« ボルケーノ | トップページ | Big Island Grill »

2010年5月12日 (水)

マウナケア登頂

5月11日登って来ました、マウナケア山頂。

今回はちゃんとお弁当を持参(といっても手抜きでワイメアのYONG'S KAL-BI で調達、ここのカルビが好きなので・・)ビジターセンターで身体慣らしの休憩を兼ねてゆっくりといただきました。

午後5時20分ビジターセンターを出発。マウナロアがきれいに見えています。
この道は4WD車でないと通行できません。

201005111

スバル天文台の入り口まで行ってみました。

201005112

スバル見学(要予約)もしてみたいのですが、この日の目的は、そうです、先日果たせなかったマウナケアの山頂に登ること。

201005113

駐車場から山頂までは滑りやすい砂利道。ゆっくり、ゆっくりと歩きます。

201005114

4205メートルの山頂で記念撮影。以前写真で見た祭壇はありませんでした。

201005115

シンダーコーン(墳丘)とカルデラ、そして雲海。雄大な風景です。

201005116

そろそろ夕陽を見に天文台まで戻りましょう。ゆっくり、ゆっくりと・・

201005117

前回よりはちょっとうまく撮れたかな・・・?

さて、ハワイといえど4000メートルを越える山の上はダウンジャケットが必要な寒さです。ところが、いましたよ~半そで半ズボンのいでたちの人が。周りの人たちが面白がって写真を撮るものだから(もちろん私も撮らせてもらいました)調子に乗ってTシャツを脱いで上半身裸になってしまいました。

201005118

さすがアメリカ人!と思って「アラスカから来たの~?」と冗談で聞くと、「いやいや、ドイツから。」だって。厳格なイメージのドイツ人にもお茶目な人がいるのですね。
人気者にはなれますが、皆さん真似はしないで下さいね!

私達は夕陽が沈むとすぐ、まだ明るさが残っているうちに山を下り始めます。ガードレールもない砂利道を下るのは神経を遣うもの。といっても運転は夫任せで、私は横で「コワイ」と言っているだけ。また、サドルロードはよく霧が出て夜間の運転は特に要注意。帰りが遅くなることもあってとても疲れます。もちろん運転手の夫はもっと疲れます。

それでも何度行っても感動のあるマウナケア。夕陽と星の観察がセットになったツァーは一押しのお勧めです。

さて、私のマウナケアでの次なる野望は・・
スバルの見学、雪のマウナケア、そして雲海にではなく海に沈む夕陽を見ること。いつか実現させたいものです。

|

« ボルケーノ | トップページ | Big Island Grill »

コメント

すごいでしょ~~~。
山頂に登って行く写真を見るとほんとに富士山みたいですね。
って、私も富士山の頂上に登ったことないけど(笑)
ハワイ島にはすごい所がいっぱいあるんですよ~!

投稿: Midori | 2010年5月14日 (金) 20時09分

うほ〜〜、すごいところですね〜〜〜。
富士山の頂上みたい(←頂上に行ったことないけど)。
ハワイなのにダウンジャケットって、不思議・・。

投稿: ダヤヤン | 2010年5月14日 (金) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1244596/34675842

この記事へのトラックバック一覧です: マウナケア登頂:

« ボルケーノ | トップページ | Big Island Grill »