ミシガン

2011年11月29日 (火)

雪のミシガンへ

Dnさん&Erさんは極寒のミシガンに帰って行きました。
家の中から眺める雪景色は、それは美しくて懐かしく思われますが、車の運転や雪掻きの苦労を考えると、冬のミシガンの生活は大変です。

去年お二人がハワイ島に滞在した時には、ゴルフには付き合えなかった私ですが、今年はゴルフ、釣り、ボルケーノ~ヒロ観光、そして再びゴルフとフルに一緒に遊びました。

しばらくゴルフをしていないこともあり、25日のゴルフは137という惨憺たるスコアで、一緒に行って申し訳なかったくらいでした。が、しっかりと反省をした(←ウソ)28日は、私にしては上出来の114shine

さて、主婦として、来客で一番気を遣うのは食事の支度。お料理が得意な方は苦もなく楽しんでしまうのでしょうが、私は嫌いではないけれど、決して得意ではなく、おまけにグズで時間がかかるし失敗も多い。

しかし今回、到着日のサンクスギビングパーティーはYsさんのプロのお料理をいただき、そして翌日のディナーはErさんが腕を奮ってくれました。

P1070473

ゴルフが終わってシャワーを浴びてから、スーパーに買い物に行き、慣れないキッチンで一人頑張ってくれたErさん。私とDnさんは野菜の下準備を少しお手伝いしただけ。

P1070478

出来上がったお料理は

P1070485

マリネ野菜のグリル、ローストビーフ(2種のソース添え)、マグロとエビのセビッチェ、茄子の煮浸し。どれもとても美味しく、短時間でささっとこれだけのお料理を仕上げるとは、さすがにホームパーティーの多いお二人ですね。ごちそうさまでした。

翌日からは釣りや観光で外食が続き、結局私がキッチンに立ったのは、朝食と最終日(28日)の夕食だけ。しかも帰る日には、シーツやタオルの洗濯まで終えてありました。
楽させてくれてありがとう~!ミシガンの皆さんによろしくね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

ONO & 猫 & 犬

今日は釣りの日。
ワタクシ、こんなのを釣ってしまいました。

P1030174

ONO(カマスサワラ)15キロもありました。そう、夫ではなくて私が釣ったんです!
15キロのマグロならもっとうれしかったのだけど・・・

さて、この数日友人の留守宅にネコちゃん達のお世話に行っています。

みぃちゃんとなっちゃん。

P10301141

初日は警戒して、いくら呼んでもベッドの下にもぐったまま出てきませんでしたが、二日目からは、2匹ともそばに寄って来るようになりました。寂しくて人恋しくなったのか、はたまた怪しいオジサンがいないから(初日は夫が一緒だったので)??

なっちゃんは以前から私になでさせてくれましたが、警戒心の強いみぃちゃんはいつも近寄ってもくれませんでした。

P1030115

ところが今はなで放題!しかも自分から「なでて~」とすりよって来るのが可愛い。

明日はお母さんが帰って来るよ。良かったね~!!

ところで、ミシガンにいた頃、息子の友人の犬を3日間預かったことがありました。

P1070280

ヨークシャーテリアの成犬でしたが、小ぶりなわんちゃんで子犬のような大きさ。うっかり踏んだりしたら大変(私の体重で!)と気を遣いました。

P10703021 この子も飼い主と離れて寂しかったようで、四六時中ずっと私の後をついて歩いていました。

犬好きの私ですが、どちらかというと中型~大型犬が大好き。でも寂しそうな様子が不憫で、家事もそこそこに(←いつものこと?)相手をしていたのですが・・・

3日後に飼い主さんが迎えに来ると、大喜びで私の方を振り向きもせずに帰って行きました。

ま、当たり前ですが、ちょっとくらい別れを惜しむ気持ちは無いわけ?私の方は、たった3日間だったけど、何だか胸にぽっかりと穴が開いたような、とても寂しい気持ちでした。

みぃちゃん & なっちゃん、これからもなでさせてくれるよね・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

ギースの話

久しぶりに我が家のパパイヤを1個収穫しました。

P1010646

私の好きなストロベリーパパイヤではなく、味はイマイチなのですが、大きさは何処で売っているパパイヤにも負けません。とはいえ、やっぱり大きさよりも味の良さが大切。ということで、美味しいパパイヤを食べたら種を撒いていますが、なかなか芽が出ません。ハワイではそこらに捨てた種が育って美味しい果物が収穫できるとよく聞くのですが・・・

さて、ミシガンのグースの話。ネネ(ハワイアングース)よりも体が大きく、首が長くて黒いカナディアングースです。

ハワイで誰からも愛されているネネとは違い、公園でも住宅街でも、道端にさえ、とにかくどこにでもいて時々交通渋滞を引き起こしたりする、しかも意外と凶暴な、ちょっとやっかいもの扱いでした。

我が家の裏には池があり、春になると鴨やギース(Gooseの複数形はGeese)が子育てをしていました。

P1060552

最初に見かけた時には5羽のヒナがいましたが、狐などの野生動物の被害にあったのか、日が経つにつれ次第に数が減り、とうとう1羽だけになってしまいました。

P1070007

我が家はウッドデッキでバードフィーディングをしていたため、おこぼれを狙って鴨やギースもやって来るようになり、特にリスのえさ用のコーンが大好物。
そこで子育て中のギースのために、毎日夫がコーンを撒いてやるようになりました。

すると、そのうちにウッドデッキに出た夫の姿を見つけると、池の向こうにいるギースの親子が走ってやって来るようになりました。

P1070475

お父さんは羽を広げて、文字通り「飛んで来る」って感じです。

ヒナは見る見る大きくなり、親と同じ大きさになりましたが、それでもお父さんとお母さんに甘えています。

P1070479

コーンを食べる時、必ずお父さんは見張り役で、まずはお母さんと子供が食べます。いい加減食べたところで、お母さんとお父さんが見張りを交代。子供はずっと食べています。

我が家の裏庭で子育てをしていたこの家族を、ペットのように可愛がっていたのですが、いつからか他のグループもやって来るようになりました。しかも団体で!おまけに、“みんなで仲良く”とはいかず、勢力争いをするので、多勢に無勢、親子3羽はいつも追い立てられてしまいます。
それに、これだけの数になると、ご近所迷惑にもなるのでエサやリは止めました。

P1070593

野生生物にエサをやることは問題もありますが(特にナショナルパークでは厳しく禁止されています)、住宅街ではフィーディングを楽しむ人が多く、スーパーやホームセンターのような店に行くと、様々なフィーダーや、動物や鳥の種類に合わせたエサが沢山売られています。

私を一番楽しませてくれたのはリスとチップモンク。でもこの話も写真が多くなるのでまた次の機会に。毎回写真が多過ぎ!!!あれもこれもと欲張りすぎですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

春は子育ての季節

日本からは桜の便りが届いています。四季折々に美しい日本の自然。
今も辛い避難生活を送る方々が、巡って来た桜の季節に少しでも心癒されますように。

一年中美しいトロピカルフラワーが咲き、美味しいフルーツが実るハワイ島では身近な自然の変化に季節を感じることは少ないです。でも植物によってはその時季だけ花が咲いたり、収穫できる果物もあります。
最近は鳥や動物の赤ちゃんをよく見かけることで春を感じています。

P1010208

昨日マカレイにいたウズラの親子。お母さんの表情が優しいです。

こちらはミシガンにいた頃に撮った親子鴨の写真。

P1030634

お母さんが方向を変える度に、12羽の赤ちゃん鴨が一生懸命に後をついていくのが微笑ましかったです。

P1030635

P1030641

P1030636

長くて寒さ厳しい冬を越えてやっと巡り来るミシガンの春ですが、あっという間に過ぎ去ってしまう短い季節です。毎年4月後半でも雪が散らつくことがあります。5月に入ると一斉に花々が咲いて、白とグレーの景色が色鮮やかに変身します。が、すぐに暑くなって夏になってしまう感じでした。
ミシガンに住んでいた頃、私に春を告げてくれたのはレンギョウの花。4月初旬~中旬頃、公園や家々の庭を彩る黄色いレンギョウを見ると、あぁ、やっと春がやって来たと感じたものでした。グラウンドホッグのフィルの占いでは、今年は春が早いとの予想でしたが、さて、当たっていたでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

春は近い?

あ~~~ショック!
夕方マカレイにゴルフの練習に行って、カメラを無くしてしまいました。
練習しているすぐそばに止めたカートに置いてあった私のミスですが、悲しいです。がっくりきて早めに練習を切り上げました。昨年日本に帰った時に買い換えたばかりのカメラでしたが、私の取扱いが悪くて(ジュースをこぼしたり、落としたり)ズームが効かなくなっていました。で、自分が悪いことは棚に上げて、使いづらいなぁ・・と不満たらたらだったので、バチがあたったのかも知れません。

で、帰りにカメラを見てみようと思ってコスコに寄ったら、見るだけのつもりがつい衝動買いしてしまいました。しょんぼりしている私を見て、夫が横で「買え、買え。」って言うものだから・・・値段をチェックしておいて、帰ってネットで調べるつもりだったのにね~
今度こそ「一眼デジカメ」とも思ったのですが、まだ使いこなせる自信がないのと、パナソニックのルミックスDMC-ZS7がコンパクトデジカメで光学12倍ズーム、手軽で使い勝手が良さそうなので即決。このカメラ、GPS機能を搭載しているそうですが、多分私には宝の持ち腐れだと思います。
さぁ、明日は釣りの日。新しいカメラを持っていくぞ~!立ち直りは早い。

ところで今日2月2日はGroundhog day(グラウンドホッグ・デー)。アメリカやカナダではその年の春の到来を占う日です。日本では馴染みのない動物ですが、グラウンドホッグはジリスの仲間で、ミシガンではウッドチャックの名前で親しまれています。

冬眠していたウッドチャックが2月2日に穴から出て来て、自分の影を見ると驚いて冬篭りに引き返してしまう、つまりお天気が良くて影が見えると、春はまだ遠くあと6週間ほど冬が続き、逆に曇って影を見る事ができなければ春の訪れが近いといわれます。

春の訪れを心待ちにするような厳しい寒さのないハワイでは全く縁がありませんが、冬の長い地域では各地でグラウンドホッグ・デーの行事が行われており、ミシガンでも毎年テレビや新聞のニュースに取り上げられていました。特にペンシルベニア州Punxsutawney(パンクサトーニー)とニューヨークのStaten Island(スタッテン島)が有名で、占いに使われるグラウンドホッグにはそれぞれ「Punxsutawney Phil」、「Staten Island Chuck」という名前がついています。
ペンシルバニア州ではグラウンドホッグデーが祝日になっており、パンクサトーニー・グラウンドホッグ・クラブの立派な紳士達がタキシードとシルクハットで正装して、切り株型の小屋から出してきたフィルを掲げてその年の予報を読み上げます。

それではウッドチャックの素顔をお見せしましょう。

Woodchuck2

公園や裏庭でよく見かけました。リスよりはかなり大きいです。

Woodchuck3

愛嬌のある可愛い顔で、のそのそとのんびりしたイメージですが、意外と素早く動くこともあります。

Woodchuck7

後ろに移っているのはミシガン時代の私の愛車、黒のCR-V。懐かしい!

デトロイトからワシントンDCまでドライブした時にPunxsutawney の地名を見かけて、いつかグラウンドホッグ・デーに行ってみたいと思っていましたが果たせませんでした。

さて、今年の予報ですが、、、

公式サイトによると「No Shadow,Spring is Near!」だそうです。
ミシガンの皆さん、良かったですね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

ハロウィーン

Happy Halloween ! 

去年の10月31日は、コナのダウンタウン(アリイドライブ)で仮装コンテストなど楽しいイベントがあったので、今年も暗くなってから楽しみに出かけてみましたが、閑散としていました。もしかしたら、昨日(土曜日)終わってしまったのか?それとも去年は特別だったのか??ま、来年また行ってみよう(覚えていたら)。

去年のコナのハロウィーンの様子はこちらで。

さて、我が家のサブではハロウィーンの飾り付けをしている家もなく(道路から玄関が見えない家が多いので実際には定かではありませんが)“Trick or Treat !”と家々を巡る子供達の姿もありません。寂しいものだな・・と思っていると、友人のOsさんのお宅があるサブでは毎年大勢の仮装した子供達がやって来るそうな。あまりにも混雑するので、外来者の車はサブには進入禁止となり、住人はあらかじめ配布された許可証を提示しなければならないそうです。

R0014273

夕方行ってみると、外の道路には両側に車がびっしりと並び、Os家では魔女帽子をかぶったMさんがお菓子を配っていました。私達もちょこっと仲間入り。(写真はOsさんが送って下さいました)

Img_0784

子供達が来るのが思いのほか早くて、夕飯を食べる時間もなかったそうですが、いったい何時に食事にありつけたでしょうか。。。

R0014256

飾り付けをした家々や仮装した子供達。

R0014259

一番凝っていたのはこの家↓(いつものごとく私の独断です)。

201010311

音楽付きでガレージの中までしっかりと飾り付けてありました。

ところで、ミシガンにいた頃は我が家もささやかな飾り付けをして、お菓子を用意していました。

P1070880

子供達を迎える夫は忍者風(実は目出し帽をかぶっているだけ)。

P1090309

ご近所のお宅の“Pre-Trick-or-Treat Party”に招いていただいたこともあります。この時はちょうど夫が出張中で、英語のできない私は参加しようかどうか迷ったのですが、せめてお招きいただいたことへの感謝の気持ちは伝えたいと、思い切ってネコになって行きましたcat

P1070878

玄関に飾られた蜘蛛の巣。

Halloween0721

室内もちゃんと蜘蛛の巣が飾られていました。
ピザとハロウィーン仕様のお菓子がずらりと並んだテーブル。早めの時間に集まって、ピザで腹ごしらえを済ませ、それぞれ“Trick or Treat !”に出かけて行くのです。私も家に帰って子供達の訪問を待ちました。子供のいる家は、たいていお父さんかお母さんのどちらかが子供について行き、一人は残って家でお菓子を配る役をしていました。
200人分くらい用意したお菓子は足りないこともあれば(無くなったら玄関の電気を消しておけばもう訪問者はありません)余った年は夫が会社に持って行きました。

ミシガンの10月末といえば、雪が降ることも。
暖かい年はいいけれど、せっかくの可愛い仮装姿もコートの下に隠れてしまうこともあります。今年のハロウィーンはどうだったでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月30日 (木)

秋の気配

しばらく散歩にも行かず、近所の様子も目にしていなかったのだけれど、ふと気がつくと、空き地のススキが穂を出して、コナも秋の装いです。私にはほとんどわからない季節の移り変わりを、植物達はちゃんと感じているのですね。

R0013194

秋といえば、ハワイ島でも紅葉を発見!先日ハイウェイ190号を走っていると、、、

201009292

鮮やかな赤や黄色ではないけれど、これも紅葉?
ともあれ、しばし秋の雰囲気を感じて、ミシガンの紅葉を思い出しました。

Ff048

青空に映える美しいメープルの紅葉、ミシガンの秋は一年で最も好きな季節。

Ff042

これからも、秋が巡り来る度に繰り返しこの光景を思い出すことでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月27日 (月)

自転車でGO

今年もコナの町でこの看板を見かけるようになりました。

R0013098

そうです、間もなくコナの町が最も熱く燃える日 “Ironman World Championship”

今年は10月9日(土)の開催です。スイム 3.9 km 、バイク 180.2 km 、ラン 42.195 kmの過酷なレースに夢をかけて世界中から集まるトライアスリート達の姿が日ごとに増えてコナの町は活気付いてきます。

ところで、コナは坂道の多い町ですが、時々バイク(自転車)で走っている人(トライアスロンではなく日常生活で)を見かけます。が、ミシガンでは近所の道路をバイクで走っている人を見かけたことがありません。
その代わりこんな風にバイクを載せて走る車をよく見かけます。

201009271

公園などの安全な場所でサイクリングを楽しむのでしょう。

なかにはこんな猛者も。

P1010516

自転車が5台。この車のすぐ後ろは走りたくないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

君の名は?

一年中トロピカル植物が楽しめるハワイ島。
ミシガンでは冬の間は植物たちは全て雪に埋もれてしまいます。でも、球根や多年草の植物は春になると毎年芽を出して、きれいな花を咲かせてくれました。

201009081

花壇の隙間に一年草を植えたり、ポットに寄せ植えをしたり、短い季節ですが、ガーデニングを楽しんでいました。

花も緑もなくて寂しい冬には、家の中で育てていた観葉植物達が慰めてくれました。
ポトス、アイビー、スパティフィラム、サンスベリア、セントポーリアなどなど。帰国する友人からいただいた鉢植えも加わってにぎやかな我が家でした。

ミシガンを去る際に、植物たちは可愛がってくれそうな友人達に託しましたが、その中にひとつ名前のわからない植物がありました。

002

先日引き取って下さったakikoさんから写真が届きました。環境がいいようで、うちにいた頃よりずっと元気に育っています。よかったね!この植物は我が家に6年程いたのですが、5年目頃にたった一回だけ花が咲きました。その時のことを覚えていたakikoさんが記憶を頼りにインターネットで調べてくれて、カランコエの仲間の「紅提灯」ではないかと知らせてくれました。早速私も紅提灯を調べてみると、確かに葉はとてもよく似ています。が、花は前に咲いた時に撮った写真とは違うような・・?
紅提灯は名前の通り、提灯のように下を向いて咲いているのに、これは上に向かって咲いているし、、、

201009082

葉は厚みがあって多肉植物系のようなので、紅提灯の仲間(亜種)かも知れませんが、今のところ“5年に一度(?)開花するナゾの植物”です。もっとも陽当たりを好むようなのに、我が家ではほとんど陽の当たらない場所に置いていたから花が咲かなかったのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

チェリーの季節

コナでもスーパーでチェリー(いわゆるアメリカンチェリー)を見かけますが、ミシガン時代の友人からのメールには、、

「チェリーピッキングに行って来るよ~!」 う、うらやましい・・・

ミシガン州は全米一のチェリーの生産地。毎年独立記念日の週末には避暑地として人気のトラバースシティで「チェリーフェスティバル」が開催されます。

201007112

ミシガン湖よりの西部から北部にかけては沢山の果樹園があります。
初めてチェリーピッキングをしたのは友人達とPetoskeyにドライブ旅行した時。
それまでにぎやかだった面々がサクランボに夢中になり静か~になったものでした。もちろん黒っぽいアメリカンチェリーもありますが、私達は日本のサクランボに近いレイニア種ばかり摘みとっていました。美味しくて安い!そして何より楽しい!!
この時は偶然行った果樹園だったので名前も場所も忘れてしまいましたが、次の年から毎年7月にはトラバースシティから近いRennie Orchards に通いました。

http://www.rennieorchards.com/

チェリーピッキングができる期間は短く、その年の気候によって変わります。
デトロイト周辺にもチェリーピッキングができる果樹園はあるけれど、規模が小さくて早い時期に終わってしまうのでいつも行きそびれていました。

また、トラバースシティ周辺にはワイナリーが点在しています。
その中のひとつ、「Ciccone Vineyard and Winery」

http://www.cicconevineyards.com/ 

201007113

ミシガン州出身の歌手・マドンナのお父さんがオーナーのワイナリーです。

201007114

マドンナラベルのワインもありました。

ワイン好きの友人は、「お味はう~ん・・まぁまぁかな。でも話題性があるよね。」とのことでした。

ということで、話のタネに赤&白のマドンナラベルワインを買ってみました。
一緒に写っているのはミシガン産のメープルシロップとメープルバターです。

Cherry22

もう一度行きたーい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧