« 収穫の秋 | トップページ | ワイルド・ピッグ »

2010年10月23日 (土)

フィロデンドロン・セローム

ホワイトフライやハダニ、アブラムシ、スス病など、病害虫との闘いに気の抜けない我が家の庭で、唯一いつも元気で心配いらずの植物がこれ。

P1110789

フィロデンドロン・セローム(Philodendron selloum)←舌をかまないように!
一年中葉のグリーンがつやつやと鮮やかでわさわさ育っています。
日本にいた頃花屋さんで見かけていた観葉植物のセロームは、小さな鉢で葉の切れ込みも違う感じだったので、別の種類だと思っていましたが、大きく育つとこうなるのだそうです。さすがハワイ!

セロームだってハダニやアブラムシの被害を受けることはあるらしいのですが、この子がこれほど元気な秘密は、足元にあるスプリンクラーの水を独り占めしているせいだとにらんでいます。たっぷりの水で旺盛な生育をしているので害虫を寄せ付けないのではないでしょうか。

R0013975

伸びた気根がからまって、いかにも熱帯植物らしい雰囲気を醸しています。

R0013976

が、育ち過ぎて根が周囲の芝生に侵食してはびこり、芝が枯れてしまうのが困り者。
そこで夫が根を切り詰めました。
と・・・

R0013974

切り口からオレンジ色の樹液が流れ出て、遠目には血を流しているように見えました。
なんだか不憫になってしまいました。

|

« 収穫の秋 | トップページ | ワイルド・ピッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244596/37371237

この記事へのトラックバック一覧です: フィロデンドロン・セローム:

« 収穫の秋 | トップページ | ワイルド・ピッグ »