« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

メリーモナーク

今日は長い一日でした。といってもすでに日付は変わって30日になってしまいました。でも私にとっては29日がまだ終わっていないのです。

朝8時過ぎからボルケーノでゴルフ。残念ながらマウナロアは雲がかかって見えませんでしたが、標高が高いので涼しく、気持ちよく(涼しかったから気持ちがいいというだけで、スコアは別問題ですが)プレーできました。すいていたので11時前に終わってしまいました。B&Bに戻り、シャワーを浴びて一休みした後、ヒロに向かいました。

ランチと買い物を済ませて、メリーモナークの会場・エディスカナカオレスタジアムへ。
私のチケットは自由席なので、早めに並んで少しでもいい席に座ろうと、午後2時半頃に入り口に行くと、、、

なんと一番乗り!えっ、ここでいいのか不安になりましたが、10分ほど待っていると、ぼつぼつと人が集まり始めました。4時開場と聞いていましたが、実際には4時半過ぎだったので、2時間ちょっと並んだことになります。でも日陰で涼しかったし、折りたたみ椅子と本、おやつと水を持参して、のんびりと過ごしました。

今日は古典フラ・カヒコのコンペティション。どのハラウも力強く、迫力あるカヒコは素晴らしかったです。そして会場を包む拍手と歓声。本当に感動しました。が、朝5時半に起きた(それでもいつもよりは1時間遅い)夫は横で時々居眠り。インターミッションをはさんで約6時間もの長丁場ですから仕方ないけど、あの盛り上がった会場でよく眠れるものだと感心してしまいます。

書きたいことは山ほどありますが、すでに30日の午前3時。朝にはコナに戻って、午後の便で日本に帰国です。あ~~~早く寝なくては!

ということで、取り急ぎ写真を何枚か紹介します。どの写真も人の頭が入ってしまってあまり良くありませんが・・・

P1010914_2

P1010950

P1010997

P1020052_2

P1020115

会場の様子が少しは伝わるといいのですが・・・
詳しくは後日・・・と言いたいところですが、日本から帰った頃にはすっかり忘れてしまっていることでしょう。

一時帰国のためブログはしばらくお休みします。日本ではパソコンに縁のない生活を送りますので、メールやコメントの返事もハワイに戻ってからとなります。再開は5月15日以降の予定。また覗いていただけると幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

Hale Ohia Cottages

私は旅先でパソコンを使うことはないのですが、今夜はボルケーノのB&Bで更新しています。旅先といっても自宅から車で2時間半、いつも日帰りでドライブしている場所ですが、ボルケーノには何軒か個性のあるB&Bがあり、以前から一度ゆっくりと滞在してみたいと思っていました。

さて、今日のヒロの街はメリーモナーク一色。あちこちでアート&クラフトフェアや、フラのイベントが開催されていました。

201104283_2

私がこうしてパソコンに向かっている今も、エディスカナカオレスタジアムでは世界的なフラのコンペティションが行われています。今夜のミスアロハフラは18歳から25歳までの未婚女性のソロで、1人がカヒコ(古典フラ)とアウアナ(現代フラ)の両方を踊ります。私は、明日のフラ・カヒコを見に行きます。私はフラについて全く詳しくはありませんが、観光客向けのパフォーマンスが終わった後に練習していた上右写真のハラウはメリモの出場ハラウかな・・・?クムの手拍子だけでのフラでしたが、他のグループとは動きが違うと感じました。

私がフラを見ている間に、夫はトクナガストアー(ヒロの釣具店)に行って、ちゃっかり釣竿を買って来ました。

その後Chiakiさんのお宅におじゃますると・・・

お向かいの見事なバニアンツリーがすごいことになっていました。
思えば初めておじゃました時に、「向かいの家にある大きなバニアンツリーが目印です。」と教えていただいたのに・・・

R0012978

上が以前の、下が今日撮った写真です。

P1010807

景色が一変してしまいました。これからChiakiさんのお宅を訪ねる時には何を目当てにしたらいいのでしょうか・・・?

Chiakiさんに焙煎し立ての美味しいヒロコーヒーをいただいた後は、大急ぎでボルケーノへ。本日の宿・Hale Ohia Cottages は2時から4時の間にチェックインするようにとメールに書いてあったので。

201104282

ボルケーノの森の中にひっそりとたたずむメインハウスとコテージ。小鳥のきれいなさえずりが聞こえます。古いけれど、趣のある建物。

201104281

明日もう一泊して土曜日にコナに戻り、午後の便で日本に一時帰国します。

チェックインして部屋で一休み。ボルケーノビレッジのKiawe Kitchen で釜焼きピザを食べた後、ナショナルパークにハレマウマウ火口を見に行きました。日没前の明るいうちに到着。暗くなるにつれて赤く見えてくる溶岩は神秘的でした。

P1010833

P1010847

P1010854

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

日焼け対策

今日の釣りはいつになく早仕舞いで、港に3時半過ぎに帰ってきました。
でも時間が早いだけに日差しが強くて、後片付けの間中暑くて疲れが倍増。
せっかく早く帰れたのに、疲れ具合はいつもと同じ、ヘトヘトでした。

でもでも、今日でしばらく(3週間あまりかな)釣りはお休みです。
やった~~~!(夫は寂しそうですが・・・)

今日は港を出て南に進路をとりました。岸に沿ってトローリングすると、ボートは南東方向に向かうので、思い切り朝日を浴びることになります。ボートの屋根は小さくて、朝夕は日除けになりません。もともと色黒の私は潮風と太陽のおかげで真っ黒。しかも最近は頬にサングラスの後がくっきりとついてしまいました。

そこで今更の対応ではありますが、苦肉の策は、、、
ジャ~~~ン、本邦初公開!

P1010235

朝日が直接当たる間だけカーディガンで怪しい覆面姿。ちょっと息苦しい。
夫はいつもnote月光仮面のオバサンは~note と歌います。いったい誰のおかげで私がこんな苦労をしていると思っているのっ!?

さて、港に戻って来ると、必ず何人か釣りをしているのを見かけます。

P1000425

おっ、釣り人の頭に注目!

P1000427

これ、いいかも・・・?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

メリーモナークと一時帰国

今日はイースター・サンデー。ハワイ島・ヒロの街では今日から一週間、メリーモナークフェスティバル、28日(木曜日)からは世界最高峰といわれるフラのコンペティションが開催されます。
イースターは移動祝祭日(春分の日の後の最初の 満月の次の日曜日)なので、イースターサンデーから始まるメリーモナークフェスティバルも毎年日にちが変わります。今年はゴールデンウィークと重なり、日本からの観客が例年以上に多いはずだったのが、3月の震災の影響でキャンセルがかなり出たそうです。

さて、このメリーモナーク・フラ・コンペティションのチケットは抽選で、昨年12月に申し込み、幸運にも入手できました。コナからヒロは車で約2時間半、メリーモナーク終了は夜遅くなるそうなので、木曜日のミスアロハ・フラはあきらめて金曜日のカヒコと土曜日のアウアナだけの観戦にしました。それでも2日間コナからヒロに通うのは大変、特に帰りが深夜となるのは、早寝早起きの夫にとって拷問のようなもの。しかしメリーモナーク週間のヒロのホテルはとてもとれません。そこで、以前から滞在してみたかったボルケーノのB&Bを金・土と2泊予約しました。ボルケーノでは、以前にゲートがクローズされて行けなかったマウナロア展望台にも行きたいし、ちょうど私がゴルフを始めたので、ボルケーノゴルフクラブでプレーして、夜のハレマウマウ火口も最近また溶岩が上がってきているというし、もちろんヒロでメリーモナークのさまざまなイベントにも参加したいし、と計画は盛り沢山。

で、いよいよ待ちに待ったメリーモナークなのですが、、、

実は私達、30日(土)に日本に一時帰国します。
毎年4月頃に健康診断や歯科検診を兼ねて日本に帰って、東京の自宅と徳島の実家に滞在しているのですが、今年は釧路にいる姪を訪ねるため、まだ北海道が寒い4月を避け、5月始め頃に帰国しようと思っていました。また5月22日には日本からのお客様なので、それまでにはハワイに戻っていなければならず、メリーモナークが終わったらすぐに帰国するつもりでした。
ところが、いざ予約しようとすると、4月30日なら5月1日以降に比べて航空券が半額だったのです。二人で2000ドル以上の違いは大きい!そこで、止むを得ず30日のメリーモナークはあきらめることにしました。ボルケーノのB&Bは2泊以上の宿泊が条件なので、木、金と泊るように変更してもらい、29日の夜メリーモナークが終わったらB&Bで泊り、翌朝コナに戻り、午後の便で日本に発つというあわただしいスケジュールになってしまいました。

しかも、まだオチがあって、姪に会うために計画した北海道行きですが、羽田―釧路の航空券の手配も完了して楽しみにしていたところ、何と姪の旦那様に転勤の辞令が出て4月28日に引越し・・・・!
もっとも転勤先は徳島なので、結局実家で会えることになりました。そして、“姪に会いに行く”という当初の目的は無くなってしまいましたが、せっかく釧路便を予約したし、私はまだ北海道に行ったことがないので道東の温泉巡りをすることに。そんなわけで今回は東京~徳島~東京~北海道~東京と移動が多くなりました。

さあ、帰国準備もしなければいけないけれど、明日(月)は釣り、火・水はボートのエンジン点検(これがまた一仕事!)、木・金はボルケーノ&ヒロ・・・大丈夫か、グズな私!まぁ何とかなるかな・・・

と、こんな話題で写真がないので、ラナイから撮ったサンセットです。

P1010675

P1010677

今日もグリーンフラッシュは見えませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

孔雀のディスプレイ

今日の朝食は、昨夜Chiakiさんが届けて下さったフランスパン。

P1010687

ご主人が粉からこだわって、製法の研究を重ねて(オーバーではなく、科学者であるご主人は研究はお手のものです)焼き上げたパンは、パリッと香ばしいクラスト、気泡もしっかりできて本格的。美味しくてぺろりと食べてしまいました。ごちそうさまでした。

さて、ゴルフ初心者の私は練習あるのみ(何事にもあまり熱心ではなく、しかも飽きやすいのでいつまで続くか・・?)。
マカレイゴルフクラブは午後になると雨が降ることが多いので、最近はなるべく午前中に練習に出かけます。今日も10時過ぎに家を出て途中ちょっと寄り道、到着したのは11時前くらいだったかと思います。さすがに土曜日、駐車場は混んでいました。

クラブハウスに行くと・・・「今日は忙しいので練習用ボールはありません。」
えっ!ゴルフ場でボールがないなんて、日本では考えられないと夫は言いますが、マカレイでは時々こんなことがあります。せっかく二人で年間練習し放題(ボールは一人2バッグまで)の300ドルを払ってあるのに、ボールがなくて練習できないなんて、、、とっても損した気分です。

でもせっかく来たのだからと、急遽練習がてらプレーすることになりました。カマアイナ料金で一人25ドル。1時半以降なら二人で35ドルでできますが、夕方になると雨になる確率が高くなるのですぐに始めることに。

今日もゴルフは散々でしたが、孔雀は美しく羽を広げていました。

P1010225

華麗なディスプレイでメスにアピール。

P1010223

見て見て~!

P1010221

ほら、見て~~~!

P1010216

なぜかいつも綺麗な正面姿だけでなく、ステップを踏んでいるようにぐるぐる回って後姿もメスにアピールしています。が、メスはオスの涙ぐましい努力につれなく知らん振り。

P1010233

こんなに美しいのにね・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

ギースの話

久しぶりに我が家のパパイヤを1個収穫しました。

P1010646

私の好きなストロベリーパパイヤではなく、味はイマイチなのですが、大きさは何処で売っているパパイヤにも負けません。とはいえ、やっぱり大きさよりも味の良さが大切。ということで、美味しいパパイヤを食べたら種を撒いていますが、なかなか芽が出ません。ハワイではそこらに捨てた種が育って美味しい果物が収穫できるとよく聞くのですが・・・

さて、ミシガンのグースの話。ネネ(ハワイアングース)よりも体が大きく、首が長くて黒いカナディアングースです。

ハワイで誰からも愛されているネネとは違い、公園でも住宅街でも、道端にさえ、とにかくどこにでもいて時々交通渋滞を引き起こしたりする、しかも意外と凶暴な、ちょっとやっかいもの扱いでした。

我が家の裏には池があり、春になると鴨やギース(Gooseの複数形はGeese)が子育てをしていました。

P1060552

最初に見かけた時には5羽のヒナがいましたが、狐などの野生動物の被害にあったのか、日が経つにつれ次第に数が減り、とうとう1羽だけになってしまいました。

P1070007

我が家はウッドデッキでバードフィーディングをしていたため、おこぼれを狙って鴨やギースもやって来るようになり、特にリスのえさ用のコーンが大好物。
そこで子育て中のギースのために、毎日夫がコーンを撒いてやるようになりました。

すると、そのうちにウッドデッキに出た夫の姿を見つけると、池の向こうにいるギースの親子が走ってやって来るようになりました。

P1070475

お父さんは羽を広げて、文字通り「飛んで来る」って感じです。

ヒナは見る見る大きくなり、親と同じ大きさになりましたが、それでもお父さんとお母さんに甘えています。

P1070479

コーンを食べる時、必ずお父さんは見張り役で、まずはお母さんと子供が食べます。いい加減食べたところで、お母さんとお父さんが見張りを交代。子供はずっと食べています。

我が家の裏庭で子育てをしていたこの家族を、ペットのように可愛がっていたのですが、いつからか他のグループもやって来るようになりました。しかも団体で!おまけに、“みんなで仲良く”とはいかず、勢力争いをするので、多勢に無勢、親子3羽はいつも追い立てられてしまいます。
それに、これだけの数になると、ご近所迷惑にもなるのでエサやリは止めました。

P1070593

野生生物にエサをやることは問題もありますが(特にナショナルパークでは厳しく禁止されています)、住宅街ではフィーディングを楽しむ人が多く、スーパーやホームセンターのような店に行くと、様々なフィーダーや、動物や鳥の種類に合わせたエサが沢山売られています。

私を一番楽しませてくれたのはリスとチップモンク。でもこの話も写真が多くなるのでまた次の機会に。毎回写真が多過ぎ!!!あれもこれもと欲張りすぎですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

BIG ISLAND COUNTRY CLUB

今週は夫の定例週末ゴルフがお休みなので、私が付き合ってあげる(連れて行ってもらう?)ことになりました。
夫は先日新しいドライバーと3番ウッドを買ったので楽しみな試し打ち。
さてさて、めでたくスコアーアップとあいなりますか・・・?

ということで、私にとっては初めてのビッグアイランドカントリークラブに行ってきました。我が家からは車で30分ほど、標高が高いので比較的涼しいコースです。

P1010574

ゲートを入るとジャカランダの花のじゅうたんが出迎えてくれました。その向こうに見えているのはアイランドグリーンの17番ホール。なんとも手強い!!

P1010576

全体的に池が多く、難しいコース(といっても私にとってはどこも全てが難しい)ですが、マウナケアと海を望む素晴らしい景色が広がります。

P1010577

ドライビングレンジから見る18番ホール方面。写真ではわかりませんが、彼方にはコハラコーストを望む、本当に美しい景色です。

P1010598

途中、子連れのターキーに会いました。このゴルフ場も鳥がとても多いので、鳥嫌いのMcさんはプレーするのにかなりの覚悟が必要です。

マカレイゴルフクラブのシンボルは孔雀ですが、ここビッグアイランドカントリークラブではハワイの州鳥・ネネ。ロゴマークにも使われています。

P1010589

ほら、いましたいました、ネネのファミリー。

ミシガンの友人は、「なんだ、ギースじゃないの~」って言うでしょうね。
英名・Hawaiian goose、和名・ハワイガン。ハワイ固有種で、ミシガンで見かけるギースより首が短く、ひと回り小さな身体です。水掻きは半分ぐらい退化(岩稜地帯に生息するようになったため)しているそうです。

P1010584

人が近くにいても平気でせっせと食事中のネネ。固体識別用の足環が付いています。
狩猟による乱獲や環境の変化、人間と共に島に入った家畜やネズミ(そのネズミ駆除のために持ち込まれたマングースも大敵!)等による食害により、一時期激減したネネは絶滅危惧種にリストされており、大切に保護されています。

ミシガン時代のギースの話も書きたいのですが、写真が多くなるので次回に!

さて、ゴルフは・・・?
まぁスコアはともかく(白状すると117でした。これまでのベストは111、だいたい120前後かな)、素晴らしい景色を堪能しました。

そしてうれしいことに、夫の新しいドライバーは私に下げ渡されることになりました。
最初は古いドライバーをお下がりにもらうことになっていたのですが、どうも新しいドライバーよりも、これまで使っていた方が慣れていて調子がいいそうなのです。で、私が打ってみると使いやすい感じなのです(もちろんそれで上手になったわけではありませんが)。
初心者用の安いハーフセットの私のゴルフバッグにピカピカのドライバーが・・・

ラッキーsign01
もう「返せ。」って言っても返さないからね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

虹とライセンスプレート

夕方港から帰る途中、虹を見ました。

P1010561

車の中から撮ったので色があまりきれいではありませんが、見事な虹でした。

雨の多いハワイ島ではよく虹に出会います。特にワイメアやヒロでは大きな美しい虹をよく見ます。

ハワイ島だけでなく、ハワイ州のどの島でも虹が出ることは多いようで・・・
そう、ハワイ州のライセンスプレートは白地に虹模様です。

これは初めてのハワイ島旅行(2004年)の際に使ったレンタカーのプレート。

Dsc00005_2

ハワイ島で登録されたものはアルファベットの「H」から始まっています。
この虹のデザインは1991年から使用されていますが、それ以前は年代によってシンプルな無地(色は緑や黄色、青などさまざま)に数字だけのものや、 “Warrior Head” と呼ばれる戦士、カメハメハ大王のデザインなども使われていたそうです。

アメリカでは州によってナンバープレートのデザインが違うので、メインランドのナショナルパークなど有名観光地に行くと、さまざまな州のナンバープレートを見るのが楽しみでした。ハワイ島では他州のプレートを見かけることはほとんどありません。

これまでに旅行で借りたレンタカーのプレートです。

201104142

それぞれ州の特徴を表した素敵なプレートです。
ハワイでは現在虹のデザインのみ使用されているようですが(それ以外は見かけたことがないので)、いくつものデザインを持っている州もあります。

ちなみに私がミシガンで乗っていた車は白地にブルーの文字という、いたってシンプルなものでした。希望すればライトハウスや、湖のサンセット風景など素敵なデザインが何種類もありましたが、追加料金が必要だったもので。。
どこの州でも基本的にはアルファベットと数字の組み合わせですが、家族やペットの名前、好きな言葉、記念の数字などを使うこともできるので、遊び心いっぱいのプレートも見かけます。もちろんすでに登録されている場合は不可です。

また、使用済みプレートはインテリアとしても人気があり、ハワイ島でもアンティークショップなどで売っていることがあります。お部屋に飾るとハワイ気分!??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

春は子育ての季節

日本からは桜の便りが届いています。四季折々に美しい日本の自然。
今も辛い避難生活を送る方々が、巡って来た桜の季節に少しでも心癒されますように。

一年中美しいトロピカルフラワーが咲き、美味しいフルーツが実るハワイ島では身近な自然の変化に季節を感じることは少ないです。でも植物によってはその時季だけ花が咲いたり、収穫できる果物もあります。
最近は鳥や動物の赤ちゃんをよく見かけることで春を感じています。

P1010208

昨日マカレイにいたウズラの親子。お母さんの表情が優しいです。

こちらはミシガンにいた頃に撮った親子鴨の写真。

P1030634

お母さんが方向を変える度に、12羽の赤ちゃん鴨が一生懸命に後をついていくのが微笑ましかったです。

P1030635

P1030641

P1030636

長くて寒さ厳しい冬を越えてやっと巡り来るミシガンの春ですが、あっという間に過ぎ去ってしまう短い季節です。毎年4月後半でも雪が散らつくことがあります。5月に入ると一斉に花々が咲いて、白とグレーの景色が色鮮やかに変身します。が、すぐに暑くなって夏になってしまう感じでした。
ミシガンに住んでいた頃、私に春を告げてくれたのはレンギョウの花。4月初旬~中旬頃、公園や家々の庭を彩る黄色いレンギョウを見ると、あぁ、やっと春がやって来たと感じたものでした。グラウンドホッグのフィルの占いでは、今年は春が早いとの予想でしたが、さて、当たっていたでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

マングース & JABOTICABA

マカレイでは今日も華麗に羽を広げる孔雀の姿。

P1010502

そしてこちらから孔雀を見つめる小さな動物。大きさからしてネズミかしら・・と話していましたが、近くに寄ってみるとマングースの赤ちゃんでした。

P1010505

ハワイ島ではマングースはよく見かけますが、これまで可愛いと思ったことは一度もありません。でもさすがに赤ちゃんマングースは可愛い。親とはぐれたのか、それともすでに親離れしたのか、近くに親の姿はありませんでしたが、一生懸命に食べ物を探しているようでした。たくましいですね。

もともとはネズミ駆除のために人間の手によってハワイ島に持ち込まれたマングースですが、昼間活動するマングースに対して、ネズミは夜行性。あまり効果はなく、それどころかハワイ固有の鳥や動物の生態系が脅かされ、問題となっています。

ところで昨日、山の中にある山ちゃんのお宅を訪ねると・・

P1010493

連日の雨で道路は冠水状態。ここはコナですか?と聞きたくなるようなうっそうと繁った木々を抜けて行くと、素敵なログハウスが現れます。

Img_5032

    <この写真は建築中にお邪魔した時に撮りました>

「JABOTICABA(ジャボチカバ)があるからとって帰って。」とのお言葉に甘えて、広いジャングルを踏み分けて敷地を歩いてジャボチカバの木に辿り着きました。

P1010489

ジャボチカバはブラジル南部原産の、見かけは巨峰によく似た実で、時々ファーマーズマーケットで売っているのを見かけます。

P1010495

味はブドウと似ているような、違うような、ちょっと微妙ですが、ジューシーで甘みがあって、冷やして食べると美味しいです。

この木、ちょっと変っています。

P1010488

このように樹木の幹に直接果実がくっついています。

P1010490

もちろん花も幹に直接咲いています。

「パパイヤも熟れてるから持ってってね。」といつも気配り満点の奥様のMちゃん。
でもフルーツピッカーが見あたらない。「私が木を揺するから下で受け取って。」と言うので、夫は下で待ち構えていましたが・・・

ゆさゆさ、ぼとぼと、ゆさゆさゆさ、ばきっ!!!

えっ、大きなパパイヤの木が根元から折れてしまいましたが・・・
Mちゃん、どんだけ力を入れてたの??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

久々のONO

このところ毎日のように夕方から夜にかけて雨が降り、かなり激しく降る日もあります。水曜日の夕方は雷をともなう荒れたお天気でした。そして昨日(木曜日)釣りで海に出ると、マウナロアは雪景色でした。先週は雪がなかったので、昨日の荒天で積もったのでしょうか。

P1010439

最近はクジラとの遭遇率が少なくなり、もうみんなアラスカに帰ってしまったのだろうと寂しい思いでいましたが、昨日は2回会えました。

P1010443

トローリング中だったので、遠くで小さく見えただけですが、クジラに会えるととても幸せな気分になります。

さて、C-Buoyの周りで釣りをしていると、見覚えのある黄色いボートがやって来ました。

P1010454

ボートの先端にいるのは、私の大好きなワンコ。3月26日の記事で紹介したワンちゃんです。港ではよく見かけるのですが、海の上で会うのは2回目。

P1010457

このボートはダイビング中心なのですが、昨日はダイビング機材は少なくて、トローリングをしていました。

さて、肝心の釣りですが、、、
C-Buoy周りにはボートが15隻も集まっていて、見ていると小型のマグロやカツオが釣れていました。ジギングを始めた夫にも何度かマグロが掛かったのですが、残念なことに全てばらしてしまいました。しかも1回は船べりの手が届く所まで来ていたのに、私のミスで逃がしてしまい、すっかり落ち込んでしまいました。あ~あ・・・これまでに釣った小さなマグロではなく、結構な大きさだったので、尚更がっかり。気落ちしている私のために、夫は疲れた身体に鞭打って一生懸命ジギングを続けてくれましたが、途中から全く釣れなくなってしまいました。
C-Buoyから港まではトローリングで2時間半程かかるので、無念の思いを残したまま、2時過ぎに撤収。帰途のトローリングでもカツオさえ釣れず、ますますがっかりしているところに、港のすぐ手前のKaiwi Pointでオノが釣れました。

ジャジャ~ン!

P1010469

マグロは残念だったけど、まぁ“終わりよければ全て良し”ということで・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

椰子の木のある風景

青空に向かってまっすぐに伸びる椰子の木。

P1020557

いかにも南国らしい風景です。

ところが、こんなひねくれ者を見つけました。

P1010362

角度を変えて見ても・・

P1010365

やっぱりグネグネと曲がっています。

コナカントリークラブ・オーシャンコース14番ホールのティーグラウンドに生えている椰子の木です。周りの椰子の木はみんなまっすぐなのに、いったいなぜこんな姿になったのか不思議。

私の大好きなモルディブのビーチでは、椰子の木がよく海に向かって斜めに伸びて、とても絵になる風景です。

201104031

時にはハンモックやブランコが掛けられています。

Dsc00005

でもこれらの椰子の木は海の方向に傾いて生えてはいるけれど、ぐねぐねと曲がっているわけではありません。

空に向かって高く伸びる椰子の木は、その先端にある葉に風を受けて負荷がかかり、折れたり倒れやすいため、風上に向かって伸びる習性があるのだそうです。そして海辺では、海風が陸に向って吹いてくるために、風上、つまり海に向って伸びていくのです。

しかし、コナカン14番ホールの椰子の木は、海辺に生えているわけではないし、この曲がり具合、只者ではないと思われますが・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

オナガカエデチョウ

またまたガレージに小鳥が迷い込んで来ました。

P1010403

オナガカエデチョウ(Common Waxbill) です。
いつも玄関横にある小さな噴水をバードバスにして、集団で遊びに来ます。
おかげで、噴水の両側にある観音竹(竹とつきますが、椰子の仲間です)は糞だらけになるのですが、この可愛い姿を見ると追い払う気にはなれません。

P1010402

ガレージの奥にある窓でバタバタ羽ばたきしているけど、そこからは出られないよ。

P1010408

仕方がないので私がそっとつかまえて外に放してやりました。

P1010412

一瞬私の手の上にいましたが、元気に仲間の元に飛んで行きました。

アフリカ原産で、嘴から目の後ろまでの赤い帯が特徴的です。「仮面の忍者赤影」を思い出すのは私だけ?写真ではわかりませんが、おなかの部分にもほんのりと紅色の羽毛があります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »