« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

マウナケア

本日夫は定例の週末ゴルフ。
ゴルフの後、友人達と我が家のラナイでランチしていると、クジラがジャンプを繰り返していました。クジラの潮吹きはこれまでにも何度も見ましたが、ラナイからジャンプを見たのは初めて。友人達も大喜びでした。が、残念ながら写真は撮れませんでした。

さて、昨日(土曜日)帰国したObさん夫妻は、木曜日(24日)にマウナケアツァーに参加予定でした。ところが、当日は悪天候のため道路が閉鎖され、ツァーは中止となりました。今回のハワイ島旅行で一番楽しみにしていたマウナケアに行けずにがっかりでしたが、きっとまたハワイ島に来るようにとの神様の計らいでしょうと話していました。

翌日(金曜日)のハワイ島滞在最終日は、昨日書いたようにゴルフを楽しみ、そして最後の夜は一緒にどこか素敵なレストランに行く予定でしたが・・・

ゴルフが終わって時計を見ると午後2時半、お天気は上々。これならぎりぎりマウナケアのサンセットに間に合いそうだと、急遽計画変更。大急ぎでシャワーを浴びて支度を整え、お弁当を買って・・・

さあ、マウナケアに行くぞ~!

とはりきって向かいましたが、途中ビジターセンターで高度調整を兼ねてお弁当を食べていると、下から霧(雲?)がかかり視界が悪くなってきました。12月にWさん夫妻と霧の中を下山した時の悪夢がよみがえりましたが、ガイドさんの「山頂は大丈夫でしょう。」という言葉を信じて登リはじめると、まもなく霧はすっかりはれて、今度は前が見えないほど太陽が眩しくなりました。

P1000699

ハイテクおじさんのObさんはiPhoneで標高を計測中。

どの辺りが富士山と同じ高さ(3776m)だろうと調べてみると、、、

P1000701

日本の誇るスバル天文台の辺り(ちょっと下)でした。
サンセットポイントの駐車場は4179mだそうです。

P1000718

4205mのマウナケア山頂。雪が少し残っていました。
行く度に感動するマウナケア。
あきらめていたマウナケアに立ち、サンセットを見つめるObさん夫妻の感動が伝わってきました。

帰りにObさん夫妻が3日間滞在したマウナラニ・ポイントに寄りました。
さすがに高級リゾート、上品で洗練された内装&家具でとても素敵な部屋です。

201102261

キッチンも使い勝手が良くてお料理上手のM子さん好み。
座り心地のいいソファでコーヒーを飲みながら名残惜しいひと時を過ごしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

初バーディー!

午前中にケアウホウ・ファーマーズマーケットで買い物をしていると、友人から電話がありました。「しばらくブログの更新がないけど元気?」

元気です、ありがとうございます。
のんびりや(はっきりいってグズです)の私はブログを書くのにもとても時間がかかるので、釣りの日や夜遅く帰った日などはパソコンに向かう気力がありません。
ブログを書かなかった3日間、書きたいことは沢山あったのですが・・・

まず23日(水曜日)。
初めてお会いするTkさんを訪ねて友人のObさん夫妻、姪御さん二人と総勢6名でおじゃましました。きっかけは、Tkさん達と姪御さん達がハワイへの飛行機で一緒になり、遊びにいらっしゃいとお誘いいただいたことから。なぜか私達までも一緒に伺う話の運びとなり、ちょっと気がひけながらもご好意に甘えてずうずうしくおじゃましたわけですが、Tkさんはじめお迎えいただいた皆さんの心のこもったおもてなしに私達一同とても感動&恐縮しました。

先日アメリカではゴルフ場ビューの住宅が多いことを書きましたが、ここはまさにそのゴルフ場ビューのお宅で、ゆったりとしたラナイの前にはコナCC・マウンテンコースが広がります。

P1000597

P1000598

P1000604

皆さんは滞在中観光もせずに毎日ゴルフだそうです。それもそのはず、ブライダル関連の会社のオーナーさんのIwさんはハンディ2の腕前、そしてメンバーのお二人は女子プロゴルファー。沢山の美味しいごちそうをいただいた後は、日本女子プロゴルフ選手権大会で優勝されたKdさんからゴルフのアドバイスをいただくという幸運。
居心地のいい素敵なお住まい、そしてそれ以上に私達を温かく迎えて下さった皆さんの心遣いが心に残った素晴らしい出会いでした。

翌日(24日・木)は定例の釣りの日。
この日はクジラは遠くで潮吹きしているのが見えただけ。でも魚は釣れました。夫はクジラのジャンプが見えなくても、魚が釣れる方がいいに決まっていますが、私はちょっと残念でした。

そして昨日(25日・金)。
Obさんご夫妻とコナCC・マウンテンコースでゴルフ。お二人は日本からゴルフクラブを持参したにもかかわらず、最終日のこの日にハワイ島初めてのゴルフ。

コナCC・マウンテンコースといえば・・・
そうです、水曜日におじゃましたTkさんのお宅の前のコース。

P1000688

ゴルフ場側から見たコンドミニアム。きっとTkさん達もどこかのコースでゴルフをされていることでしょう。

初めてのマウンテンコースは眺めがよくて美しいコースでした。

P1000694

が、ご覧のような池が3箇所、フェアウェイは起伏があり、ボールがコロコロところがってしまいます。私のような超・初心者には難しいコースでした。

ところがワタクシ、3番ショートホールで何とバーディーをとってしまいました。まぁ全体のスコアは言わぬが花ですが、、、

P1000684

ここが記念すべき初バーディーホール。証人の三人です。

さて、ゴルフが終わったのが2時半。この後急遽マウナケアに行くことになりました。
長くなったので、その話はまた明日。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

クジラのジャンプ

昨日(月曜日)は定例の釣行でした。

水曜日には初めてお会いする方のお宅に伺うので、エフのお刺身を持参しようとはりきってでかけたのですが・・・

釣果はゼロ。
実は何匹か釣れたのですが、途中で鮫の餌食になってしまいました。以前からよく鮫が現れるポイントでしたが、昨日のように釣れた魚を全て持っていかれたのは初めてで、本当にがっかり。トローリングでもカツオの1匹も釣れず・・・
まぁ、こんな日もあるよね。

ですが、昨日はとてもいいこともありました。前回全く撮れなかったクジラのジャンプ(ブリーチング)写真が撮れたのです。

P1000526

P1000525

P1000523

そしてボトムフィッシングをしていると、親子クジラが近くまで寄ってきました。

P1000550

P1000551

これは子クジラ。お母さんクジラは後ろにいて、時々一緒に姿を現します。

さらに、ジャンプ。逆光であまりクリアではありませんが・・・

P1000537

P1000538

P1000539

土曜日にM子さんたちにこんな風景を見てもらいたかったと残念に思いました。

でも週に2回ずつ海に出ている私達でもクジラのシーズン(12月~3月)が始まってからジャンプを見たのはこれで2回目。自然が相手なので仕方のないことですが、せっかく日本から来たお客様に見せてくれれば良かったのにね。

M子さん達は我が家に滞在の後、ボルケーノ~コハラリゾートと滞在して26日に帰国予定。旅慣れたお二人はレンタカーで観光です。ご主人はドライブの達人、M子さんは旅の計画から手配、ガイドまで完璧な人。ミシガンでも日本でも、旅行の際はその行動力にとてもお世話になりました。

P1000483

いってらっしゃ~い!
今回は姪御さん達が一緒なのでミニバンでのドライブです。
若い独身女性が2人いると、とてもにぎやかで楽しくて華やか。M子さんとは叔母と姪というよりまるで母と娘のようにそっくりで、空港にお迎えに行った時、別便で早く到着していた姪御さん達が一目でわかりました。我が家同様息子しかいないObさんご夫妻、姪御さん達とのにぎやかなハワイ島ドライブ旅行を楽しんでいることでしょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

波のゆりかご

昨日は日本から来たObさんご夫妻と一日海で過ごしました。

ヨット好きのObさんと一緒にホエールウオッチングをしながらコナの海をクルージング、もちろん釣りも。

日焼け防止のために完全防備のM子さん。

P1000451

とてもハワイの海とは思えない重装備。ミシガン仕様??

目的のクジラは何頭か見られましたが、残念ながらどれも遠くて小さくしか見えませんでした。

201102191

前日(18日)に日本から到着したばかりのM子さん、しかも直前までお仕事で忙しくてお疲れです。

P1000463

ボートの揺れと潮風に、心地よい眠りに誘われて・・・ 爆睡中!

ご主人はボートの操縦と釣りを楽しんでコナの海を満喫していただけた様子。

P1000467

豪華客船にはほど遠いですが、タイタニックポーズ(ちょっと腰が引けてます・・?)

何事にも凝り性のObさん。最近はランニングと自転車で15キロのダイエットに成功されたそうで、今朝もご夫婦揃って我が家の近所をスロージョギング。

P1000476

先日還暦を迎えたばかりのObさんは、愛用のiPhoneを駆使するハイテクおじさん。GPSを利用して、ランニングしたコース、距離、時間、ペースを表示してくれるiPhoneアプリがあるそうで、帰って来てから早速結果を分析していました。
TwitterやFacebookもバリバリ利用していて、私も以前にお誘いメールをいただき、登録はしてみたものの、全く使いこなせていません。

日本を離れて間もなく9年になる私達、日本の最新ハイテク事情にはとてもついて行けません。あ、でもこれって全部アメリカ製?ま、ついて行けないことには違いなし!です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

フルーツピッカー

ちょっと見ない隙にバナナが黄色くなっていたので収穫しました。

P1000428

少しでも黄色く色づいたらすぐに収穫しないと、皮が割れてしまい、そうなると鳥につつかれてしまいます。バナナの樹液は衣類につくと黒いシミになって取れないので、収穫作業はいつも大変。

早めに収穫したつもりでも、もうすでに皮が割れてしまっているのがありました。

P1000431

いつもはそのまま小房に分けておすそ分けするのですが、明日は日本からのお客様が来るので、今回はそのまま吊るしておきます。

P1000429

ウエルカムフルーツにぴったり!!グッドタイミングでしたbanana

さて、我が家のパパイヤ。苗を買う時、あまり大きくならない種類なので、手を伸ばせば収穫できると言われて植えました。最初のうちは楽々収穫できましたが、木はどんどん伸びるので、何度か収穫するうちにさすがに手が届かなくなってしまいました。

P1000343

そこでこれ↓

P1000436

その名も「フルーツピッカー」
これで高い所のパパイヤも楽々収穫できます。では早速!!

でもうちのパパイヤはまだ青い・・・

というわけで、カリフォルニア在住のゴルフ&釣り友達であるKw家のパパイヤを収穫して来ました。留守中、熟したら穫っていいよと了解を得ています。ごちそうさまです!

P1000435

ところが、このフルーツピッカー、思ったより使いにくいことが発覚。
パパイヤのように果実が密集していると、熟れた実だけを取るのはなかなか難しいです。使いこなすには修行が必要なようで・・・

ともあれ、これでウエルカムフルーツはアップルバナナとストロベリーパパイヤ。
どちらも木で完熟したオーガニックフルーツです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

トレーラーのレジストレーション

今日もボートの仕事で港に出勤。
昨日は半日がかりになってしまったけど、今日は2時間くらいで片付くはず・・・でしたが、朝10時過ぎに家を出て、帰り着いたのは夕方5時頃。ボートの仕事は時間がかかります。お昼ごはんも食べそびれて、3時半にマラサダを1個食べただけ。それでも痩せないのはナゼ?

金曜日には日本からのお客様だというのに、今日は何もできず。明日は釣りだし、結局前日(木曜)にあたふたと準備することになりました(いつものことではありますが・・)。

仕事のひとつはボートを積載するトレーラーのレジストレーション。

P1000409

手続きはホノコハウハーバーのハイウェイ向かい(山側)にあるウエストハワイシビックセンターで。

P1000408

なかなか立派な建物です。まだオープンして間がなく、私達が引っ越して来た頃はコナのダウンタウンに散らばっていた運転免許証やプロパティタックスなどの手続きをするハワイカウンティのオフィスがここに集約されて便利になりました。

P1000407

我が家のトレーラーは道路を走ることはほとんどありませんが、それでも当然車と同じ扱いです。まず重量をはかりに行き、セーフティーインスぺクションを受け・・・とトレーラーをひっぱって何箇所も行かなくてはならず大変でした。

が、心強いことに今日はこの方が・・・

P1000403

後姿で登場いただいたデーブさんは私達二人が30分はかかることを5分でささっと片付けてくれます。ボートのことで困るといつも助けてくれる頼もしい正義の味方(もちろん釣り好き)。背中が「オレについて来い!」って言ってます。

おかげで無事車両登録を終え、ナンバープレートを取り付けました。
これで堂々と道路を走れます。カワイハエハーバーでもサウスポイントでもボートを引っ張って行ける・・・かも???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

花が咲きました

ボートのエンジンメンテナンスのため、今日は釣りはお休みですが、午前中いっぱいは港で過ごしました。結構なハードワークだったため、釣りにも行かないのに疲れてしまい、午後は家でのんびり。

夕方少し庭仕事をしていると、パイナップルの花が咲いているのを発見。
先が薄紫色の小さな円筒形の花。パイナップルは約150個もの花が下部から順に咲くそうです。

P1000401

これからどんどんつぼみが開いてくるのでしょう。目が離せません。

ティーリーフの花も咲いていました。

P1000402

華やかではないけれど、自然が創り出す色は美しいです。

こちらは一年中咲いているバードオブパラダイス。

P1000234

近寄ってみると・・・

P10002341

Geckoが顔を出していました。
このコンビ、よく写真や絵のモデルに使われています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

100を切る日は?

最近パソコンの調子がイマイチで、突然再起動を始めたり、インターネットに繋がるのに異常に時間がかかったりします。
スパイウェア対策にSpySweeperを使っていますが、全くアップデートしていないためか、スイープ時間があまりにも長いので途中で中止したことがあり、それが関係しているのか・・?よくわかりませんが、ミシガンで買ってからまだ3年足らず。どうぞ壊れませんように!

さて、今日はワイコロアビレッジゴルフクラブに行きました。
コースを回るのは5回目ですが、一応今日が正式な(?)ゴルフデビューということで。

アメリカはゴルフ場の中に住宅があると以前にも書きましたが、ここは特にコースと住宅が近接しています。

201102132

ベランダでくつろいでいる姿が間近に見えますが、ゴルファーがひっきりなしに通るのを眺めて、果たしてリラックスできるのか・・・?でも私のような本当に下手な者が打つボールでも家には飛び込んで行かなかったので、よほどうまく設計ができているのだなぁと思いました。

いつも練習に行くマカレイにも孔雀をはじめ沢山鳥がいますが、ここも同様。

201102131

名前がわかりませんが、2羽の動きがあまりにシンクロしていて微笑ましかったです。

*友人からこの鳥は、知る人ぞ知る「バリケン」ではないかとコメントをいただきました。写真を見るとまさしくバリケン!知らなかった~~~
カモの仲間で、南米産のノバリケンを家禽化した鳥だそうです。

P1000392

ターキーの団体さんがティーグランドにのしのしとやって来ました。

P1000393

どんどん近付いて来ます。結構顔がコワイです。

本日のゴルフは私のせいで皆さんのリズムを壊すのではないかと心配していたのですが、皆さんいいスコアで(もちろん私以外!!)、男性陣は80台、MOさんは自己最高の95でした。ゴルフの後、MOさんが100を切った(2回目だそうです)記念にとピザランチをごちそうになりました。で、それでは私はいつか100を切ったらごちそうすると約束をしたのですが・・・

夜、Osさんからいただいたメールに夫が書いた返信には

「こちらこそお付き合い頂き有難うございました。その上、美味しいPizza Lunchまでご馳走頂き申し訳ありません。
Mさんのベストスコアー達成おめでとうございます。良かったですね。今日はスイングが一皮むけた感じがしていたので、これからも自己ベストを更新して行くのではないかと思います。うちの家内の方は「100切り祝い」の日がくるのかどうか定かではありませんが、気長に待ってやって下さい。万が一、その日が来るような事があれば、Four Seasons Hotelでも借りきって盛大に祝いたいと思っています(そんな日は来ないと信じて言っている訳ではないですよ。必ず来ます???)。」

ふんっ!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

ネコ&クジラ&カジキ

毎週末の定例になっている夫のゴルフに、明後日(日曜日)ついに私もデビューすることになりました。ご一緒するOsさんご夫妻になるべくご迷惑をかけないよう、少しでも練習に励まなくては・・・(少しでも元をとらなければ・・というのが本音?)
マカレイは午後雨が降ることが多いので、今日は午前中に練習に行く予定でしたが、行商(魚を売りにKTAへ)のついでに港に寄ると、あっという間にお昼になってしまいました。

結局いつもの通り午後から行くと、おや、カートの上にいるのは

P1000342

Os家のミーちゃんとなっちゃんではありませんか。

20110211

ペストコントロールのためにペットも一緒に何時間か家を空けなくてはならないそうで、その間ゴルフの練習に来たそうです。日曜日、お世話になります。

さて、昨日の釣りはグラウンドと呼ばれる空港沖の、いつもよりはかなり北の方まで足を伸ばしました。

釣りをしているとあちらにもこちらにも鯨が、しかも豪快なブリーチングを見せてくれるクジラも。ボートの操縦もそっちのけでカメラを構えましたが、ズームで被写体を追いかけるのが難しくて、ジャンプの瞬間が撮れません。海だけが写っていたり、空だけが写っていたり・・・

結局この豪快な水しぶきと

P1000271

ピンボケの着水場面・・・

P1000272

あ~あ・・ 3回もジャンプしてくれたのに残念です。

P1000282

胸ビレを水面に叩きつけるこの動作は、リラックスしている時などに見られるそうですが、威嚇の場合にも用いられるとか。どちらの状態だったのでしょうね?

港に帰って来ると、900ポンドを超える大きなマーリン(カジキマグロ)が揚がっていました。

P1000332

最近グラウンドではマーリンが釣れるらしく、沢山のボートがトローリングしています。

うちのボートでこんなの釣れたら困るね~などと話しながら後片付けを終えて駐車場に向かうと、トラックの上でこのマーリンを解体中。顔見知りのキャプテンなので、「おめでとう!」と言ったら、解体してるだけで、釣ったのは別のボートだそうです。

P1000335

小さめのナイフですが、慣れた手つきで器用に解体していきます。

P1000338

皮ごとブロックに切り分けておいて、一枚ずつ皮をはがしていました。

P1000336

皮のブルーが鮮やか。そして肉の部分はまるで大木の年輪のよう。

P1000334

1ブロックだけでも相当な人数分のディナーになりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

久々のウォーキング

足の具合がだいぶ良くなってきたので、夕方久しぶりにウォーキングに行きました。足底筋膜炎は左足は完治したようですが、右足にまだ痛みがあります。でも少しずつ軽くなっているのでもうしばらくの我慢かなと思っています。

久しぶりの散歩で見つけたのは、、

P1000237

鈴なりのジャックフルーツ。以前にも紹介したお宅の庭です。

P1000239

夫の手と比べると大きさがわかっていただけると思います。

先日、ファーマーズマーケットではジャックフルーツが25ドルで売られていました。

R0017497

売っていたのはケアウホウファーマーズマーケットのKenさんのフルーツショップ。

R0017501

ここではいろいろと珍しい果物を見かけます。

R0017499

一見巨峰のようなJaboticaba。味も巨峰にちょっと似ているような気がしますが、やっぱり日本の巨峰の方が美味しい。

R0017498

残り1個になってしまって寂しそうなAbiu(私が2個買いました←買う前に写真を撮れば良かったのにね)。オレンジくらいの大きさです。

R0017505

半分に切ってスプーンですくって食べると、とろ~んとした食感。お店の人に「カスタードクリームのような」と言われたけど、そういえばそんな感じ・・・?熟した柿のような味にも感じられました。そういえば、柿のような大きな種もありました。でも見かけは全然違いますね。

関係ないけど、私は柿は“次郎柿”が好き。ブドウは“甲州”か“デラウェア”、みかんは“日の丸みかん”。あ~~~、日本の果物が食べたい!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

メリーモナークチケット

昨年12月27日に申し込みをしたメリーモナークのチケット、やっと返信用封筒が届きました。さて、抽選の結果はいかに?中に入っているのはチケットか、はたまた「残念でした」の手紙とマネーオーダーが送り返されたのか?

ドキドキしながら開封すると、入っていたのはチケットでした。でも希望の指定席はとれず、ジェネラルシート(一般席)が2枚に、差額分の10ドル札が同封されていました。

P1000227

ジェネラルシートは自由席なので、少しでもいい席に座るためには早く行って並ぶ必要があるし、ステージの後ろ側にあたる席が多くて、ダンサーを正面からは見られません。それでも毎年抽選にもれてチケットを手にすることができない人が大勢いるそうですから、初めて申し込んで購入することができた幸運に感謝して、会場の雰囲気を楽しんできたいと思います。

さて、昨日の釣りは

P1000224

カツオ、オナガ、ギンダイ、エフなど。最初のうちは次々に釣れて、今日こそクーラーいっぱいの大漁か?と思いましたが、そのうちぱったりと釣れなくなりました。よくあるパターンで、潮の加減なのか、一日中釣れ続けるということはありません。

釣りをしていると漂流物を発見。

P1000217

ロープのようですが、こういう漂流物には魚が着いていることがある(運がいいとマヒマヒが釣れることも)ので、オットは即ルアーを投げてみました。が、どうやら魚はいそうもなく、ロープは拾って帰ってゴミ箱に捨てようということになり、ボートに揚げてみると・・・

P1000219

こんなに小さな魚も一緒に揚がって来ました。やっぱり漂流物には魚が着いているんですね~。

P1000223

小さなカニが3匹、そしてヒレが手足のように見える愛嬌のあるこの魚は

P1000220

オコゼの赤ちゃんでしょうか?それなら触っては危険!ということで、水でそっと海に流しました。

*後日夫の釣り友達からメールをいただき、この魚は「カエルアンコウ」の幼魚だとわかりました。ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

食べ過ぎ注意報

コナに住むようになってから、ミシガン時代以上に会食の機会が多くなりました。

特にこの一週間は自宅で夕飯を食べたのは水曜日と金曜日のみ。しかも金曜日は自宅で食べたとはいえ、12人でのカツオパーティーでした。
大勢での食事会は楽しいのですが、ついつい食べ過ぎてしまうのが難で、来週は2~3日絶食した方がいいかも・・・?

もっともオットは大勢での会食でなくてもいつも食後に「食べ過ぎた~!」と言います。おなかがすくと不機嫌になるので、少し多めに盛る習慣になってしまって、多かったら残してねと言うのですが、たいていは全部食べてしまいます。

ミシガン時代は毎日お弁当持参だったので、夕飯のおかずを少し多めに作って1~2品お弁当に詰めていました。最初はたまたま残ればお弁当に流用する、という感じだったのですが、前日の夕飯のおかずが入っているのはあまりうれしくないようで、敵も然る者、夕食時に頑張って残さずに食べてしまうようになり、私は対抗して余分に作ってあらかじめとり置いていました。朝の10分(の睡眠)は貴重です。

20110206

7年間使ったお弁当箱。
普段からご飯には必ず何かのせて食べる人なので、最初のうちは右写真のようにごはんの上にふりかけなどをのせていました。が、お弁当箱の蓋にくっついてしまうので、ちょっと賢くなってご飯の間に挟むようになりました。

今は釣りの日におむすびと卵焼き、漬物だけの簡単なお弁当を持参します。ボートの上で揺られて、しかもオットは釣りをしながら、私は操船しながら食べるので、食べやすいのが一番!

P1000173 さて、今夜はこの一ヶ月釣りにゴルフに(おまけに私の友人達の接待?も)おおいにお世話になったKwさんの追い出し送別会。
デザート担当の私は「なめらかプリン」を持参。
久々(2年ぶりくらい)に作った「なめらかプリン」はなめらかさに欠けておりました。

今夜は食べ過ぎないように気をつけるぞ!と思っていましたが・・・

P1000177

この沢山のごちそうを前にしては決心も揺らぎます。

そしてこの夕景。

P1000182

食が進まないわけがありません。
もちろんたっぷりといただきました。ごちそうさま。

やっぱり絶食日を作るべき・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

感動の・・・

今の時季、ボートで海に出ると毎回何頭かのクジラを見かけます。

が、あまり近付いてはいけないので遠くから潮吹きや尾びれの写真を撮るのですが、なかなかいいショットは撮れません。

ところが、今日は思いがけない出来事が!

空港沖でボトムフィッシングをしていると、カリフォルニアから来ているKwさんご夫妻の前にいきなり現れた影。またまたにっくき鮫か?と思いきや・・・

P1000109

何とクジラでした。大きさからみるとまだ子供のようで、私達のボートに興味津々といった感じでゆったりと泳いでいました。

賢いので針にかかったりはしないだろうとは思いましたが、急いで竿を上げ、思いがけない幸運に一同興奮ぎみ。

P1000111

ボートのすぐそばを泳ぎ回るので、危なくてボートを動かすこともできませんでした。

P1000113

潮吹きをしたり、回転したり、私達の方に顔を向けたり、まるで「遊んでよ~!」と言っているかのよう。間近に見るクジラの姿は感動的でした。

P1000064

回転中。

P1000075

さらに回転中。

P1000103

回転終了。いかがでした~?サービス満点。

しばらく見ていましたが、夫は鯨が少し離れた隙にあわててボートを移動させました。もっと見ていたかった私としては残念でしたが、今日は大型のカツオやオナガなどが釣れていたので釣りも楽しかったのです。

素敵な体験をありがとうnote

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

春は近い?

あ~~~ショック!
夕方マカレイにゴルフの練習に行って、カメラを無くしてしまいました。
練習しているすぐそばに止めたカートに置いてあった私のミスですが、悲しいです。がっくりきて早めに練習を切り上げました。昨年日本に帰った時に買い換えたばかりのカメラでしたが、私の取扱いが悪くて(ジュースをこぼしたり、落としたり)ズームが効かなくなっていました。で、自分が悪いことは棚に上げて、使いづらいなぁ・・と不満たらたらだったので、バチがあたったのかも知れません。

で、帰りにカメラを見てみようと思ってコスコに寄ったら、見るだけのつもりがつい衝動買いしてしまいました。しょんぼりしている私を見て、夫が横で「買え、買え。」って言うものだから・・・値段をチェックしておいて、帰ってネットで調べるつもりだったのにね~
今度こそ「一眼デジカメ」とも思ったのですが、まだ使いこなせる自信がないのと、パナソニックのルミックスDMC-ZS7がコンパクトデジカメで光学12倍ズーム、手軽で使い勝手が良さそうなので即決。このカメラ、GPS機能を搭載しているそうですが、多分私には宝の持ち腐れだと思います。
さぁ、明日は釣りの日。新しいカメラを持っていくぞ~!立ち直りは早い。

ところで今日2月2日はGroundhog day(グラウンドホッグ・デー)。アメリカやカナダではその年の春の到来を占う日です。日本では馴染みのない動物ですが、グラウンドホッグはジリスの仲間で、ミシガンではウッドチャックの名前で親しまれています。

冬眠していたウッドチャックが2月2日に穴から出て来て、自分の影を見ると驚いて冬篭りに引き返してしまう、つまりお天気が良くて影が見えると、春はまだ遠くあと6週間ほど冬が続き、逆に曇って影を見る事ができなければ春の訪れが近いといわれます。

春の訪れを心待ちにするような厳しい寒さのないハワイでは全く縁がありませんが、冬の長い地域では各地でグラウンドホッグ・デーの行事が行われており、ミシガンでも毎年テレビや新聞のニュースに取り上げられていました。特にペンシルベニア州Punxsutawney(パンクサトーニー)とニューヨークのStaten Island(スタッテン島)が有名で、占いに使われるグラウンドホッグにはそれぞれ「Punxsutawney Phil」、「Staten Island Chuck」という名前がついています。
ペンシルバニア州ではグラウンドホッグデーが祝日になっており、パンクサトーニー・グラウンドホッグ・クラブの立派な紳士達がタキシードとシルクハットで正装して、切り株型の小屋から出してきたフィルを掲げてその年の予報を読み上げます。

それではウッドチャックの素顔をお見せしましょう。

Woodchuck2

公園や裏庭でよく見かけました。リスよりはかなり大きいです。

Woodchuck3

愛嬌のある可愛い顔で、のそのそとのんびりしたイメージですが、意外と素早く動くこともあります。

Woodchuck7

後ろに移っているのはミシガン時代の私の愛車、黒のCR-V。懐かしい!

デトロイトからワシントンDCまでドライブした時にPunxsutawney の地名を見かけて、いつかグラウンドホッグ・デーに行ってみたいと思っていましたが果たせませんでした。

さて、今年の予報ですが、、、

公式サイトによると「No Shadow,Spring is Near!」だそうです。
ミシガンの皆さん、良かったですね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »