この翌日は銀行時代の友人たちと和田倉噴水公園レストランでランチビュッフェ。

P1250175

冬枯れの風景でしたが、私は丸の内、友人たちは大手町勤務と、この辺りは思い出の沢山ある懐かしい場所です。

P1250181

お料理の写真を撮り忘れましたが、前菜からデザートまで美味しくいただきました。
大きな窓から噴水を眺めながら、優雅なランチタイム。

やっぱり日本はいいなぁ~!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

庭仕事

毎日毎日朝から夕方まで休みなしで庭仕事に精を出す夫。
今日はゴルフの日ですが、お昼過ぎに帰って来てそそくさとランチを終え、すぐに庭仕事を始めました。 ゴルフの日くらいゆっくりすれば?と言ってものんびりなんてしていられない。マグロと同じで動き続けてないとダメなんです。 私はというと、昨日半日だけ庭仕事をしたら疲れてしまいました。

さてさて今日の仕事は増えすぎてしまったバナナを一部切り倒すこと。

P1260212

美味しいバナナなので切り倒すのはもったいないのですが、あまりにもはびこってしまって周りの植物にも悪影響を与えているので仕方がありません。

P1260213

ふさがってしまった通路を確保するために手前の部分を切り倒します。

P1260229

バナナは草本なので木を切る時ほど力は必要ではありませんが、べたべたとした樹液がのこぎりについて大変です。そして根を掘り起こすのがまた重労働。

P1260231

夕方にはこの通りすっきりしました。本当にお疲れ様でした。

ところで新築計画中の日本の家は、着工はまだ少し先になるようですが、先週の日曜日(6日)に敷地のすき取り工事がありました。

225

道路より敷地が少し高くなっているので、駐車場部分を平らにするための工事です。現地を見られない私たちのために、担当のYmさんが写真を撮って送ってくれます。我が家の担当は去年入社したばかりの初々しくて可愛い女性です。太陽光発電補助金申請など、私たちが海外在住のために手続きが煩雑だったりしていろいろお世話になっています。都市部や大手ハウスメーカーなら海外からの帰国者のケースも扱いが多いでしょうが、我が家がお願いした会社では初めてのケースで、しかも新入社員ですから大変だと思いますが、一緒にいい家を建てましょうねと頑張ってくれています。

外構工事は玄関周りとテラスのタイル工事などはプロにお任せして、南庭の花壇などは住み始めてから自分たちで(?主に夫が・・)少しづつやっていくつもり。
レンガを積んでレイズドベッドを作りたい、小さな家庭菜園と、隅の方はロックガーデン風にしようかな~などと私の妄想はふくらみます。
イングリッシュガーデンが大好きですが、しばらくはハワイと日本を行き来することになるかも知れず、1~2ヶ月留守にしても大丈夫な手間のかからない庭造りを目標にしています。
ということで、日本に帰っても庭仕事をよろしくお願いします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

神戸花鳥園&ルミナリエ

12月の帰国の際に大阪のKwさんのお宅にお邪魔しました。
Kwさんご夫妻とはコナで知り合い、釣りやゴルフを通じてとても仲良くしていただいています。長い間カリフォルニア州在住だったKwさんは、昨年我が家よりひと足先に日本に居を移し、「日本はええよ~~~!」としきりに誘惑します。大阪弁で夫婦漫才のような楽しい会話、それに徳島弁のおっちゃんが加わって私はいつも笑わせてもらってます。

久しぶりの再会で積もる話をした翌日は神戸花鳥園に案内していただきました。

P1250010

よく手入れされた美しい花々と可愛い鳥達の楽園です。

P1250015

特にフクロウの仲間の展示が充実していました。

オオハシとの触れ合いコーナーやバードショーもあります。

P1250036_2

そして12月の神戸といえば!

P1250115

ルミナリエ!!

P1250133_2

阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催されました。

ところで私は前回の帰国時に食べたイチゴの種を持ち帰って育てていますが、友人が徳島には一粒千円のイチゴがあるから今度はその種を持ち帰ったら?と教えてくれました。が、阿南ではそのイチゴを見かけませんでした。
この日ルミナリエが始まるまでデパ地下を歩いていたらありました、一粒千円の“さくらももいちご” どんな味かな?でももったいないから買いませんでした。

P1250105_2

楽しい時間はあっという間に過ぎて、翌朝新大阪駅で涙のお別れ。
本当にお世話になりました。次に会うのはコナで?それとも阿南?

さて、先日ハウスメーカーからメールで外構プランが送られて来ました。

家とカーポートの位置、庭のデッキや植栽の希望を思いつくままにおおまかに話したものがしっかりと形になってきました。

しかも平面図だけでなく、まるで写真のようなCGパースが添付されており、まるでもう家が出来上がったような気分。

玄関前にシマトネリコ、和室の前にはモミジを植えて下さいと言ったら

1

夜のシーンでは、モミジがライトアップされていました。

2_2

なかなか芸が細かいです。

ところが私の希望を全て入れると予算オーバーとのことで、南側の庭はある程度住み始めてから自分達で作っていこうということになりました。庭仕事はミシガンでもコナでも植物を選ぶのは私、力仕事は夫の役割です。あれこれ考えていると夫の仕事量がかなり多くなりそう。

年賀メールで友人達に日本に帰ることを知らせた夫の元には、すでにゴルフや釣り、歴史探訪(何でも徳島県阿南市は古事記の舞台という説があるそう)、おまけに我が家での宴会のプランまで、沢山のお誘いがあります。その上かなり大掛かりになりそうな庭仕事。「帰ったらしばらく忙しくなりそうだよ。」と言うと、「いいよ、一生忙しくてもいいんだ。」と夫。そうだよね、今でものんびりしてる日なんてないものね。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

地元に~帰ろう~♪

昨年の秋頃のこと。
何となくそろそろ日本に帰ろうか・・と夫と話すようになりました。

さて、それでは日本に帰って住む場所は?

まるで知らない土地では不安なので、現在自宅マンションがある東京か、二人の故郷である徳島県か・・・

東京なら既に住まいはあるし、私は友達も多く、息子もいます。
でも夫の趣味である釣りやゴルフには不便だし、マンション暮らしでは庭仕事も無くて時間をもてあましそう。コナの家は庭が広いので毎日忙しく働いていますが、東京滞在中はほとんどテレビを見て過ごしています。私はどこでも楽しく暮らしていける自信がありますが、夫が生き生きと暮らすためには環境は大切だと思いました。

やっぱり徳島かな・・・
と10月半ばに住む場所を探し始めたところ、実家のある阿南市に分譲地を見つけました。
二人とも馴染みのある土地で、海まで歩いて10分、港では季節によってアジや太刀魚、アオリイカ釣りができるし、釣り船も出ています。高台になっているので津波の心配もないと地元の友人が保証してくれました。

ゴルフ場は車で10分程の距離に2箇所あり、何より夫の釣り仲間、ゴルフ仲間が近所に沢山住んでいます。

P1240941

P1240947_2

歩いて10分のこの海岸はとてもいい景色ですが、遊泳禁止なのが残念。

そしてこちらの漁港も歩いて10分くらい。

P1240958_2

漁港と隣り合って、有名な(地元では)海水浴場があります。

P1240960_2

P1240968_2

子供の頃よく泳ぎに来た懐かしい砂浜。
山の手前に漁港、山の向こう側に最初に紹介した海岸が続いています。

メールで問い合わせをしてトントンと話が進み、土地を購入、家を建てることになりました。あらかじめメールのやりとりで間取りなどを決め、12月の帰国の際にモデルハウスやショールームを見て水周りの設備仕様を選びました。夫はショールームでは昼寝をしていましたが・・・

消費増税前の駆け込みで新築が多く、我が家の完成は今年の末頃かな。それまで何度か帰国しなければならないこともあり、忙しい1年になりそうです。

さて、徳島滞在中は法事と家のことで毎日ばたばたしていましたが、合間に中学時代の友人4人で同窓会をしました。

最初に案内してくれたのは津の峰山。頂上には神社があって、初詣には大賑わいです。ここはまさに地元で、小学生や中学生の頃よく登りました。この日は車で楽々。私の実家がある町が見えています。ご覧の通りの田舎です。

P1240896

懐かしいこの風景を見ていると、故郷に帰って住むのだな~と実感が湧きました。紅葉の名残が綺麗でしたが、桜の季節も見事なのだそう。来年からは四季折々の景色を楽しみに訪れようと思います。

その後、発電所と公園のある小勝島に寄って美波町の薬王寺へ。

P1240906

四国八十八カ所第23番霊場・薬王寺は厄除けのお寺として有名です。

厄年は男性42歳、女性33歳ですが、男女とも60歳の還暦も厄年だそうで、還暦を迎えた4人揃って厄落としをして来ました。

P1240914_3

61段の還暦厄坂に一段一段心を込めて1円玉を置いて行きます。

帰りに道の駅で足湯に浸かり、ディナーはW家でごちそうになりました。
計画してくれたW君、運転してくれたH君、神戸から来てくれたYちゃん、そしてみんなの夕食を用意してくれたEちゃん、本当に楽しかったです。ありがとうございました。
懐かしい風景と大好きな友人達が温かく迎えてくれるんだな~~~と感じた幸せな一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)