« Pacific Wings | トップページ | リリコイ »

2012年4月24日 (火)

Ohi Lauhala

3月、日本への一時帰国直前に「Ohi Lauhala」に参加しました。

4泊5日の日程で、Puʻuhonua o Hōnaunau National Historical Parkでのラウハラクリーニングのボランティア活動を中心に、空いた時間にはラウハラの編み方を教えてもらったり、水泳やリラックスして過ごすもよし、そして私のような初心者には、ラウハラの下準備のいい勉強になりました。

参加費は96ドル(おもに5日間の食事のケータリング費用で宿泊費は無料)。

201204241

建物・施設は質素で、シーツや掛け布団、アメニティなど全て各自持ち込みです。
私はタオルケットを持参しましたが、あまりにも寒くて(標高の高い場所なので)眠れず、2日目の自由時間に家に毛布をとりに帰りました。

P1100943

食事は美味しくて、毎回ご飯もありました。ある日の朝食↑ ポテト、卵料理、ベーコン、ソーセージ、サラダ、スープ、チャーハンのようなもの、フルーツ、ヨーグルト etc..

P1100865

初日はお昼前に集合、ウエルカムランチをはさんで夕方まで宿泊所の裏にあるラウハラの処理をしました。
枯れたハラの葉を集めて仕分け、使えないものはゴミとして処分。残りは葉の両端を切り落とし、棘をとって濡れタオルで一枚一枚きれいに拭きます。

二日目、三日目の午前中は、Puʻuhonua o Hōnaunau National Historical Parkでラウハラクリーニング。涼しいうちに作業するために、朝は5時半起きでした。
アメリカの国立公園ではたとえ枯葉一枚といえど、公園外に持ち出すことは禁止されていますが、今回はボランティアの一環として許可を得てあり、清掃後、ラウハラ編みに使える葉を持ち帰りました。

午後はPuʻuhonua o Hōnaunau National Historical Parkで6月に開催されるイベントで使うラウハラを準備するため、葉をなめして幅を合わせてカット。

201204243

上の写真はラウハラをなめすための道具。左は手動、右は電動です。

2012042421

ラウハラウィーバー達の愛用の作品はどれも素敵で編んでみたいものばかり。

P1100932

ケアラケクア湾が一望できるラナイが作業場。

P1100873_2

夜や自由時間にはラウハラのクム(先生)達が教えてくれて、私はブレスレットとクラウンレスハットを編みました。

P1100916_2

私のがたがたの編み目が、ジョセフィーヌの魔法で何とか綺麗に仕上がりました。
ジョセフィーヌは「Living Treasure of Hawaii」に選ばれています。日本でいえば「人間国宝」でしょうか。

三日目の夕方、クカアコンテストに参加しました。
保存するために、なめしたラウハラを丸くきっちりと巻いたものがクカアです。
コンテストの規則は、初めてクカアを作る人だけが参加、1本の木から集めた50枚のラウハラを使います。

出来上がったクカアを投げて石造りの壁にぶつけ、壊れた時点で失格。最後まで残った人が優勝です。

P1100903

ラウハラをきっちりと巻くのはなかなか骨の折れる作業でした。
参加者は三人、私と優勝した人のクカアはなかなか壊れず、何度も何度も投げられるのを見て、せっかく作ったクカアが可哀相で、もう負けでいいから止めて欲しいと思っていました。結局私は二位で、作ったクカアは景品にいただきました。

イベントの最終日にサイレントオークションがあり

P1100882_2

手作りアクセサリーやラウハラ作品が出品されていました。

P1100881

私はこの帽子に入札、無事落札できました。うれし~~~い!

実は私、帽子は似合わないのであまりかぶらないのですが、この帽子は私の先生・フラリーとジョセフィーヌが一緒に編んだ特別な作品。
二人のサインが入った帽子、大切にします。

P1100955

6月のイベント用のラウハラ以外は、参加者全員でシェア。
こんなにどっさりといただきました。なめすのが大変ですが、何を編もうかと考えながらの作業を楽しみながら少しずつやっていこうと思います。

|

« Pacific Wings | トップページ | リリコイ »

コメント

kiriちゃん
いくら帽子の似合うマダムだからって、この帽子は差し上げられませんわよ~!
でも私の腕を信じて楽しみにしてて←←何年後?

YOSHIさん
またまたゴルフ@オーストラリアですか。
確か前回は暑すぎて思うようにゴルフ三昧できなかったようでしたが、
今回はちょうどいい気候なのではないでしょうか。
クラウンレスハットの注文受付は、今しばらくお待ち下さいね(*^-^)

投稿: midori | 2012年4月25日 (水) 21時38分

こんばんは!ミドリさん
クカアお見事でした。清掃活動の一環としてなんて、アメリカ人の懐の深さを見せられるようですね。日本ではちょっと無理かしら。ハワイでは空気が乾燥していて、高地だと寒かったことでしょうね。 
 無事落札された帽子とても素敵です。巻かれているレイがたまりません。
 さて、私めは5月24日から今度は世話になっている姉貴夫婦と豪州にゴルフ旅行に行くことになりましたので、クラウンレスハットお手数ですが、日本までDHLお願いします。

投稿: YOSHI | 2012年4月25日 (水) 05時06分

帽子、素敵ですねぇ。

こう言っては何ですが、
ワタクシ、とても帽子が似合うんです。
楽しみです♪(何が?)

投稿: kiri | 2012年4月25日 (水) 01時58分

mitziさん
ゴルフにハワイアンキルト、ボランティア活動とお忙しいmitziさんですが、
一緒にラウハラ編みをする日を楽しみにしています。

投稿: midori | 2012年4月24日 (火) 22時30分

れいくみさん
私の場合は英語力不足で自己流になっている部分が多々ありますが、
まぁゆっくりとやっていこうと思っています。
Ohi Lauhalaは参加していい経験ができました。
クムの皆さんが惜しみなく技を教えてくれるのも素晴らしいと思いました。
そうそう、クカアコンテストの優勝商品はラウハラの帽子でしたよ。

投稿: midori | 2012年4月24日 (火) 22時25分

素晴らしい体験をされたのすね。私もそのうち仲間にいれてもらいたいです。

投稿: mitzi | 2012年4月24日 (火) 22時22分

国立公園の中での作業、そちらに住んでいないと出来ない、
貴重な体験ですね。
私の場合、所々の作業が自己流ですので、
このような下準備からじっくり勉強したいです。
大きなラウハラの木の下の作業中の写真の中に
飛び込みたい気持ちになりました(笑)

帽子もブレスレットも可愛いですね〜
クカア投げ、初めて知りました。
もうやめて〜 って気持ち、同感です。

投稿: れいくみ | 2012年4月24日 (火) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244596/45015644

この記事へのトラックバック一覧です: Ohi Lauhala:

« Pacific Wings | トップページ | リリコイ »