« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

大波到来

今日は釣りの日。

でもボートで港を出ようとすると、この高い波。

P1010394

勇気ある撤退で、今日の釣りは中止となりました。やったー!

港内を移動しただけとはいえ、ボートのエンジンを洗ったりの後片付けは多少ありますが、エサやコマセ(撒き餌)の汚れがないのでいつもよりず~っと短時間で終わりました。

P1010386

その高い波の上でパドルボードをしている人がいました。

P1010389

いくらいい波が来るからって、こんな港のボートが出入りする場所では危険です。
しかも両側は岩場で、見ている私がハラハラしました。くれぐれもご注意を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月29日 (火)

クーラーバッグ

釣り用のクーラーボックスの長さは約86センチ(内側で)です。

先週(3/21)釣った25ポンドのカツオがいっぱいいっぱいでした。

P1010194

もし大きなマグロが釣れたらどうする???

ということで、心配性&用意周到な夫は、まだボートで釣りにいけない内から大きなクーラーバッグを買ってありました。180センチの魚までO.K.です。

P1120410

ごらんの通り、いざとなれば寝袋として活躍する優れもの(←ウソです!)
初めて使うのはマグロを釣った時だと大切にしまってありました。

以前クーラーに入りきらない大きなオノ(カマスサワラ)が釣れた時には頭と尾びれを落として持ち帰ったくらい、大事にしまいこんであったのですが、昨日はマグロではありませんが、ついにクーラーバッグの初使用となりました。

釣れたのはShortbill spearfish(フウライカジキ)

P1010301

いつもトローリングは「釣れないから面白くない。」と公言している夫ですが、一気にトローリング好きになったようです。

P1010281

カジキがあがった時、そばで小さな魚がぴちぴちとはねていたのでよく見ると・・・

P1010283

可愛いコバンザメでした。頭部にちゃんと小判状の吸盤がついています。この吸盤は背びれが変化したものだそうで、カジキやサメ、エイ、ウミガメ(宿主)などの体について生活しています。自分では泳がずに移動でき、宿主についた寄生虫や残した餌などを食べ、その上、大きな宿主のおかげで敵も近寄らないという美味しい生活です。元気に海に帰って行きました。またいい宿主を見つけられますように。

さて、今日KTAに買い物に行くと、日本人有志の方々が東北関東大震災の義援金の募金活動をしていました。子供達も参加していて、折り紙をいただきました。

P1010333

星の折り紙。“希望の星”ですね。
「ご協力ありがとうございます。」の言葉に、こちらこそありがとうと心から言いました。

遠い海外に住んでいればこそわかる日本の素晴らしさがあります。以前住んでいたミシガンでも同じような活動があったと聞きました。世界中で、こうして大切な日本のためにと活動する人々が大勢います(もちろん日本人だけではありません)。一日も早い復興を願って・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

フリーマーケット@HONOKOHAU MARINA

港の入り口に「SWAP MEET」の看板が出ていました。

201103261

場所はマリーナの一角にある、時々パーティーなどをしている集会所。

P1010256

SWAP MEETという名前から考えると、釣道具などの「交換会」?と思いきや、要するにフリーマーケットという雰囲気でした。

P1010266

釣具や食べ物、アート、手作りの品などさまざまなブースが並んでいます。

P1010264

夫が物色していたルアー。欲しい大きさのルアーはなかったそうで、購入せず。

P1010260

カジキの吻の置物。300ドルでした。

港でよく会うワンちゃん。ダイビングボートに乗っているのを見かけることもあります。

P1010258

小さな頃は黒白の毛だったのが、大きくなって少し茶色が出てきました。
ボーダーコリーとラブあたりのミックス犬だと思いますが、とても利口で可愛いのです。

ところが今日は、この後飼い主さんに大目玉をくらいました。その理由は、、、

P1010267

このマッサージ屋さんの看板をご覧いただけばわかるかな・・?
そうです、右下の水溜りはこのワンちゃんの・・・・!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

外耳道炎

先週の木曜日くらいから右耳に痛みを感じるようになりました。
以前にも同じような症状になったことがあり、2~3日すれば治るだろうと思っていたのですが、今回は痛みがひどくて、耳がふさがってしまいました(実際にはふさがった感じがしたということだろうと思います)。日曜日には痛みは少しましになりましたが、水のような膿のような液体が少し出て来ました。

耳が痛い時の原因といえば、外耳道炎か急性中耳炎が多いらしいですが、比較的外側に痛みがあるので、中耳炎ではなさそう。
外耳道炎を調べてみると、

「耳の入り口に近い外耳道に炎症が起きる疾患で、ひっかき傷に細菌が感染したり、水が耳に入ることなどによって起こります。耳の入り口付近にかゆみや痛みが生じ、腫れによる異物感や詰まった感じとともに、耳鳴りや水のような耳だれがみられることもあります。」

私の症状そのものでした。
病院に行くほどでもないな・・と思っていたら、上記のように耳から液体が出てきたため、夫が中にたまると心配だから念のために行けとうるさく親切に言ってくれて、先日自分が釣り針事件でお世話になったHualalai Urgent Careで耳鼻科も診てくれるようだと調べてくれました。

ということで、昨日行ってきました。
お医者様によると、外耳道炎は耳掃除のしすぎでなることが多いのだそうです。

実はワタクシ、毎日耳掃除をします。
耳垢のタイプには乾性と湿性の2種類ありますが、私は湿性タイプで、毎日掃除をしないと気持ち悪い感じがするのです。

しかし、外耳道の皮膚は薄くて傷つきやすいので、綿棒や耳掻きを使って頻繁に掃除しずぎると、耳の皮膚が傷ついて炎症を起こすそうです。しかも、耳垢には外耳道の保護や自浄作用、殺菌作用があり、耳垢を除去することでこの機能を阻害してしまうことになります。

日本人では84%程が乾燥耳垢で、私のような湿性耳垢は16%しかいない少数派ですが、耳垢の乾性・湿性の割合は人種によって大きく差があり、白人は90%以上が湿性で、人類全体を見てみると、多数派を占めるのは湿性耳垢の方だそうです。英語で耳垢の事をEarwax というのは湿性だから・・・?

病院では温水で耳の中を洗浄し、点耳薬を処方してくれました。
これからは耳かきは控えめに、優しくするよう気をつけます。

さて、今日は夕食後散歩に出ました。
右足に足底筋膜炎の痛みがまだ残っているので30分程のウォーキングでしたが、この美しい夕景。港に向かうのはサンセットクルーズのボートでしょうか。

P1010195

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

明け方の月

早寝早起き(毎朝4時頃に起床)の夫に対して夜更かし・朝寝坊の私。

今朝は私にしては珍しく早く目が覚めました。

P1010154

静かな時間。ラナイで月が海に沈んで行くのを眺めました。

昨日(19日)は月が地球に大接近するスーパームーン(Supermoon)の日。月は地球の周りを楕円軌道で公転しているので距離は一定ではなく、近付いたり遠くなったりします。今回は1992年以来の最短距離となり、しかも昨夜は満月。スーパーフルムーンです。NASAによると、月と地球が最も遠くなった時に比べて、昨夜の月は14%大きく、30%明るく見えたそうです。

昨日早起きすればよかった・・・
でもスーパームーンでなくても、心洗われるような美しい月でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

チャリティコンサート

先日ホノルルに行ってきました。

ホノルルフェスティバル最終日の13日(日)夜、ワイキキビーチで長岡の花火大会がある予定でしたが、東北関東大震災のため花火は中止となりました。が、事前に航空券とホテルを手配してあったので、ホノルルには出かけることにしました。

13日の午後ホノルル空港からワイキキに向かうと、車の大渋滞に巻き込まれてしまいました。原因はホノルルフェスティバルのパレード。

普段20分で着くところ、2時間くらいかかってやっとのことでホテルに到着。モアナサーフライダーだったので、カラカウア通りのパレードは目の前でした。

P1010018

P1010039

長岡花火は中止でしたが、パレードの後、ジェイク・シマブクロさんの呼びかけで急遽東北関東大震災への義援金を募るチャリティコンサートが開催されました。

P1010041

ワイキキ・ビーチウォークで行われた「頑張れニッポン・被災地復興支援チャリティコンサート」
出演ミュージシャンは、平井大さん、マノアDNA、ジェイク・シマブクロさん。会場脇には募金箱が設置されていました。

このコンサートはジェイク・シマブクロさんが、「今、日本の人達のために何かできることはないか。」と立ち上がり、開催されたものです。

201103161

演奏前の温かく力強いメッセージには半分くらいしか理解できなかった私でも感動しました。日系人であるジェイクさんの家族の故郷は福島県、マネージャーさんは仙台の出身、宮城や福島は、何度もコンサートで訪れ、多くの人々と出会ったこと。その場所が悲惨な状況になっていることに心を痛めているジェイクさんの気持ちが会場全体に伝わり、日本にこの思いを届けようと、みんなの心がひとつになった素敵なコンサートでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

長い夜

昨夜からずっと報じられている東北地方太平洋沖地震と、それに伴う津波による被害の大きさに心を痛めています。

日本にいる家族・親戚に連絡をとるにも、自宅のある東京や、姪がいる釧路は回線が混みあって電話が繋がらない状態でした。徳島の実家は海のすぐそばにあり(家から海まで歩いて1分)、大津波警報が出ていましたが、こちらは幸い電話が通じて姪達のことも含めて無事が確認できました。
その後東京にいる長男から水槽の水が半分こぼれた以外被害はなかったとメールが届きました。東京の自宅はは28階建てタワーマンションの14階にあるのでかなり揺れたようです。高層ビル特有の柔構造でかなり建物がしなり、わかっていても恐怖を感じたそうです。

P1030122

見た目は悪くなりますが、チャイナキャビネットやタンスには地震に備えて突っ張り棒を取り付けてあります。どの程度有効なのか、万全の対策とはいえないでしょうが、できることをしておくことしかありません。想定外の地震がきた場合はマンションそのものがどうなるのか・・・人間が造ったものは自然にはかなわないのでしょうか。

ところで、昨日は初めて病院に行きました。
釣りをしていた夫の足に、ボートが揺れた拍子に釣り針が刺さってしまったのです。

P1000952

ちょっと見はたいしたことなさそうで、釣り針が刺さったくらいなら自分で抜けばいいと簡単にいけばいいのですが・・・

P1000956

実はこの釣り針(ネムリバリ)はかかった魚がはずれないように先に戻りがついていて、ひっぱって抜こうとしても肉がえぐれて取れないようになっているのです。

P1000964

実際に夫の足に刺さっていた釣り針です。病院で麻酔をかけて切開して取り出しました。
皮製の釣り用の靴を突き抜けて足に食い込んだのですから、どうやってそんなことになったのだろうと不思議です。靴は釣り針の周りを切って脱ぎましたが、それ以上はボートの上ではできません。まだお昼でしたが、釣りは早々に撤収。

コナで病院にかかったことがなかったので、どこに行ったらすぐに切開手術をしてもらえるのかわからず、最初は家で自分で切ると言って、ロングスドラッグに包帯や化膿止めの薬を買いに行きました(ボート仲間は結構な怪我でも自分で手当てしています)。が、薬剤師さんが自分で切るのは止めなさいと、我が家からすぐ近くにある救急病院を教えてくれました。

Hualalai Urgent Care

P1000961

ハイウェイ11をコナダウンタウンから南に向かい、Sea View Cr.の信号を過ぎてすぐ、Sunset Dr.の手前山側にあります。
時間は月~金曜日:8:00am~5:00pm、土曜日:9:00am~5:00pmです。

以前にも甥と一緒に行ったモルジブでもっと大きな釣り針が親指に刺さって大変な思いをしたことがありました。「二度あることは三度ある」くれぐれも気をつけて下さい、夫。

釣り針事件で大変な目に会ったと思っていた私達ですが、その夜テレビに映し出された地震と津波被害のあまりに悲惨な状況に、このくらいの傷ですんだことは幸いだったと思いました。

ハワイにも津波が到達するとのことで、港のボートを高台に避難させておくことになり、夜の9時半頃に港に行きました。ちょうどその頃から津波警報のサイレンが鳴り始め、繰り返し鳴り響いていました。帰宅したのは夜中の12時半頃でしたが、テレビのニュース映像から目が離せず、眠れない夜を過ごしました。

コナにも津波は到達しましたが、大きな被害はなかったようです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

Mulligan

久しぶりで週末定例のゴルフに参加しました。これで2回目、3週間ぶりの参加です。

今日はコハラコーストとコハラマウンテンを見晴らすハプナゴルフコース。
いつも手配を引き受けて下さるOsさんのご配慮で、初心者の私のためになるべく広々としたコースを選んでいただいたのだと思います。でもこれからはマカレイでもどこでも大丈夫ですよ(多分・・・?)。

アーノルド・パーマ-設計のチャンピオンシップ・ゴルフコースは南にはフアラライとコハラコースト。

P1000877

北にはコハラマウンテンを望む雄大な風景です。

P1000878

今朝はハプナに向かう車窓から、ハレアカラ(マウイ島)、マウナケア、マウナロアがくっきりと見えていました。

さて、ゴルフをしていると、鳥が2羽のこのこと近付いて来ました。

P1000884

おや、前を歩くあなたは「バリケン」さんではありませんか。

P1000890

一緒にいるのは普通のアヒルですが、つがいなのでしょうか・・・

ここでは野生の山羊を多く見かけます。

P1000895

何組か集団がいましたが、子山羊が可愛いかったです。常夏のハワイといえど、春は子育ての季節なのでしょうか。

P1000898

ワイルドピッグの子供もいました。

きれいな景色を眺め、可愛い動物の写真を撮って楽しい一日でした。

あ、もちろんゴルフもきちんとやりました。今日はこの前よりもパットが良くなって、パーを二つとりました。でも小刻みに沢山打つ(得意)ホールがあるので9打、10打とよく稼いで119でした。これは私にしては上出来!

まだルールもよくわかっていない私ですが、すっかりお馴染みになったのが「Mulligan」。アメリカにはスタートの第1打を失敗したときにペナルティなしで打ち直しできるというありがたいルール(正式なルールではないそうですが友達同士ではよく適用します。)があります。今日もいきなり第一ホールのティーショットを草むらに打ち込んでマリガンの恩恵に与りました。2打目以降ならペナルティなのだから、失敗するなら第一ホールのティーショットに限る!!?

マリガンは人名から名づけられたそうですが、アイゼンハワー元大統領が好んで使用したため、アイゼンハワー・ルールともいわれます。
また、ビル・クリントン元大統領は全てのショットでマリガンを連発、100以上叩いてもスコアは79なんてこともあって、「ビルガン・ルール」と呼ばれたそうです。

う~~ん、ゴルフは“紳士のスポーツ”なのではないのですか?
本来は、緊張する最初のティーショットをリラックスして打てるようにという趣旨らしいですが、これでは他のプレーヤーに迷惑をかけてしまいますよね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

Striped marlin

最近コナ沖ではカジキ(マーリン)が釣れているようで、港の計量ドックで吊るされているブルーマーリンを何度か目にしました。

マーリンの旗を掲げて帰って来るボートも多く、このボートは3匹ものマーリンを釣り揚げたようです。

P1000671

ひと口にカジキといっても、Blue marlin(クロカワカジキ)、Black marlin(シロカジキ)、Striped marlin(マカジキ)、Sail fish(バショウカジキ)、Sword fish(メカジキ)、Shortbill spearfish(フウライカジキ)などの種類があります。

昨日は知り合いのキャプテンがストライプトマーリンをさばいていたので写真を撮らせてもらいました。

P1000851

まだ子供なのでかなり小さめです。名前の由来は背中の縞模様だそうですが、、

P1000854

でもブルーマーリンにも同じような縞模様はありまして・・・
背びれの形や吻(Bill)の長さが違うそうですが、私には区別がつきません。

P1000855

桟橋で小さなナイフ1本でささっと手早くさばき、私達にも切り身を分けてくれました。

いい人だ~!

P1000856

今夜はマカジキの刺身と照り焼きにしました。刺身は美味しかったのですが、照り焼きはちょっとパサパサしてしまいました。調理法が悪かったか?日本ではマカジキが一番高級だそうです。
さて、明日は何にしようかな・・・?(でもたまにはお肉が食べたいっ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 2日 (水)

タロイモパンケーキ

ハワイの伝統料理といえばタロイモを使った「ポイ」が有名ですが、ルアウショーなどで並んでいる「ポイ」はどうも苦手意識があって実は食べたことがありません(食わず嫌い)。ハワイアンの主食であったポイはとても身体にいいそうですが・・・

先日M子さんからいただいたこの「TARO PANCAKE MIX」は卵も牛乳も不要、水で溶くだけで美味しいタロ芋パンケーキの出来上がり!という優れもの。簡単・便利で素朴な美味しさ、甘さも控えめで日本人の口に合います。

P1000816

普段パンケーキにはミシガン産メープルシロップを使うのですが、今朝はハワイオリジナル・タロイモパンケーキなので、シロップにもハワイ特産のものを・・・と、コナコーヒーの花からとったハチミツとリリコイジャムをつけてみました。

タロイモの栄養成分は、炭水化物(糖質)やたんぱく質、カリウムが主体ですが、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、食物繊維なども含まれています。また、タロイモに含まれるぬめりの原因であるムチンは、ガラクタンという多糖類とたんぱく質が結合したもので、胃壁を保護したり、傷ついた粘膜を修復する働きがあるそうです。

スーパーマーケットに行くと、タロイモ、ポイはもちろん、タロイチップス、タロアンパンなどさまざまなタロ食品が並んでいます。里芋の仲間なのだから、次はタロイモレシピに挑戦してみるかな・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

パイナップル

我が家のパイナップルのその後。

201103011

左は2月14日、右は2月20日に撮った写真です。
パイナップルの花は下部から上へと順に咲いていきます。

今日見たら、花はすっかり終わっていました。

P1000797

まだ小さいけれど、パイナップルの実らしくなりました。これは玄関側に植えてあるパイナップルで、十分なスペースがありますが・・・

一昨年、去年と、美味しいホワイトパイナップルを食べる度に冠芽を植えました。が、最初は草丈が1mを越える大型の植物とは知らず、裏口脇の狭い場所に4株も植えてしまいました。うち1株は枯れてしまいましたが、残った3株はわさわさと成長を続け、もつれ合うように葉を伸ばしています。

P1000808

こんな悪環境の下ですが、、、

P1000807

ここでもひとつ花を咲かせています。玄関側のパイナップルよりも小ぶりなようですが、これで今年の夏は美味しいホワイトパイナップルが2個は食べられそうnote

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »