日本

2014年8月14日 (木)

ボート倶楽部

日本から1冊の本が届きました。

ボート倶楽部 9月号

P1280395

3月にハワイ島にいらした西潟さんが「ハワイの陽気な日本人漁師」として夫の記事を載せて下さっています。夫は西潟さんの取材対象にはほど遠い「自称・漁師」実はナンチャッテ漁師なので、取材していただくのも申し訳ない思いでしたが、とてもいい記念になりました。
ボート倶楽部は本屋さんで買えますので興味のある方は読んでみて下さい。

P1280399

魚を愛し、料理を愛し、日本各地の漁師町を訪ねて魚や魚料理に関する著書もあり、テレビにも出演されている西潟さんは、8月25日(月)オープン予定の「あじろ定置網」総料理長として忙しい毎日を送っている様子。
「あじろ定置網」は伊豆の網代にある定置網で獲れた新鮮な魚を使い、美味しい魚料理を提供するレストランです。JR品川駅港南口から東京海洋大学に向かうとすぐにわかるそうですから、皆さんぜひ行って下さいね。
HPはまだないようですが、Facebook を見つけました。場所やお料理についても載っていますので詳しいことはご確認下さい。

さて、11日に上海から到着したNkさんご夫妻。
翌日(12日)はハプナにゴルフに行きました。

P1280323

コースには野生のヤギがうようよ。

P1280325

奥さんのAyさんも私もゴルフは熱心ではなく、練習もしないしプレーも年に数回という似たような状況なので、スコアも仲良く108と109。スコアより楽しく過ごすのが一番!

ゴルフの後はハプナビーチとコーヒー農園に寄り、家に帰ってシャワーを浴びてからダウンタウンに出かけました。
しまいちでお鮨を食べてダウンタウンをホロホロしていると、ファーマーズマーケットの向かい側の駐車場にドラゴンフルーツの花が沢山咲いているのを発見。

P1280343

ロックウォールの両側にびっしりと、それは見事でした。

P1280351

13日はNkさんのリクエストにより午前中釣りに行きました。

P12803591

パイロットホエール(ゴンドウクジラ)やイルカ、ホワイトチップシャーク、マダラトビエイなどに会いましたが、肝心の釣果は、、、

P1280363

レインボウランナーが1匹だけ。リリースしました。
新鮮なカツオのタタキをぜひ食べてもらいたかったのに残念。

そして夕方からはマウナケアに。

P1280390

毎度おなじみのマウナケアのサンセットですが、もしかしたらこれが見納めかも・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

いよいよ着工

帰国後の住まいを建てることになり、契約は済ませたものの消費増税の影響で新築が多いため予定日から遅れること1か月、やっと今週の土曜日に着工と決まりました。雨天延期と書いてあるので、どうぞ晴れますように。

家を建てるって、決めなければならないことが山のようにあります。
近くに住んでいれば何度も何度も打ち合わせを重ねるらしいのですが、我が家はメールのやりとりでほとんど決めています。しかも夫は全く相談相手にならないので、一人でインターネット相手に情報収集の日々です。
キッチンや浴室など水周りは昨年12月に帰った時にパナソニックのショールームに行って実際に見て決めました。徳島のショールームでは、一緒に行った夫はソファで居眠り。浴槽だけは起こして選んでもらいました。
ここで一応決めて見積もりをだしてもらいましたが、もっとゆっくりと考えてみたくて、東京に帰ってから頼りになる友人に付き合ってもらって汐留にあるショールームに行きました。

何事にもあまり強いこだわりはない方ですが、その分優柔不断で迷ってしまって、最後はどれを選んでもきっと満足して暮らせるだろうなんていい加減なこと言いながらも楽しいショールーム見学でした。

選んだキッチンはだいたいこんな感じ。水栓はこんな立派なのではなく違うタイプですが。

Papapa3
          <画像はパナソニックのHPより>

元々はシンクは絶対ステンレスがいい!と思っていましたが、ショールームでこの人造大理石のシンクを見た時、一目で気に入ってしまいました。

Papapaシンクといい、

Papapa1

シンクの一部を調理にも片付けにも使えて便利、しかも継ぎ目のないカウンター一体成型でお掃除も楽。

Papapa2

「主婦100人の声から生まれた調理や片づけにとことんこだわったワークトップ」
だそうです。おまけに見た目も美しい。さて、使い勝手はどうでしょうかね~?

ショールームを楽しんだ後は、近くのレストランでランチ。

サラダと

P1250145

パスタに

P1250149

デザートもついて

P1250152

美味しくてリーズナブル!

おまけに景色も抜群!!

P1250143

日本はいいなぁ~!

この翌日は銀行時代の友人たちと和田倉噴水公園レストランでランチビュッフェ。

P1250175

冬枯れの風景でしたが、私は丸の内、友人たちは大手町勤務と、この辺りは思い出の沢山ある懐かしい場所です。

P1250181

お料理の写真を撮り忘れましたが、前菜からデザートまで美味しくいただきました。
大きな窓から噴水を眺めながら、優雅なランチタイム。

やっぱり日本はいいなぁ~!!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

神戸花鳥園&ルミナリエ

12月の帰国の際に大阪のKwさんのお宅にお邪魔しました。
Kwさんご夫妻とはコナで知り合い、釣りやゴルフを通じてとても仲良くしていただいています。長い間カリフォルニア州在住だったKwさんは、昨年我が家よりひと足先に日本に居を移し、「日本はええよ~~~!」としきりに誘惑します。大阪弁で夫婦漫才のような楽しい会話、それに徳島弁のおっちゃんが加わって私はいつも笑わせてもらってます。

久しぶりの再会で積もる話をした翌日は神戸花鳥園に案内していただきました。

P1250010

よく手入れされた美しい花々と可愛い鳥達の楽園です。

P1250015

特にフクロウの仲間の展示が充実していました。

オオハシとの触れ合いコーナーやバードショーもあります。

P1250036_2

そして12月の神戸といえば!

P1250115

ルミナリエ!!

P1250133_2

阪神・淡路大震災犠牲者の鎮魂の意を込めるとともに、都市の復興・再生への夢と希望を託し、大震災の起こった1995年の12月に初めて開催されました。

ところで私は前回の帰国時に食べたイチゴの種を持ち帰って育てていますが、友人が徳島には一粒千円のイチゴがあるから今度はその種を持ち帰ったら?と教えてくれました。が、阿南ではそのイチゴを見かけませんでした。
この日ルミナリエが始まるまでデパ地下を歩いていたらありました、一粒千円の“さくらももいちご” どんな味かな?でももったいないから買いませんでした。

P1250105_2

楽しい時間はあっという間に過ぎて、翌朝新大阪駅で涙のお別れ。
本当にお世話になりました。次に会うのはコナで?それとも阿南?

さて、先日ハウスメーカーからメールで外構プランが送られて来ました。

家とカーポートの位置、庭のデッキや植栽の希望を思いつくままにおおまかに話したものがしっかりと形になってきました。

しかも平面図だけでなく、まるで写真のようなCGパースが添付されており、まるでもう家が出来上がったような気分。

玄関前にシマトネリコ、和室の前にはモミジを植えて下さいと言ったら

1

夜のシーンでは、モミジがライトアップされていました。

2_2

なかなか芸が細かいです。

ところが私の希望を全て入れると予算オーバーとのことで、南側の庭はある程度住み始めてから自分達で作っていこうということになりました。庭仕事はミシガンでもコナでも植物を選ぶのは私、力仕事は夫の役割です。あれこれ考えていると夫の仕事量がかなり多くなりそう。

年賀メールで友人達に日本に帰ることを知らせた夫の元には、すでにゴルフや釣り、歴史探訪(何でも徳島県阿南市は古事記の舞台という説があるそう)、おまけに我が家での宴会のプランまで、沢山のお誘いがあります。その上かなり大掛かりになりそうな庭仕事。「帰ったらしばらく忙しくなりそうだよ。」と言うと、「いいよ、一生忙しくてもいいんだ。」と夫。そうだよね、今でものんびりしてる日なんてないものね。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

地元に~帰ろう~♪

昨年の秋頃のこと。
何となくそろそろ日本に帰ろうか・・と夫と話すようになりました。

さて、それでは日本に帰って住む場所は?

まるで知らない土地では不安なので、現在自宅マンションがある東京か、二人の故郷である徳島県か・・・

東京なら既に住まいはあるし、私は友達も多く、息子もいます。
でも夫の趣味である釣りやゴルフには不便だし、マンション暮らしでは庭仕事も無くて時間をもてあましそう。コナの家は庭が広いので毎日忙しく働いていますが、東京滞在中はほとんどテレビを見て過ごしています。私はどこでも楽しく暮らしていける自信がありますが、夫が生き生きと暮らすためには環境は大切だと思いました。

やっぱり徳島かな・・・
と10月半ばに住む場所を探し始めたところ、実家のある阿南市に分譲地を見つけました。
二人とも馴染みのある土地で、海まで歩いて10分、港では季節によってアジや太刀魚、アオリイカ釣りができるし、釣り船も出ています。高台になっているので津波の心配もないと地元の友人が保証してくれました。

ゴルフ場は車で10分程の距離に2箇所あり、何より夫の釣り仲間、ゴルフ仲間が近所に沢山住んでいます。

P1240941

P1240947_2

歩いて10分のこの海岸はとてもいい景色ですが、遊泳禁止なのが残念。

そしてこちらの漁港も歩いて10分くらい。

P1240958_2

漁港と隣り合って、有名な(地元では)海水浴場があります。

P1240960_2

P1240968_2

子供の頃よく泳ぎに来た懐かしい砂浜。
山の手前に漁港、山の向こう側に最初に紹介した海岸が続いています。

メールで問い合わせをしてトントンと話が進み、土地を購入、家を建てることになりました。あらかじめメールのやりとりで間取りなどを決め、12月の帰国の際にモデルハウスやショールームを見て水周りの設備仕様を選びました。夫はショールームでは昼寝をしていましたが・・・

消費増税前の駆け込みで新築が多く、我が家の完成は今年の末頃かな。それまで何度か帰国しなければならないこともあり、忙しい1年になりそうです。

さて、徳島滞在中は法事と家のことで毎日ばたばたしていましたが、合間に中学時代の友人4人で同窓会をしました。

最初に案内してくれたのは津の峰山。頂上には神社があって、初詣には大賑わいです。ここはまさに地元で、小学生や中学生の頃よく登りました。この日は車で楽々。私の実家がある町が見えています。ご覧の通りの田舎です。

P1240896

懐かしいこの風景を見ていると、故郷に帰って住むのだな~と実感が湧きました。紅葉の名残が綺麗でしたが、桜の季節も見事なのだそう。来年からは四季折々の景色を楽しみに訪れようと思います。

その後、発電所と公園のある小勝島に寄って美波町の薬王寺へ。

P1240906

四国八十八カ所第23番霊場・薬王寺は厄除けのお寺として有名です。

厄年は男性42歳、女性33歳ですが、男女とも60歳の還暦も厄年だそうで、還暦を迎えた4人揃って厄落としをして来ました。

P1240914_3

61段の還暦厄坂に一段一段心を込めて1円玉を置いて行きます。

帰りに道の駅で足湯に浸かり、ディナーはW家でごちそうになりました。
計画してくれたW君、運転してくれたH君、神戸から来てくれたYちゃん、そしてみんなの夕食を用意してくれたEちゃん、本当に楽しかったです。ありがとうございました。
懐かしい風景と大好きな友人達が温かく迎えてくれるんだな~~~と感じた幸せな一日でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

プランター菜園

先日収穫したパパイヤが食べごろになったので朝食にいただきました。
美味しーーーい!
こんなに美味しいパパイヤが食べられるのもKwさんのおかげ。ごちそうさまです。

P1210742

2年前にKwさん宅の庭になったパパイヤがとても美味しかったので、食べた後種をまいて育てました。ストロベリーパパイヤと呼ばれる種類で、果肉は黄色い種類のパパイヤよりも赤味があり、甘味が強くて美味しいので、私はライムやリリコイは加えずにそのまま食べます。
パパイヤの木は2~3年すると美味しい実がならなくなるそうなので、また今年食べた種をまいて蝶々さん3号、4号、、、と育てます。パパイヤの木の名前「蝶々さん」は友人経営のレストランの名前をいただいて名づけています。敬意を表して大切に育ててますよ~。

ついでに我が家のプランター菜園をご紹介しますと

P1210745

三つ葉、パセリ、ニラ、しそ・・・

P1210749_2

しばらく収穫しなかったら、ニラにきれいな花が咲きました。

今私が一番楽しみにしているのはこれ↓何だと思いますか?

P1210750_2

正解はイチゴ。

アメリカのイチゴは大きいけれどかたくて酸味が強いものが多い。ハワイ島ではワイメアのイチゴは少し日本のイチゴに近いけれど、やっぱり「あまおう」や「女峰」をはじめ日本のイチゴの美味しさには到底かないません。

4月の一時帰国の際に泊った義姉の家でそれは美味しいイチゴをいただきました。
そこで種を少し取りおいて、ティッシュに包んで持ち帰りました。

種を撒いたはいいけれど、最初は出てきた芽がイチゴなのか雑草なのか区別がつかず経過をみていたら、、

P12107501_2

ほら、これはどう見てもイチゴ!ということで、ヒロのChiakiさんにいただいた栄養たっぷりの土を混ぜて植え替えました。元気に育って美味しいイチゴを収穫させてね。

P12009601

Tm家の前で。
夫は5人兄弟姉妹。みんな仲が良く、末っ子の夫は皆さんにお世話になってきました。8歳上の九州の義兄と夫はほぼ同じ身長、体型。
でも顔や性格は全然違います(ハンサムで優しくて紳士のお義兄さんです)
Tm家の皆さん、大変お世話になりました。イチゴ、芽が出ましたよ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

鮪の町

今日はラウハラクラスで一週間ぶりの外出。
帰国中はもちろん、コナに戻ってからもほとんど編んでいなかったので久しぶりのラウハラクラスは楽しかった。

ずっと編みかけになっているテーブルマットの仕上げです。
初めてだし時間のかかるニホニホと呼ばれる編み方ですが、手間を惜しんでいてはラウハラ編みはできません。

P1210180

裏側から編んで↑ 表に返すとこんな感じ↓

P1210174_2

むふふ・・  なかなか可愛い(自己満足happy01

全体を見ると、、

P1210175_2

まだたったのこれだけしか編めていませんが、今日のところはここまで。
同じことばかりでは飽きてしまうので、帽子も編み始めました。
ラウハラ編み(マット)で疲れたら、気分転換もまたラウハラ編み(帽子)。

ところで先日の旅で訪れた那智勝浦は“鮪の町” 

勝浦漁港は、はえ縄漁法による生まぐろの水揚げ高日本一だそうです。
知らなかった~

JR紀伊勝浦駅からお土産屋さんが並ぶ通りを海に向かって歩くと、誰でも利用できる足湯があり、その名も「鮪乃湯」

P1210048

すぐ近くの勝浦漁港では鮪の水揚げやセリの風景が見られます。

P1200968_2

あ、クッキーカッターシャークにやられたマグロ見つけた!

P1200969_2

コナでも釣れたマグロやカツオによくこの傷跡がついています。

こちらにも沢山。

P1210050_2

泳ぐスピードの早いマグロやカツオにこんな傷をつけるなんて、すごいな~クッキーカッターシャーク!

勝浦温泉では2泊しましたが、最後の日はあいにくの雨。なので熊野古道は一箇所のコースしか歩きませんでしたが、勝浦漁港には2回も散歩に行きました。しかも2回目は雨の中傘をさしてまで!夫はこのところずっとマグロが釣れていないので恋しかったのか、、、。

港近くの歩道のタイルにはマグロの絵が描かれていました。

20130501_2

一番高級なクロマグロはタイルが割れて貧相で可哀相。

港には日本各地から鮪を追う漁船が集まっています。

P1210047

熱心に情報収集中の夫。
乗組員はインドネシアから来ている人が多いようです。鮪釣りの腕はともかく、色の黒さならインドネシア人に負けてないぞ~と妙な自慢をしていました。

ホテルではチェックイン時に20キロの生鮪が当たるという応募券をもらいました。
しかも出前解体サービス付き!!!

「南紀勝浦温泉に宿泊して出前解体を当てよう!」
というキャンペーン中だそうです。コナまで届けてくれるのなら、喜んで応募するのですけどね・・・

P1210056_2

こんなふうに氷詰めにして届けられるのでしょうが、当選は毎月1名だそうです。

さぁ、あなたも「南紀勝浦温泉に宿泊して出前解体を当てよう!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

熊野古道

日本からお土産に風邪を持ち帰ってしまったようで、2日間寝込んでいました。
帰った頃、日本では日によって寒暖の差が激しく、気候のいいコナですっかり抵抗力をなくしている体には厳しいな~と思っていましたが、何とか乗り切ったと安心していたのに・・・
そんなわけで釣りもラウハラもお休みしてひたすらだらだら過ごしました。

さて一時帰国の際に訪ねた熊野古道について。

熊野古道を初めて知ったのは世界遺産に登録された時のニュースでした。
熊野三山、高野山、吉野・大峯の三つの霊場とそこに至る参詣道(熊野古道・高野山町 石道・大峯奥駈道など)、及びそれらを取り巻く文化的景観が「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されています。その中で熊野三山(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に詣でるための参詣道が熊野古道。
山歩きが好きで、神社仏閣を訪ねるのも好き。いつか行ってみたいと思っていた場所でしたが、範囲が広いので短い日程で行くには歩くコースを絞らなければなりません。

歩きやすくて人気があるのは

・発心門王子~熊野本宮大社
・JR尾鷲駅を起点とする伊勢路・馬越峠コース
・「大門坂」~熊野那智大社~那智の滝へのコース

の3コースのようでした。
各コースの説明や写真を見比べて、熊野古道の雰囲気が存分に味わえそうで、南紀勝浦温泉からアクセスのいい「大門坂」~熊野那智大社~那智の滝へのコースを選びました。

温泉でのんびりした翌日、紀伊勝浦駅前からバスに乗り、大門坂入り口まで。

P1210006_2

大門坂の石畳の道。ほ~らいい雰囲気じゃありませんか!

でもこのコースを選んだのにはもう一つ理由がありまして、、、

坂の上り口にある大門坂茶屋で貸し出している平安衣装を着てみたかったのです。色とりどりの衣装の中から選びます。
派手過ぎ?いいのいいの。今年は赤を着る年なのだから。

P1200998_2

この朱塗りの「振ヶ瀬橋」は聖地への架け橋だそうです。

P1200982_2

男性用の平安衣装もあるのですが、夫はパス。
平安時代にはこんな装束で多くの人々が 祈りを胸に巡礼の道を歩いたのですね。

料金は周辺を散策するだけなら2000円、熊野那智大社まで参詣する場合は3000円。ちなみに熊野那智大社でも平安衣装の貸し出しをしていました。
私はこの衣装で石畳を登るのは自信が無かったので周辺散策のみ。

夫に写真を撮ってもらって(何とよそのオジサンから一緒に撮って~と言われました!若くなくてごめんなさいと言いながらモデル気分?)衣装を返し、石畳を登ります。ハァハァ・・

P1210013

最後の階段。お天気が良くて暑くなってきましたがもうひと頑張り。

P1210014_2

石段を登りきると熊野那智大社。

隣にある那智山青岸渡寺は、国の重要文化財に指定されている歴史ある寺で、西国33カ所観音巡りの第一番礼所でもあります。

P1210015

本堂から滝方面への道を進むと

三重の塔と那智の滝を見渡す絶景。

P1210018_2

那智の滝は日本三名瀑の一つで、落差133メートルは一段の滝としては日本1位だそうです。

その滝壺の付近は熊野那智大社の別宮である飛瀧神社になっています。

P1210020_2

飛瀧神社は滝が御神体であり、本殿も拝殿もなく滝を直接拝むようになっており

P1210021_3

滝に向かって鳥居が立っています。
一昨年の台風では和歌山県で大きな被害がありましたが、飛瀧神社でも境内と参道の一部が豪雨の影響で崩壊したため、滝壺付近ではその復旧工事が行われていました。

「クレーンがあるからいい写真が撮れない」と私。
「クレーンがある写真は今しか撮れないぞ~~~」と夫。前向きだね。

P1210029

滝壺の近くまで参道が続いています。

20130429

滝の周辺は木や石が苔むしていて風情がありました。

P1210035_2

さて、帰りはまた石段を登らなくてはなりません。
あ~~~日頃の運動不足が・・・

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

一時帰国

義母の7回忌のため2週間ほど一時帰国していました。

留守中に熟したバナナが一房全部芝生の上に無残に落ちていました。写真を撮ろうとカメラを持って出て行ったら、すでに夫が片付けてしまっていました。素早い!!

寝室の横にあるティアレの木には鳥の巣が沢山あります。左と右は一昨年、去年の巣。真ん中のは今年の巣。

P1210086

新しい巣に気付いたのは一ヶ月以上前。知らずに木の下を通ったら雌のカーディナルがばたばたと飛び立ったので、なるべく近寄らないようにしていました。少し離れた所に梯子を立てて夫が覗いたところ、生まれたてのまだ目もあかないヒナがいるとのことでした。

一昨日帰って来てすぐ夫がそっと覗いてみたら、すでに巣立ちを終えて空っぽになっていました。また来年子育てしに来てね~!

もうひとつ、ゲストルームの窓辺のリリコイ棚にメジロが巣作りしています。
こちらは私たちがコナを離れる2~3日前に巣作りしていたので、今は卵を抱いている様子。ゲストルームの窓からそ~っと写真を撮りました。ガラス越しなのでぼやけてしまいました。

P1210081

リリコイを大切にしている夫は、葉や花を食べてしまう毛虫を退治するのが日課ですが、これではしばらく近寄れません。

さて今回の一時帰国ではオービッツで一番安かったコリアンエアーを利用しましたが、4月8日(月)ハワイアンのコナ発のフライトが遅れたため、ホノルルで成田行きに間に合いませんでした。ハワイアンに交渉して1時間遅いデルタ航空に振り替えてもらい、やれやれ・・
が、預けたスーツケースは同じ便には載っておらず、届くのは早くても翌日の夜遅くなるとのこと。翌々日には東京から徳島に帰るため、どうなることかと心配しましたが無事翌日の夜配達されました。これで一件落着と思っていたのですが・・・

23日(火)成田空港でチェックインする際に、何故かずいぶんと時間がかかり、係員が奥でなにやらひそひそ話しています。ホノルル~成田をコリアンエアーからデルタに振り替えてもらったことを説明したり、30分以上待たされてやっと手続き完了。ところが、ホノルルでハワイアンのチェックインをしようとすると、キャンセルされていて席が無いと言われましたcrying
ハワイアンの係員によると、成田でコリアンエアーが間違ってキャンセルしてしまったのではないかとのことで、再びコリアンエアーのカウンターに戻り交渉。結局ホノルル空港で4時間あまり過ごしました。疲れた~~~!

東京では自宅近くの多摩川沿いの桜はすっかり終わっていましたが、大根の花に似た白い花が一面に咲いていました。

P1200912

帰国翌日、多摩川土手をのんびり散歩。夫はゴルフ練習場で一汗かきました。

P1200915

土手側からマンションの敷地に入ると、ペットの足洗い場があり

P1200939

ペットと住みやすいように設備が行き届いてます。

東京で2泊して徳島へ。

P1200942

徳島空港は何年か前に新しくなり、「徳島阿波踊り空港」と呼ばれています。

P1200941

義母の7回忌の後で夫の兄姉や甥姪、その子供達と話をしていて義兄の言葉が心に残りました。法事は供養と故人を偲ぶことに加え、血縁者が一同に会して親しく話す機会だという目的もあるのだと。

徳島から東京へは空路ではなく、紀伊勝浦温泉に寄り道して帰りました。
マグロの町・勝浦と熊野古道については次回。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

アート&クラフトフェア

昨日は友人達とメリーモナークで賑わうヒロまで行って来ました。

これまでワイメア経由でヒロまでは何度か運転したことがありましたが、サドルロードを自分で運転するのは初めて。サドルロードのドライブは大好きだけど、やっぱり自分で運転するよりのんびり景色を眺める方がいいですね。往復5時間の運転は思ったほど疲れなかったけれど、帰り道にいつものごとく霧にまかれて前が見えずヒヤヒヤしました。

ヒロ到着後まずはアート&クラフトフェアが開催されているシビックホールへ。ハワイのアーティスト達の作品が展示販売されており、コナのラウハラウィーバーの皆さんのブースにご挨拶に行きました。

P1200708_3

すでに三日目ということで、かなりの作品は売れてしまい残り少なくなっていました。
先週のラウハラクラスで私たちが金曜日に行くと言うと、フラリーから「水曜日の開場早々に行って、知ってる人に会っても挨拶なんかしないでさっさと買い物しないといいものはすぐに無くなってしまうよ。」と言われました。でも私たちは買い物目的ではなくて、見学と少しでもお手伝いできればいいと思って行ったので、あまりにも込み合う初日でなくて正解でした。

お昼に会場近くのミヨズにランチに行くと1時間待ちとのことで、向かいにあるビッグアイランドキャンディーズに寄りました。

P1200718_2

P1200713_2

いつもながら何て素敵なディスプレイ・・・

P1200712_2

と思いながら前に回ってみると

P1200721_2

オネエサンのはじけた笑顔にびっくり! しかも頭の上にはトロピカルフルーツがいっぱい!?? ま、春ですからね・・・

先日ちゃこりんから送られてきた春の便りは

Cimg_0961

犀川の桜です。

昨日、今日の大荒れの天候でこの美しい桜も散ってしまったことでしょう。
どうぞ被害がありませんように。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 5日 (火)

金沢・能登の旅

好天に恵まれたちゃこりん家のハワイ島旅行でしたが、逆に我が家が昨年10月末に金沢のちゃこりん家を訪ねた時は、あいにくの雨rainでした。
もっともTsちゃんによると、金沢は“弁当忘れても傘忘れるな”と言われるほど雨の多い土地柄なのだとか。
ずいぶん前のことですが、2泊3日の金沢・能登半島の旅の写真をUPしたいと思います。

10月28日 小松空港でレンタカーを借り、金沢まで。
ホテルにチェックイン後、迎えに来てくれたAkさんとTsちゃんに3年3ヶ月ぶりの再会。Tsちゃんの案内で兼六園を散策しました。

201302051

金沢の冬の風物詩である兼六園の雪吊りを見たかったのですが、少し早くてまだ準備中でした。

ホテルは香林坊にあり、百万石通りや武家屋敷跡はすぐ近くて恰好の散歩コース。

201302052

夫は朝の散歩のついでに足を伸ばした近江町市場がすっかり気に入りました。

201302053

新鮮な山海の幸!こんな市場がコナにも欲しいです。

さて、金沢で一番の目的はちゃこリんファミリーに会うこと。

P11606541_3

久しぶりだわんdog 懐かし~~~い。顔が溶けるくらいなめられました。

雨が上がったところでみんなで一緒に近くの公園に散歩に行くと・・・

P1160679

なんと金沢市内でこの看板!ぞぞ~~~っ
また雨が降り出したので散歩はそこそこに帰り、心づくしの夕食をいただきました。

翌日は能登半島に向けてドライブ。
紅葉の見頃にはまだ少し早かったものの、風に揺れるススキは風情がありました。

P1160777_3

輪島の朝市、白米千枚田、時国家、見附島など能登半島の見所をめぐり

201302054_2

この日は和倉温泉泊。

P1160792

ホテルの部屋から眺めた能登島。月がきれいでした。

最終日はジンベイザメに会いにのとじま水族館へ。水族館があると魚を見に寄らずにはいられない夫なので、旅先でもよく行きますが、日本の水族館は展示が素晴らしい。

空港に向かう途中に寄ってみた「千里浜なぎさドライブウェイ」
砂浜を車で走るという初めての経験は新鮮で、途中海の家のような店で焼き貝を食べたりして思いのほか楽しかったです。

P1160948_2

「全長約8kmにわたる波打ち際を車で走ることができる、国内でも珍しい砂浜道路です。  この千里浜は砂の粒子が細かく、大型バスでもラクラク通行できる硬い砂浜です。」と和倉温泉のサイトに書いてあったけど、

P1160986

おおっ、本当に走ってました、観光バス。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧