« ミシン仕事 | トップページ | #35 »

2014年4月25日 (金)

メリーモナークフェスティバル・ホイケナイト

ヒロの町は今週メリーモナーク一色。

今年はメリーモナークに行く予定ではなかったのですが、先日ラウハラの打ち合わせでうちに来てくれたMnさんがホイケ・ナイトに出場するから見に来て~と言ってくれて、水曜日に行って来ました。

メリーモナーク本戦と違って、チケットが必要でないホイケ・ナイトを観覧するためには並んで待つ必要があります。会場の入り口に陣取った先頭の人は、朝の4時から並んでいるそうです。開演は午後6時ですから何と14時間待ち!

P1260325

私たちは午後1時、5時間前の到着でしたが、すでに長い列が出来ていました。
4人で交代してアートフェアを見に行ったり、椅子に座って本を読んだり・・・

P1260309

みんなで生花のレイを買って帽子につけました。

P1260305

コナのウィーバー達のブースに挨拶に行き、メイン会場もぐるっと一回り。

P1260319

このブースの帽子は何年も待って編んでもらう人が沢山いるという人気だそうです。素晴らしい芸術品です。ハットバンドは伝統的なレイフル(フェザーレイ)。値段札はついていませんでしたが、帽子もレイも高価なことは間違いありません。

さていよいよホイケナイトが開演、Mnさんのハラウ・オ・ケクヒが最初に登場しました。

P1260365

さすがに地元ヒロの名門ハラウ、迫力のある力強いパフォーマンスでした。
MnさんはHawaiian Literature & Languageを専攻するハワイ大学ヒロ校の大学院生であり、ヒロの名門ハラウのフラダンサーであり、ラウハラも編むというハワイ文化にとても詳しい頑張り屋さん。
衣装やレイ、楽器など身につけるものは全て自分たちで用意しなければならず、山で採集した植物で染色したり、捕るのがとても難しい貝を集めてクペエ(手・足首に付けるレイ)を作ったりと、大変なことも明るく楽しく話してくれます。
いつもは思いっきり笑顔のMnさんですが、この日は真剣にフラに取り組む姿が本当に格好よかったです。感動しました!

続いて日本のハラウ、そしてニュージーランド・マオリ族の民族舞踊ハカ。

Photo

ハカは戦いの前に相手を威嚇する舞であり、迫力満点、圧巻でした。

Photo_3

カヒコ、アウアナ、タヒチアンダンスと盛り沢山で、終了は10時過ぎ。
家に帰り着いたのは夜中の12時半でした。

|

« ミシン仕事 | トップページ | #35 »

コメント

美貴子さん
ラウハラ帽子のサイズは少しなら調整できるのですが、残念でしたね。
きっとまたいい出会いがあるでしょう。
日本でのラウハラ編み、楽しんで下さいね。

投稿: midori | 2014年4月28日 (月) 19時46分

yoshiさん
親戚や友人が出場している地元の人たちはいい席で見たいので
早くから並ぶのでしょうね。並ぶこと自体も楽しんでいるようでしたよ。
マウイ島のお友達は28年ぶりの日本を楽しまれたことでしょう。
日本に行ったコナの人は、うれしいことにみんな日本好きになって
帰ってきます。

投稿: midori | 2014年4月28日 (月) 19時43分

MMFお疲れさまでした。
アートフェアーではコナのウィーバーさん達の作品
良かったですね。一緒に行ったお友達は気に入った
帽子が見つかって良かったのですが私はサイズが
合わなくて残念でした

投稿: 美貴子 | 2014年4月28日 (月) 18時01分

こんにちは!ミドリさん14時間待って凄いですね('_')先週の日曜からマウイ島の友人が夫婦で日本に遊びに来ていて、昨日関空に送って行きました。28年ぶりの日本訪問でした。楽しんでくれたでしょうか?梅田に八ケ月間暮らしたのだけれど、街が豹変してサッパリ分からなかったとのこと、浦島太郎ですね(+_+)

投稿: yoshi | 2014年4月27日 (日) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244596/55947031

この記事へのトラックバック一覧です: メリーモナークフェスティバル・ホイケナイト:

« ミシン仕事 | トップページ | #35 »