« 小さな生命 | トップページ | マウント・クック Tasman Glacier View »

2010年12月16日 (木)

アオラキ/マウント・クック

マウント・クック・ビレッジ周辺にはいくつかのトレッキングコースがあります。

距離は少し長いけれど高低差が少なく、変化に富んだ風景で人気のHooker Valley Trackを歩きました。足底筋膜炎で足の痛みをかかえている私ですが、どんなに痛くてもここだけは絶対に歩く!と宣言していました。(もっとも“ここだけは歩く”は他にもあるのですが・・・)     *写真は全てクリックで拡大されます     

R0015643

ミューラー氷河展望台より。

R0015644

最初の吊り橋が見えます。

R0015646

吊り橋を渡ってさらに歩くと

R0015650

氷河がぐんと迫ってきます。途中追い越していった外人さんカップルは私達よりも年配に見えましたが、歩きなれているらしく、水のペットボトルを持っただけの軽装であっという間に引き離されてしまいました。

R0015653

二つ目の吊り橋を渡ると

R0015665

やっとマウント・クックの姿が見えてきました。

R0015677

ボードウォークが整備されて歩きやすい。

R0015681

終点はフッカーレイク。氷河から崩れ落ちた氷の塊が浮いています。

R0015696

マウント・クックの絶景を前にランチタイム。サンドイッチを食べて帰りました。

ホワイトホース・ヒル・キャンプ場をスタートして往復3時間ちょっとのトレッキングは、比較的平坦で歩きやすいコースでありながら、急流に架かる吊り橋や、草原のボードウォークなど変化があり、しかも歩いている間ずっと素晴らしい景色の連続でした。

案の定足の痛みはひどくなりましたが、それでも歩いて良かったです。

<ご報告>
大変残念ですが、ヒナ鳥のピーコは今朝逝ってしまいました。
小さな身体で4日間よく頑張っていたのに・・・
今日は久しぶりに釣りの予定だったので、長い時間放っておけないピーコも一緒に連れて行こうと準備していたのですが・・・私がどんなに頑張っても親鳥の代わりにはなれるはずもなく、無力感でいっぱい。力が足りなくてごめんね。
巣のあったバナナの根元に埋めてあげました。
応援して下さった皆様、本当にありがとうございました。

|

« 小さな生命 | トップページ | マウント・クック Tasman Glacier View »

コメント

mitsuyoさん
温かいコメントをありがとうございます。
初めてのことで、給餌も保温も不十分だったと思います。
育ててあげられなくて本当に残念でしたが、悲しいだけでなく、この4日間の体験は私の心に温かいものをくれました。

投稿: Midori | 2010年12月17日 (金) 22時17分

きれいな景色を見せてもらい素敵と思っていましたが小さな命の終わりに涙してしまいました。でもピー子ちゃんは幸せだったと思います。みどりさんお疲れ様でした。

投稿: mitsuyo | 2010年12月17日 (金) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244596/38113427

この記事へのトラックバック一覧です: アオラキ/マウント・クック:

« 小さな生命 | トップページ | マウント・クック Tasman Glacier View »