« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月17日 (土)

海の町・コナ

久しぶりにコナのダウンタウンを歩いていると

P1090094

こんな雨どいを見つけました。

P1080709

カジキマグロ

P1080708

Ulua(ロウニンアジ・GT)

P1080710_2

Ahi(キハダマグロ)

ここ、フィッシュホッパーでは何度か食事をしたことがありましたが、これまで雨どいには気付きませんでした。

P1090095_2

アリイドライブの向こうに広がるカイルア湾。

P1080765

海を眺めながら食べるのは格別です。

そして近くの家の屋根には

P1060734

風見クジラ。
コナの町は海とともにあるのだなぁ・・と感じます。

さて、来週は月曜日・釣り、水曜日から日曜日まで4泊でラウハラのイベントに参加します。ホナウナウでラウハラクリーニングのボランティアと、ウィーバー達の親交を兼ねたイベントのようですが、英語だけで過ごす4泊5日、果たして私に耐えられるのか・・・?
そして日曜日に帰宅、月曜日は釣り、火曜日から日本に一時帰国と恐るべきスケジュールになっているので、ブログの更新はしばらく休ませていただきます。再開は4月中旬以降になります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月14日 (水)

サドルロードとお寿司の帽子

昨日はヒロにあるソーシャルセキュリティーオフィスまで行ってきました。

サドルロードで我が家から2時間ちょっと。オフィスが3時までなのに、朝から魚を売りにいったり銀行にいったりで、家を出るのがお昼近くになってしまいました。そこでSHIMAICHIでランチ用のお鮨を買って、車の中で食べながらの楽しいドライブでした。

北にマウナケア、南にマウナロアを望むサドルロードは大好きなドライブルートです。
緑の牧草地でのんびりと馬や牛が草を食むパーカー牧場、荒涼とした溶岩台地、独特の景観を見せるシンダーコーンなどなど変化に富んだ風景が楽しめます。

R0012953

変化に富んだといえば、お天気もくるくると目まぐるしく変わります。

サドルロード名物の霧と雨。

P1100725

急に深い霧に包まれたかと思うと、しばらく走るとまた青空に戻ります。

これまでどこかで工事中の場所があったのが、昨日はすっかりきれいな道路になっていました。

帰りのハイウェイ190号から見たフアラライは、まるで海に浮かんでいるかのようでした。

P1100745

せっかくヒロに行ったのだからと、夫はいつものようにトクナガストアで釣具の買い物。私はもうすぐ日本に帰るので、お土産を買いにビッグアイランドキャンディーズに。

美味しいお菓子のたくさんある日本と違って、ハワイ島で買うお土産は限られます。
ビッグアイランドキャンディーズは、店内のディスプレイや包装も素敵で見ているだけでも楽しい。

P1100702_2

今回のテーマは“春”、そして“イースター”のよう。

P1100707_3

P1100706_2

P1100704

春らしいパステルカラーのディスプレイの中で・・・
 ん、上の写真の右奥に鎮座ましますのは、、、

そう、去年の11月に来た時に、店内中央にど~んと飾られていた謎の貴婦人。

P1070534

何とも不思議な雰囲気を醸していますが、一番謎なのはこの帽子!

P1070535

う~ん、やっぱりナゾw(゚o゚)w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

リリコイ棚

ふと気付くと、いつの間にかリリコイのパーゴラが2階建てになっていました。

P1100198

このリリコイ、一昨年の秋にヒロのChiakiさんからいただいて食べたリリコイが美味しかったので、種を撒いたら間もなく芽が出ました。

R0014859

少し大きくなったところで植え替えて、花と収穫を楽しみにしていたのですが、場所が悪かったのか成長が遅く、昨年はとうとう花もつけず、2本のうち1本は枯れてしまいました。

が、残った1本はこのところぐんぐんと伸びて、すでに2階部分に蔓を巻きつけ始めています。

ハワイにしては成長に時間がかかったけれど、この夏は美味しいリリコイが沢山収穫できそう。大好きなリリコイジュースがたっぷり飲めます。

P1100581

長く伸びた蔓は、どこにも巻きつかないと、このようにくるくる巻いてしまいます。

P1100200いつも書きますが、ハワイ島で植物を育てるのは虫との闘い。この毛虫のおかげでリリコイの葉は穴だらけ。

少しだけなら葉をシェアしてあげたいところだけれど、あまりにも多いので可哀相でも虫退治の毎日です。

P1100325_2

幼虫がごはん(リリコイの葉)を十分に食べられるよう、一枚の葉に一個ずつ卵を産みつけてあります。いったいどんな虫の幼虫なのでしょう?
もしかして、きれいな蝶に変身したりして・・・?

蝶といえば、我が家の庭にやってくるのは、

P1000802

ミシガンでもよく見かけたオオカバマダラ。アメリカではモナーク蝶と呼ばれ、渡りをする蝶として有名です。

夏の間カナダで過ごし、越冬のためカリフォルニアや、メキシコまで移動します。エリー湖に面したカナダ最南端の岬・ポイントピーリーは越冬前のモナーク蝶の集結地として有名で、ミシガンにいた頃に一度行きたいと思っていましたが、叶いませんでした。

一年中気候のいいハワイでは、越冬地を求めて渡りをする必要もありませんね。

P1000804

グランドカバーに植えたランタナの蜜がお気に入り。

あ、リリコイの毛虫はモナーク蝶の幼虫ではないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

釣りの翌日は・・

今朝は久しぶりに夫の魚の行商につきあいました。
まずKTAに行くと、今日は担当者は10時出勤だと言われ、また出直すのも面倒なので、そのままコナフィッシュに向かいました。

コナフィッシュの大きな冷凍室の中に潜入。

P1100555

入り口脇の床には

P1100547

モンチョン(ヒレジロマンザイウオ)とワル(バラムツ)が横たわっていました。

奥の棚には100ポンドクラスのマグロたち。

P1100553

他にもオナガやマヒマヒ、カジキにサメまで所狭しと並んでいました。

無造作にバケツに捨てられている、さばいたばかりの魚のアラがあまりにも新鮮そうで、もらって帰りたいと思ったワタシ。。

P1100548_2

夫が売ったのは、

P1100554

レヒ(オオグチイシチビキ)、オパカパカ(オオヒメ)、カレカレ(ヒメダイ)。

ここは何故か来週チェックが送られてくるまで値段はわかりません(KTAはその場でわかるのですが・・)。

ラウハラのゴミ箱が出来上がりました。

P1100482

中にプラスチックのゴミ箱を入れてあるので、汚れてもお手入れ簡単。

P1100484_2

ゲストバスルーム用に使います。でも床に置くと、せっかくのラウハラ編みがあまり見えないことがわかってちょっとがっかり。誰か気付いてくれるかな~~~

水曜日のラウハラクラスでは、新しいバッグの底部分を仕上げました。

P1100569

ピコの数28の大型バッグです。

最初に作ったバッグ(ピコ10個)と比べると、、

P1100568

でかっw(゚o゚)w 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

サツマイモ経過報告

昨年9月ロスのマルカイ(日本食スーパー)で買ってきた日本のサツマイモ。
大事にしすぎて芽が出てしまい、さらに根が出て庭に植えたこと、その後花が咲いたことは以前に書きました。

20120306

植えつけた時季からして、収穫はまだしばらく先のことですが、はたしてサツマイモができているのかどうか・・・?

気になってしかたがないので、そっと少しだけ掘ってみると

P1100215

うふふ・・・ まだ小さいけど、サツマイモ発見!!!
もちろんそっと埋め戻しておきました。大きく育ってね~

こちらはラウハラの新作。

P1100318

バッグを編んだピコの手法で予備のトイレットペーパーの入れ物を作ってみました。編み目ぼこぼこですが、なかなかいい感じ~(*^-^)

そして今は、ゴミ箱を製作中。

P1100441

うまくできるかな・・・

明日はラウハラクラス。新しいバッグの続きを編みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

クジラ観察はほどほどに・・

木曜日(1日)の釣りの日、ボートの近くに2頭の鯨が現れました。

潮吹きをしては背中を見せてもぐる動作を何度か繰り返し、尾びれを見せるとたいていは深くもぐっていってしまいます。

P1100259

P1100252

P1100253_2

P1100256_4

P1100257_2

P1100262_2

尾びれの写真は沢山撮れましたが、豪快な潮吹きの写真は撮れませんでした。

そして私がクジラの写真を撮るのに夢中になっていたため、大変な事態が・・!

底釣りをしていたラインが流れてスクリューに巻き付いてしまいました。エンジンを止めて夫が取り除こうとするも、足場が悪くて苦戦。滑って2~3回足が海に落ち込んでしまいました。私がズボンのベルトをつかんで体勢を整え、1時間ほどかけてやっと巻き込んだ170メートルのラインをとることができました。

この日釣りをしていたグラウンドと呼ばれる海域はサメが多くて、この後これまで見た中で一番大きなタイガーシャークがボートの周りを泳いでいました。まさに命がけの作業。どっと疲れてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »