« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

マンゴーフェスティバル

アウトリガー・ケアウホウ・ビーチリゾートで見かけた看板。

201007312

MANGO FESTIVAL” マンゴー大好き!ちょっと立ち寄ってみましょうか。

201007315

会場はホテル横の芝生広場。ハワイアンフードやクラフトのテントが並び、ステージではファッションショー(?)をしていましたが・・・ う~ん、何となくとりとめのない感じ。

やっとマンゴーフェスティバルの名にふさわしいお店を見つけました。

201007314

でもこれはディスプレイ用で、売っているのは種類がよくわからないマンゴー。

世界で500種類とも1000種類ともいわれるマンゴー。
ポスターの表面が反射して見難い写真になってしまいましたが、ハワイのマンゴーの種類です。私のお気に入りはゴールデン・グローとヘイデン。といってもそれほど多くの種類を食べたことがあるわけではないのですが・・・

201007313

さまざまな種類のマンゴーの試食コーナーがあれば(有料で)いいのに・・・

ところで朝10時からはステージで Kumu Keala Ching のハラウのフラがあったそうです。残念、見たかった~~~!こういうイベントは行き当たりばったりで立ち寄るのでなく、きちんとスケジュールを確認しておくべきですね。といつも同じ反省をする学習能力のない私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月29日 (木)

足底筋膜炎

踵が痛い。

痛みを感じ始めたのはいつのことだったか・・・ 定かではありませんが、昨年12月に日本に帰った時にはすでに症状が出ていました。
でも最初は朝起きてベッドから下りた時に痛いだけで、少し時間が経つと何でもない状態が続いていました。日常生活には全く問題がないので「何故かな・・?」と疑問に思いつつもさほど気にせず毎日のウォーキング(40~50分)もずっと続けていました。

ところが、2ヶ月ほど前からは日中もソファや椅子から立ち上がって歩き始めると痛みがあり、そのうちに立っていても歩行中も、とにかく一日中痛みを感じるように。そしてちょうど一ヶ月前にグリーンサンドビーチで往復2時間余り歩いたことで悪化したようで以前よりもひどく痛むようになりました。寝込むほどではないけれど、ウォーキングは無理だし、この痛みをずっと我慢じ続けなければならないのは嫌だし、病院に行こうか、、、でもどんなふうに説明すればいいのかしら・・?ということでインターネットで調べてみました。

するとありました、『足底筋膜炎』 私の症状にぴったり当てはまります。

「足の裏のかかと部の痛みが主症状で、歩き始めや走り始め、あるいは起床時の一歩目に強く痛むのが特徴です。初期では歩行や運動を続けることによって症状は軽減します。足の裏のかかと部に圧痛があることから診断は比較的容易です。レントゲンでは踵骨の骨棘(骨のとげ)が認められることもありますが、異常所見を認めないこともあります。慢性化すると歩行中にも痛みを訴えます。

さて、その治療法は・・・
「柔らかい靴の中敷をいれること、ヒールカップという踵のクッションをいれることなどから始めます。また、土踏まずのアーチを支えるような足底板(靴の中敷き)も効果的です。
足底腱膜のストレッチも良いとされています。足首を反らすようにして、その上ですべての足趾を反らせます。足のうらが突っ張る感じを確認しながら、ゆっくり10数えます。一日に何回かやります。
病院では、消炎鎮痛剤の内服や外用薬を処方しますが、確実な効果は少ない。痛みが強い時に、ステロイドの局所注射を足底腱膜付着部にすると痛みがかなり和らぎます。難治例には手術で筋膜の付着部を切離するする方法もありますが、扁平足が進む可能性があり注意が必要。」

また
多くは3ヶ月から3年以内に自然治癒するものなので、痛みが出ても慌てずに、毎日の足のストレッチ運動や足への負担を減らす工夫をして、痛みが落ち着くのをゆっくり待ちましょう。」

ふむふむ・・・とりあえず病院には行かず自宅でできることを試してみることに。
足底腱膜のストレッチは上記のやり方の他にも調べて一日に何度も繰り返しています。まだ痛みはありますが、少しずつ軽くなってきました。

それにしてもこんな踵の痛みにもちゃんと病名があるんだなぁと感心。

原因としては
「4050歳代になると、老化に伴い、古いゴム管にひびが入るように、足底腱膜のかかとに付くあたりを中心に炎症が起こります。また筋力の低下や体重の増加によって足にかかる負担が大きくなり炎症を起こします。」

私の場合は年齢的なことと体重の増加が主な原因かな・・?以前腰痛で寝込んだことといい、これはきちんと減量しないといけませんな(といいつつ危機感がないと夫のツッコミ)。

今日は地味な話題で写真もありません。

何だか寂しいので内容には関係ありませんがこの一枚を。

P1110754

ハワイ島の青空と風を感じてください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

サフロンフィンチ

今日も鳥達に会いにマカレイゴルフクラブまで。

201007265

いつものごとく孔雀がすぐそばまで近寄ってきます。

でも今日の主役はこのサフロンフィンチ。

201007266

集団で食事に夢中ですが・・・ 一羽だけうるさく鳴いています。

201007261

からだの大きさはあまり変わらないけど、鳴き声やしぐさを見るとどうやらヒナのようです。しきりに親鳥にねだっていますが、自立をうながしているのか、親鳥は知らん顔。

201007262

「ねえねえ、何かちょうだい~!」

201007263

「ちょうだいったら~!!!」
「鳴いてもダメよ、自分でエサを探しなさい。」なんて会話が聞こえてきそう。

さて、ドライビングレンジまで来て鳥の写真を撮るだけでは気がひけるので、最近は私も少しボールを打っています。
夫の厳しいコーチで猛特訓!←ウソです。もともと得意ではないし、今は足が痛いので・・・
果たしていつの日かゴルフデビューできるのか、、そんな日は永遠に来ないのか、、

R0011412

でもボールがうまく飛ばなくたって、、、

R0011414

ほら、この景色を見ながら練習できるなんて幸せなことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

カラパナ続報

先日お伝えしたカラパナの溶岩、本日の最新情報によると、火事の炎が迫っていた白い家(Garyさんという方のお宅)はついに今朝(未明)焼失してしまったようです。

R0011535

次にカラパナを訪れる時にはもうこの白い家は見られないのです。

火山の島に住んでいるとはいえ、Garyさんはどんな思いで自分の大切な家が焼け落ちるのを見ていたのでしょうか。

以下今日のレポートより抜粋。
「At 3:19 AM this morning Pele kissed wood on Gary’s house for the 1st time – By 5:16 AM Gary’s home became Pele’s completely. 」

文中の“Pele”は火の女神。キラウェア火山・ハレマウマウ火口に住んでいるといわれ、ハワイのさまざまな伝説に登場します。

P1150339
           <ジャガーミュージアムにあったペレの肖像>

美しく情熱的な女神・ペレは、嫉妬深く激しい性格の持ち主のようで、ペレの怒りによって悲しい最期を遂げたという伝説は枚挙に遑がありません。それでもハワイの人々はペレに畏怖の念を抱きつつも、深い敬意を持って信仰しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

消えたパパイヤ

順調に育っていたパパイヤ、前回収穫したのと同じような大きな実が3個完熟状態になっていました。しかし、毎日「美味しくなってね。」とやさしくなでていた私の思いをよそに、今日こそ食べよう!と思った朝、収穫しに行くと、、、

無くなっていました、見事に完熟の3個weep

道路から手を伸ばせば届く場所ではなく、門から少し敷地に入った所なのに・・・楽しみにしていたのでとても残念。

後に続くパパイヤも心配なので、窮余の一策。

R0011481

これで大丈夫!!?

ハワイ島は治安はいい方だと思いますが、物はよく無くなります。
港で使っているホースの先端につけるノズルとか、こんなものまで?と思うようなものでも、うかつに置いておけません。のんびりやの私達は現地の人によく注意されます。「それ無くなるよ~、間違いなく盗られるのを保証する。」って。そんな保証はいらないです!

思えば、引っ越して来た初日、リビングのテレビが無くなっていました。前のオーナーがいなくなってから2週間程空いていたのでその間に空き巣に入られたようです。すぐさま家の鍵を取り替えました。
でも自分達が引っ越して来る前の出来事だし、テレビは自分で買ったものではなくてさほど愛着もなかったためか、気をつけなくてはいけないなとは思いましたがそれほどショックは受けませんでした。
それに比べて今回のパパイヤ!毎日愛情をかけていたのになぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月22日 (木)

カラパナが熱い!

昨日久しぶりにカラパナに行ってきました。
前日の釣行で疲れていた(遠出したので帰りが遅くなった)のでのんびり朝食をとった後、カラパナでこの数日溶岩の活動が活発になっているとの情報をインターネットで見つけた夫。これは見に行かねば・・と午後から出かけてみることに。
溶岩を見るなら暗い方がいいのでゆっくり出かけても大丈夫。ただし、帰りは夜遅くなってしまうが・・・

サドルロード経由でヒロまで約2時間。ヒロからカラパナまでは40分くらいでした。

R0011541

溶岩による火事が迫る家。溶岩はこの家の玄関近くまで迫っているそうです。

1990年に溶岩流に飲み込まれて焼失したカラパナガーデンズというサブデビジョンですが、溶岩台地には今も何軒かの住宅が建っており、人が住んでいるようです。

R0011494

駐車場に車を止めてビューポイントまで歩く途中にはこんな看板が。。

201007222

この家、オーシャンビューだけでなく、今なら流れる溶岩ビューも!!

ハイウェイ130号の新たな行き止まり。ここは土曜日(17日)に流れた溶岩でふさがれたばかりです。

R0011490

明るいうちは煙と時折立ち上る炎が見えるだけですが、日没後暗くなるにつれて、、

201007224

黒く見えていただけの溶岩の隙間に赤く流れる溶岩が見えてきます。

201007223

日曜日、月曜日にはかなり迫力ある光景が見られたようです。溶岩の状況は日々刻々と変わるのでまめな情報確認が必要ですが、なかなか難しくてタイミングをはずしてしまいます。それでも赤く輝く溶岩に地球の命の営みを感じさせられたひと時でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

Hapuu fern

問題;これは何でしょう?

R0011428

答;Hapuu fern---木性シダで、6メートル程の高さまで成長するものもあります。

201007192_2

我が家の玄関の植え込みにはこのHapuu fernが植わっていました。ところがひと月ほど前からしだいに弱って、とうとう枯れてしまいました。存在感のあるシダだったので、無くなると間の抜けた雰囲気です。

R0011453

Hapuu fernはホームデポでこのように売られていますが、根もなく、葉の一枚もないこの植物は本当に生きているのだろうか?と不思議です。

さわると濡れていることが多いので、頻繁に水をかけているようです。

土に植えたら根が出てきて育つのかな?それにしても丈夫な植物なのだなぁと感心していたのですが、、、

R0011427

植え替えのために掘り起こしたハプウにも根はなかったのです。
この幹そのものが根茎のようで、4インチ埋めればいいと言われました。

せっせと穴を掘る夫。
慎重派の夫は、4インチでは大きくなったら倒れるのではないかと、大き目の穴になりました。

植えつけ完了。。。
う~ん、まだ間の抜けた雰囲気は変わりませんが、そのうち葉が出てかっこよくなってくれるでしょう。

201007193

ハプウの硬い木質の幹の中のデンプン質は飢饉の際には食用になったとか。
このデンプン質、ワイルドピッグの好物で、ハプウを押し倒して中を食べてしまうそうです。

サドルロードのヒロ側やアカカ滝周辺、ボルケーノ周辺ではハプウの群生が見られました。ドライブや散策の際に観察してみて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

おめでとう!

うれしいニュースが届きました。

姪のJちゃんに女の子誕生ribbon 何だか孫ができたような気分の私達です。

2010071811
           <Photo by Ken>

同じく7月生まれの我が家の次男は、小さな頃徳島の実家に帰るとJちゃんに遊んでもらえるのがうれしくていつもつきまとっていたっけ。。。世話好きでよく気のつくJちゃん、いいお母さんになることでしょう。

201007187

孔雀さんも子育て中。頑張れ、お母さん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

庭木の剪定

南国では植物がわさわさと元気に育ちます。

庭木が住宅に接触しているのは家のためにはよくないそうで、どの木もしょっちゅう枝を切っているのにちょっと油断すると家に覆いかぶさってきます。

R0011102

あっという間に樋の上まで枝を伸ばしていたこの木、葉っぱがつまったりしては困るので高枝切りバサミ(?)で剪定します。
おっ・・

201007172

小鳥の巣発見。
そ~っと中を覗いてみると、、、空っぽでした。
下の葉に鳥の糞が沢山ついてはいましたが、巣立った後の巣にしてはきれい過ぎるようです。周りの枝を切ってしまったので、もうここで子育てはしてくれないでしょう。ごめんね。

R0011104

すっきりしました。これでしばらくは安心。でもまたすぐに伸びるんだけどね。

R0011103

切りとった枝は毎週火曜日に来るガーデナーのグラントさんが処分してくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

楽しいこと・・

“ハワイ島で釣り三昧の毎日”を夢見ていた夫ですが、実際に住んで釣りに行くようになると、体力的な問題で週に2回がちょうどいいペースになりました。
ということで私も週2回はキャプテン稼業です。朝7時頃に家を出て帰るのはたいてい夕方6時頃。フルタイムで仕事(しかも過酷な肉体労働・しかも無報酬)をしているみたいです。

そんな私をいつも海で楽しませてくれるのは

201007133

たくさんのイルカ達。

201007132

港を出るとすぐに集団で挨拶に来てくれますし、沖で会うこともあります。

そしてこちらは週に一度の楽しみ。

Img_5350_2

アウトリガー・ケアウホウ・ビーチリゾートで過ごす午後のひと時。

以前カルチャープログラムのフラレッスンに参加したことを書きましたが、その後一時帰国や腰痛で寝込んだりですっかりご無沙汰していました。でもせっかくハワイに住んでいるのだから、少しでもハワイの文化に触れたいとの思いはあり、同じように思っていらっしゃるSさんと一緒に週に一度参加することに。
ゆったりとしたイメージですが、フラのステップは結構ハードです。
今日もいい汗をかきました。

教えて下さるのはHEALANIさんとMANAさん。先生と同じようにステップしているつもりでも腰、手、つま先の動きまで全く違うものになってしまいます。そして表情もとても大切。
いつか、あんな素敵なフラができるようになりたいものです。

R0011432
        <HEALANIさん、福岡から旅行中のRさんと>

月曜~金曜の午後2時から、初心者向けの誰でも参加できるレッスンです。
コナに滞在の方はいかがでしょう?

http://www.outrigger.com/documents/brochures/kbr_cultural_program_011110.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

孔雀のダンス@マカレイ

201007121 マカレイゴルフクラブ。
夫がよく利用するゴルフ場です。

私も何度か行ったことがあります。ただし駐車場まで。
ゴルフもしないのにナゼ?
それは孔雀を見るためにです。

ここの駐車場では孔雀とウズラをよく見かけます。

今日は練習をする夫についてドライビングレンジまで行ってみると・・・

いました、いました。孔雀、七面鳥、鶉、雉。サフロンフィンチの集団も。
鳥嫌いのMcさんはここでゴルフはできませんね~~golf

201007122

鶉は時々けたたましい声をあげます。夫によると、ミスショットした時に笑われている気分だそうです。

近くで練習ボールを打っている人々をものともせず、孔雀が羽を広げていました。
周りにはゴルフボールがたくさん落ちているので、きっとボールに当たってしまう運の悪い孔雀もいるのでしょうね。

201007123

とても優雅で美しい姿ですが、実は後姿もなかなか素敵。

201007124

ブルマーをはいたようなお尻をフリフリ、可愛いったらありません。手をたたいているようにも見えて、正面からの華やかな印象とは違う微笑ましい姿です。
でも求愛のためのディスプレイなのでしょうが、周りにいるメス達は知らん顔。

ゴルファーの皆さん、羽を広げた孔雀を見かけたら、後姿にもご注目!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年7月11日 (日)

チェリーの季節

コナでもスーパーでチェリー(いわゆるアメリカンチェリー)を見かけますが、ミシガン時代の友人からのメールには、、

「チェリーピッキングに行って来るよ~!」 う、うらやましい・・・

ミシガン州は全米一のチェリーの生産地。毎年独立記念日の週末には避暑地として人気のトラバースシティで「チェリーフェスティバル」が開催されます。

201007112

ミシガン湖よりの西部から北部にかけては沢山の果樹園があります。
初めてチェリーピッキングをしたのは友人達とPetoskeyにドライブ旅行した時。
それまでにぎやかだった面々がサクランボに夢中になり静か~になったものでした。もちろん黒っぽいアメリカンチェリーもありますが、私達は日本のサクランボに近いレイニア種ばかり摘みとっていました。美味しくて安い!そして何より楽しい!!
この時は偶然行った果樹園だったので名前も場所も忘れてしまいましたが、次の年から毎年7月にはトラバースシティから近いRennie Orchards に通いました。

http://www.rennieorchards.com/

チェリーピッキングができる期間は短く、その年の気候によって変わります。
デトロイト周辺にもチェリーピッキングができる果樹園はあるけれど、規模が小さくて早い時期に終わってしまうのでいつも行きそびれていました。

また、トラバースシティ周辺にはワイナリーが点在しています。
その中のひとつ、「Ciccone Vineyard and Winery」

http://www.cicconevineyards.com/ 

201007113

ミシガン州出身の歌手・マドンナのお父さんがオーナーのワイナリーです。

201007114

マドンナラベルのワインもありました。

ワイン好きの友人は、「お味はう~ん・・まぁまぁかな。でも話題性があるよね。」とのことでした。

ということで、話のタネに赤&白のマドンナラベルワインを買ってみました。
一緒に写っているのはミシガン産のメープルシロップとメープルバターです。

Cherry22

もう一度行きたーい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

空と海

コナの青い海が戻ってきました。

5月から6月にかけて雨が多くて空も海もグレーのすっきりとしない景色の日が続いていました。が、最近はこの通り青空と青い海です。もっとも午後からは曇ってしまうことが多いですが、、

R0011309

ラナイから ↑正面(西側)の海

R0011312

↑南方面

R0011315

↑北(カイルア湾)方面

こうして毎日海と空を眺めていると、海は空の色を映して青くなるといわれるのを実感します。

でもこの美しい眺めよりも、海原を走るボートが気になる夫。
「何が釣れているんだろう・・・?」

明日は釣りに出ます。マグロが釣れたらどうしよ~~~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

イメージチェンジ

6月初めに水漏れ修理で穴だらけになったゲストルームの壁。私達の一時帰国もあってそのままになっていましたが、やっと補修が終わりました。

201007072

ペイントは自分でしようかとも思いましたが、以前バスルームのペイントで悪戦苦闘したので、今回は素直にプロにお任せしました。普通の平らな壁でなくわざとでこぼこさせてある化粧壁だから非常にペイントしにくいのです。

窓がひとつで少し暗い部屋なので壁の色を明るめのブルーに変えてみました。

201007071

かなり感じが変わりました。が、もう少し違う色が良かったかなぁ・・・
小さな色見本で決めるのは難しいです。

数年前にデトロイトの超高級住宅地・グロスポイントにある「Edsel & Eleanor Ford House」を見学したことがあります。自動車王・ヘンリーフォードの一人息子であるエドセルの邸宅は、レイクセントクレアに面した広々とした敷地に建ち、アンティークの家具や豪華な美術品で飾られた、部屋数60を超える贅沢なお屋敷です。そしてそれぞれテーマカラーで調えられたゲストルームがあり、「イエローゲストルーム」などと呼ばれています。

で、この部屋。今日から「ブルーゲストルーム」と呼ぶことにします。
もちろんEdsel & Eleanor Ford Houseとは比べるべくもない部屋ですが、、、



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

開花宣言!

咲きました。ドラゴンフルーツの花です。

201007061

朝蕾がふくらんでいましたが、今日は釣りなのでゆっくり観察している時間はなく、とりあえず写真のみ。でもドラゴンフルーツの花は夜咲くのだから大丈夫。

201007062

ところが、夕方帰ってみると、まだ日没前で明るいのに、もう咲いているではありませんか。あ~~、花が開く様子を刻々と観察したかったのになぁ、、、

201007063

夜になると花びらが更に開いてきれい。バックが暗いと妖艶な感じがします。
私の両手を開いて合わせたくらいの大きさでとても豪華な花です。

さて、美味しいドラゴンフルーツを食べられるのはいつでしょう・・?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

Independence Day

昨日・7月4日はアメリカの独立記念日。
この日は我が家にとってもミシガンからハワイに移住した記念すべき日です。去年の7月4日、デトロイト空港を発ち、コナにやって来ました。その夜我が家のラナイから見えた独立記念日の花火が長旅の疲れを癒してくれたことを思い出します。

さて今年の独立記念日は、まず5時半からのパレード見物。

201007041

普段閑散としているアリイドライブに溢れる人・人・・・
お決まりの星条旗カラー、星条旗模様の装いや、顔に星条旗のペイントをした見物客もいます。

201007042

15分遅れてパレードの開始。日本なら予定時間ぴったりに始まるでしょうが・・・

201007043

30分ほど見物して、花火鑑賞に誘っていただいた友人のお宅に向かいます。

201007044

お招きいただいたOs家は、私の大好きなカイルア湾の風景が間近に見え、花火の打ち上げは真正面という素晴らしいロケーション。

201007045

打ち上げ音が大きく響いて迫力満点!!特等席です。
大勢(総勢11名)のためにたくさんのお料理(美味しいデザートまで)をご用意いただいてありがとうございました。

我が家は先日釣ったマグロとカツオを持参。

201007046_2

マグロの刺身と適当オリジナル料理(ちょっとカルパッチョ風)、カツオのタタキです。

2夜連続でマグロとカツオ、しかも今日のお昼は「アボカドマグロ丼」、夜は「マグロステーキ」。そしてまた明日(火)は釣りに行きます。マグロ釣れたらどうしよ~~~?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

アヒ&アク

一昨日(水)は釣りに出たものの、狙った魚(GT=ロウニンアジ)は釣れず、しかも大切な竿を壊してしまい早々に撤収。失意の中戻った港で、友人からFブイでアヒ(キハダマグロ)が釣れたと聞いて元気がでた夫、今日はアヒ狙いで出漁しました。
もちろん一昨日釣れたからといって今日もFブイにマグロがいるという保証はありません(以前同じブイに行って全くダメなことがありました)が、当てもなく行くよりは期待が持てます。

で、本日の釣果です。

R0011154

アヒ4本にアク(カツオ)が1本。どれもサイズは小ぶりですが楽しい釣りでした(夫が)。私はROSS DRESSの開店セールに行きたかったのですが、、、

明日はお客様、明後日はお呼ばれです。お出しする料理も持参するのもマグロの刺身とカツオのタタキのワンパターン。もう少し工夫ができないもの・・・?でもまぁ私が下手な味付けするよりも、新鮮な素材の味を生かして!(←便利な言葉)ということで。。

ところでこの交通標識↓

R0011152

港の入り口にあるボート用の標識です。WAKE(航跡)禁止。港内で航跡が残るようなスピードを出してはいけないということです(多分)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

パパイヤ

我が家のパパイヤを収穫しました。

R0011095

私の両手に余るほどの大きさで、朝食に半分ずつ食べたらこれでお腹が大きくなるくらい。ストロベリーパパイヤには負けますが、お味も上々です。

R0011098

パパイヤは半分に切ってライムを絞って食べるのが一般的ですが、以前にお邪魔したお宅ではリリコイ(パッションフルーツ)をのせて出してくださり、リリコイの酸味がパパイヤを一層美味しくしていました。ちなみにパパイヤもリリコイも庭で収穫されたものでした。

パパイアの色素にはビタミンA(抗酸化作用があるので脳梗塞や心筋梗塞予防などに効果あり)として働くカロテノイドが多く含まれており、特にがん予防に効果があるといわれるβクリプトキサンチン(温州みかんにも多い)が豊富。さらに葉酸(血を作るビタミン)やビタミンC、マグネシウム(糖尿病や骨粗しょう症の予防)も多く含まれているそうです。

なんて優れものなんだろう、パパイヤ!毎日食べま~す!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »