日記・コラム・つぶやき

2012年7月15日 (日)

占い大研究

日本から国際スピード郵便が届きました。

差出人の名前には覚えがないけれど、宛名は確かに私の名前。

包みを開けてみると一冊の本が出てきました。

P1140076

そういえば3ヶ月ほど前に、東京の書籍を編修している会社から、私のブログに載っていた(記事はこちら)グラウンドホッグ(ウッドチャック)の写真を使わせて欲しいと依頼メールがありました。

何度かメールのやり取りをして、サイズの大きな写真を送りましたが、その後忘れていたところに本が届いて、行き届いた心遣いに感激。

以前(ミシガン時代)にも、ホームぺージのシカゴの街並の写真を使わせて欲しいと依頼があり、了解したのですが、今回のように本を送ってくれることもなく、その後本のタイトルも忘れてしまいました。確か経済を小説仕立てでわかりやすく解説する本で、その舞台がシカゴなのだということでしたが・・ 
そんなことがあったので、今回もわざわざ海外まで送ってくれるとは期待していなかったのです。

P1140078

グラウンドホッグの写真には、Copyrightとして私の名前も載っています。この「占い大研究」は、学校図書館向け書籍なので、甥や姪の子供達が読む機会があるかも・・?と思うと楽しいし、ともあれ私の写真が何かのお役に立てたことはうれしい限り。

おまけに釣りの帰りにダウンタウンで撮った写真。

P1110758

教会の尖塔の真上にかかった夕陽が神々しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

雨の恵み

最近のコナの雨の多さも隣の空き地の雑草がこれほど生き生きとはびこる原因のひとつ。

我が家の西側にはこのあたりに多いマメ科(だと思う)の低木の林が広がっています。
2年前に引っ越して来て以来、ここは季節にかかわらずいつも茶色く見えていました。

P1110386

それが今は緑に染まっています。

P1030451

上の写真は2009年7月、下の写真は今日(7月3日)撮ったものです。

本来コナの我が家の辺りは斜面で水はけがよく乾燥ぎみの土地で、スプリンクラーがないと植物には厳しい環境なのです。もう少し標高が高いホルアロアでは、年間を通して雨が多く、植物もいつも生き生きとしています。雨の力ってすごい。隣の雑草は嫌だけど、茶色い林よりは緑の方がやっぱりきれい。

アメリカでは「April Showers Bring May Flowers 」という言葉が良く使われますが、今年のコナは5月~6月とずっと雨が多くて、おかげで我が家の芝生も元気です。

ところで、我が家は今日でコナ生活丸2年、明日から3年目に突入です。
ハワイ島に引っ越して来た当初は、元気に釣りができる間はコナに住もうと話していましたが、最近何だか日本が恋しくなってきた私です。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

外耳道炎

先週の木曜日くらいから右耳に痛みを感じるようになりました。
以前にも同じような症状になったことがあり、2~3日すれば治るだろうと思っていたのですが、今回は痛みがひどくて、耳がふさがってしまいました(実際にはふさがった感じがしたということだろうと思います)。日曜日には痛みは少しましになりましたが、水のような膿のような液体が少し出て来ました。

耳が痛い時の原因といえば、外耳道炎か急性中耳炎が多いらしいですが、比較的外側に痛みがあるので、中耳炎ではなさそう。
外耳道炎を調べてみると、

「耳の入り口に近い外耳道に炎症が起きる疾患で、ひっかき傷に細菌が感染したり、水が耳に入ることなどによって起こります。耳の入り口付近にかゆみや痛みが生じ、腫れによる異物感や詰まった感じとともに、耳鳴りや水のような耳だれがみられることもあります。」

私の症状そのものでした。
病院に行くほどでもないな・・と思っていたら、上記のように耳から液体が出てきたため、夫が中にたまると心配だから念のために行けとうるさく親切に言ってくれて、先日自分が釣り針事件でお世話になったHualalai Urgent Careで耳鼻科も診てくれるようだと調べてくれました。

ということで、昨日行ってきました。
お医者様によると、外耳道炎は耳掃除のしすぎでなることが多いのだそうです。

実はワタクシ、毎日耳掃除をします。
耳垢のタイプには乾性と湿性の2種類ありますが、私は湿性タイプで、毎日掃除をしないと気持ち悪い感じがするのです。

しかし、外耳道の皮膚は薄くて傷つきやすいので、綿棒や耳掻きを使って頻繁に掃除しずぎると、耳の皮膚が傷ついて炎症を起こすそうです。しかも、耳垢には外耳道の保護や自浄作用、殺菌作用があり、耳垢を除去することでこの機能を阻害してしまうことになります。

日本人では84%程が乾燥耳垢で、私のような湿性耳垢は16%しかいない少数派ですが、耳垢の乾性・湿性の割合は人種によって大きく差があり、白人は90%以上が湿性で、人類全体を見てみると、多数派を占めるのは湿性耳垢の方だそうです。英語で耳垢の事をEarwax というのは湿性だから・・・?

病院では温水で耳の中を洗浄し、点耳薬を処方してくれました。
これからは耳かきは控えめに、優しくするよう気をつけます。

さて、今日は夕食後散歩に出ました。
右足に足底筋膜炎の痛みがまだ残っているので30分程のウォーキングでしたが、この美しい夕景。港に向かうのはサンセットクルーズのボートでしょうか。

P1010195

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

足底筋膜炎

踵が痛い。

痛みを感じ始めたのはいつのことだったか・・・ 定かではありませんが、昨年12月に日本に帰った時にはすでに症状が出ていました。
でも最初は朝起きてベッドから下りた時に痛いだけで、少し時間が経つと何でもない状態が続いていました。日常生活には全く問題がないので「何故かな・・?」と疑問に思いつつもさほど気にせず毎日のウォーキング(40~50分)もずっと続けていました。

ところが、2ヶ月ほど前からは日中もソファや椅子から立ち上がって歩き始めると痛みがあり、そのうちに立っていても歩行中も、とにかく一日中痛みを感じるように。そしてちょうど一ヶ月前にグリーンサンドビーチで往復2時間余り歩いたことで悪化したようで以前よりもひどく痛むようになりました。寝込むほどではないけれど、ウォーキングは無理だし、この痛みをずっと我慢じ続けなければならないのは嫌だし、病院に行こうか、、、でもどんなふうに説明すればいいのかしら・・?ということでインターネットで調べてみました。

するとありました、『足底筋膜炎』 私の症状にぴったり当てはまります。

「足の裏のかかと部の痛みが主症状で、歩き始めや走り始め、あるいは起床時の一歩目に強く痛むのが特徴です。初期では歩行や運動を続けることによって症状は軽減します。足の裏のかかと部に圧痛があることから診断は比較的容易です。レントゲンでは踵骨の骨棘(骨のとげ)が認められることもありますが、異常所見を認めないこともあります。慢性化すると歩行中にも痛みを訴えます。

さて、その治療法は・・・
「柔らかい靴の中敷をいれること、ヒールカップという踵のクッションをいれることなどから始めます。また、土踏まずのアーチを支えるような足底板(靴の中敷き)も効果的です。
足底腱膜のストレッチも良いとされています。足首を反らすようにして、その上ですべての足趾を反らせます。足のうらが突っ張る感じを確認しながら、ゆっくり10数えます。一日に何回かやります。
病院では、消炎鎮痛剤の内服や外用薬を処方しますが、確実な効果は少ない。痛みが強い時に、ステロイドの局所注射を足底腱膜付着部にすると痛みがかなり和らぎます。難治例には手術で筋膜の付着部を切離するする方法もありますが、扁平足が進む可能性があり注意が必要。」

また
多くは3ヶ月から3年以内に自然治癒するものなので、痛みが出ても慌てずに、毎日の足のストレッチ運動や足への負担を減らす工夫をして、痛みが落ち着くのをゆっくり待ちましょう。」

ふむふむ・・・とりあえず病院には行かず自宅でできることを試してみることに。
足底腱膜のストレッチは上記のやり方の他にも調べて一日に何度も繰り返しています。まだ痛みはありますが、少しずつ軽くなってきました。

それにしてもこんな踵の痛みにもちゃんと病名があるんだなぁと感心。

原因としては
「4050歳代になると、老化に伴い、古いゴム管にひびが入るように、足底腱膜のかかとに付くあたりを中心に炎症が起こります。また筋力の低下や体重の増加によって足にかかる負担が大きくなり炎症を起こします。」

私の場合は年齢的なことと体重の増加が主な原因かな・・?以前腰痛で寝込んだことといい、これはきちんと減量しないといけませんな(といいつつ危機感がないと夫のツッコミ)。

今日は地味な話題で写真もありません。

何だか寂しいので内容には関係ありませんがこの一枚を。

P1110754

ハワイ島の青空と風を感じてください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

おめでとう!

うれしいニュースが届きました。

姪のJちゃんに女の子誕生ribbon 何だか孫ができたような気分の私達です。

2010071811
           <Photo by Ken>

同じく7月生まれの我が家の次男は、小さな頃徳島の実家に帰るとJちゃんに遊んでもらえるのがうれしくていつもつきまとっていたっけ。。。世話好きでよく気のつくJちゃん、いいお母さんになることでしょう。

201007187

孔雀さんも子育て中。頑張れ、お母さん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

名誉(?)の負傷

我が家のサブデビジョンには住民が利用できるレクリェーションセンターとテニスコートがあります。

Img_4268

海とフアラライ山の稜線が見えるテニスコート。2面あります。

Img_4280

先日の管理組合総会の際、テニスコートはほとんど利用されていない現状であり、費用もかかるので売却してはどうかという意見が出ました。それに対して、家族で楽しんでいる人達がいるし、現在売り出し中の分譲地は自由に使える“テニスコート付き”ということが有利になる、それはオーナーが家を売る際も同じであり、しかも維持費は一軒当り年間$25程だから維持するべきだとの反対意見がありました。結論は、このまま維持するということに。

Img_4244

散歩の時によく通るテニスコートですが、確かにテニスをしている場面にお目にかかることはほとんどありませんでした。
これは利用しない手はありません!

といっても私は初めてなので鬼コーチ(夫)にラケットの握り方から教わります。

屋根工事はスタッコ仕上げに入り、開始時間が9時になったので、今日は朝8時から1時間、汗を流すことにしました(主に夫が)。

Img_4245

ご近所のKAIさんからボールをお借りして、テニスコートの初利用です。

準備運動代わりの素振りや壁打ちで少し身体を慣らし、いざプレイボール。

ところが、何度か(ほんの3回くらい?)ボールを打ち合って、少し遠くに来たボールを追いかけようとしたその時!!!こけました・・・おもいっきりcrying

Img_4284

足と腕が傷だらけ。流血の惨事ですが、あまりに勢いよくころんだため、わき腹を強く打って、一瞬息もできないくらいの苦しさ。傷の痛みどころではないくらいでした(決してオーバーではなく)。

Img_4265

駆け寄ってきた夫に息も絶え絶えに「い、いたい、、」と訴えたのですが、夫はその時のことを「痛い!って泣いてたなぁ」って笑うんですよpout しかもその後も一人壁打ちなんかしてるし・・・まぁ、私も傷の写真を撮ったりしてましたけど。

傷だけでなく、手首や身体のあちこちが痛みます。子供の頃ならもっと上手に転べたでしょうにね。

| | コメント (2)