« White Spotted Eagle Ray | トップページ | モーニングコーヒー »

2010年11月24日 (水)

コーヒー豆の自家焙煎

10月21日に初収穫したコーヒーチェリーは、その後も赤く熟した実を2~3個ずつ収穫していました。1本しかない、しかもあまり元気のない小さな木ですから、せいぜい15~6個しか収穫できないのでは・・?と思っていましたが、何とか30個以上になりました。

コーヒーチェリーから取り出して乾燥した豆を、そろそろ焙煎してみようかな。
もちろん焙煎器なんてありませんからフライパンで。しかもうちのコンロはガスではなく電気のガラストップ。
果たしてこれでコーヒー豆の焙煎ができるのか???

R0014459

ところで私はコーヒーチェリーから取り出して乾燥した豆をそのまま焙煎するものだと思っていたのですが、先日ファーマーズマーケットで見かけたコーヒー豆は、「コーヒーチェリー」「パーチメント」「グリーンビーンズ」「ローステドビーン」の4段階になっていました。焙煎するには、パーチメントとよばれる内果皮を取り除いて、グリーンビーンズにするようです。そういえば、昔UCCで焙煎体験ツァーに参加した時に教わったような・・・

R0014560

といってもパーチメントを取り除く方法もわからなかったのですが、これは上の写真(左から2番目)のように簡単にできました。数が少ないからできることですがひとつひとつ爪ではがしました。
ところが、パーチメントを取ってもグリーンビーンズとはまだちょっと違う(左から3番目)?そう、さらにシルバースキン(銀皮)に包まれていて、これを取るのがなかなかやっかいでした。

R0014565

さぁ、これで準備完了!

R0014854

フライパンで煎ります。だいぶ色が変わってきました。ところどころに取りきれなかったシルバースキンが白く見えていますが、ほとんどは焙煎中にはがれました。

シティローストだかフルローストだか、焙煎加減もわからないし、均一に焙煎するなんていう高度な技もなし。でも香りのいいこと!

R0014855

フライパンからザルに移して、うちわで扇いで急速に冷まして出来上がり。
ところどころ焦げていますが、煎りの足りないところもあるから大丈夫!??

2~3日おいてから挽いて飲むとより美味しいそうです。
明後日・26日はニュージーランド旅行に発つ日、忘れずに飲んで行かなければ。

旅行の出発日が近付いているというのに、荷物の準備はまだ全くしていません。
とりあえず新聞の配達を止めてもらう、郵便物を郵便局で預かってもらうなどの手続きは今日すませました。

今回はどのくらい荷物を持って行くのか・・・
私のことではありません、夫の釣り道具です。ニュージーランド国内でも飛行機での移動があるので、極力荷物は減らすという約束ですが?

|

« White Spotted Eagle Ray | トップページ | モーニングコーヒー »

コメント

荷物少なくしてくれてありがとう!
本文よりも長いコメントもありがとう!

投稿: Midori | 2010年11月26日 (金) 14時03分

さてさて、家内のブログに乱入するのは久しぶりである。

我が家には「釣り旅行用5点セット」と呼ばれる家宝?があり、過去の遠征観光旅行(ほんの一部釣り旅行---逆だったか?)には、時には追加の航空運賃を払わされたりしながら、常に随行(釣り道具は常に人間扱い、特に竿は”お竿様”と呼ぶ(笑))してきた。その内訳はというと、、、。

1)26リッターのクーラーボックス(エサを新鮮に保存するために必要)。
2)大小5~6本の竿を入れるバズーカ砲のような黒い大筒。
3)荷物を釣り場へ運ぶためのキャリー(岩場では背負う事もできる優れ物で、ミシガンでも大活躍した。長~い長~いお付き合いである)。
4)タックルバッグ(これが曲者で、Bottom Fishing用の0.5~1Kgくらいのオモリ数本やゴツイ竿受けが入ったりして重い)。
5)大切な大切なリールを機内に持ち込むためのナップサック。

さて、今回のニュージーランド旅行では、断腸の思いで荷物を絞った。1)3)4)は家でお留守番というコトになり、2)は竿を3本だけ入れた細いバズーカに降格。あとは5)のナップサックのみ、という超の付く軽装。大きいオモリは、ナンと1本のみ、、、大改革である。確かに超軽装だと心まで軽くなる感じがする。目からウロコとはこのコトか、、、というのはチト大袈裟?多分ニュージーランドの船上や磯場で「あれが無い、これが無い」とやかましいコトだろう。あまり後悔する事が多いと、次回からまた「5点セット」復活という事にもなりかねない。さて、どういう展開になるか?コトの顛末は追って報告の予定(忘れなければ)。

こういう事を書くと、東京に住んでいた頃 ”ちょいちょい”(家内は ”頻繁に”というかな?)行っていた「トカラ列島・宝島」への釣行が思い出される。鹿児島から船で片道13~14時間、東京からだと丸々の1日がかり、近くはない。前もって70~80Kgの荷物を宅急便で島へ送り込んでおく。よく「ホームレスの引っ越しより荷物が多い」と言われたものだ(ホームレスの引っ越しを、私自身は見た事がない、、、)。今は退職して時間はいくらでもあるが、昔の迸るエネルギーが無くなってしまったような、、、。何かをやるなら、やっぱり若いうちだよ、皆さん。

投稿: オットット | 2010年11月26日 (金) 09時48分

konagirlさんのお宅にもコナコーヒーの木があるの?
こげこげ焙煎でよければいつでもお教えしますよ~!

Kathyさん
ところどころ焦げているのが一層香り高い感じでしょう?
明日飲む予定です。我が家のコナコーヒー、どんな味かしら。

投稿: Midori | 2010年11月25日 (木) 22時17分

良い香りが漂って来そうな写真ですねo(^-^)o
自宅の庭で取れたコーヒーでイップクだなんて…素敵ですぅ♪(*^_^*)

投稿: Kathy | 2010年11月25日 (木) 05時54分

家の夫が「今度、おしえてもらお~!」って言ってます(*´v゚*)ゞ
よろしくお願いいたしますm(_ _)m

投稿: konagirl | 2010年11月25日 (木) 01時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244596/37831921

この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー豆の自家焙煎:

« White Spotted Eagle Ray | トップページ | モーニングコーヒー »