« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

果てしなき闘い

このところ雨の多いコナ、芝生も植物達もいきいきとしています。
毎日葉水をかけているかいあって、我が家のプルメリアはきれいな花を咲かせています。

201005311

ホワイトフライもいないようだし、葉もこのとおり完璧、、、

201005312

と思っていたら、発見!

201005313

この白い斑点のようになった葉はハダニがいる証拠!
葉に寄生して汁を吸うため、葉緑素が抜けて白く変色するのです。ハダニはクモの仲間だそうで、英語ではスパイダーマイト(Spider mite)といいます。
ハダニを知らなかった頃は、なぜ葉が白くなってしまうのだろうと不思議に思っているうちに大発生してしまったのですが、今回はすぐに被害のある葉の裏表を拭き、一枚一枚しっかりと水をかけました。

201005314

ゴミのように見える茶色い点々がハダニの正体です。やっかいなのは、0.5ミリと非常に小さいため、老眼夫婦にはほとんど肉眼では見えず、葉の変色被害が出て初めてハダニの発生に気付くことです。

さてこのハダニ、雌は交尾しなくても産卵することができ、この場合はすべて雄が生まれます。交尾をした場合は受精卵は雌となり、無精卵は雄となるそうです。つまり雌のハダニが一匹いれば、どんどん増えていくということです。しかもクモの仲間だけあって、糸を出して風に乗って移動するので防ぎようもありません。水には弱いのですが、雨やホースの水がかかりにくい重なり合った葉などがあるとすぐに寄生しています。
小さいけれど、なかなか悪賢い強敵なのだ。
はぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

釣り&ライトハウス

朝寝坊の私が今朝は4時起きしました。一日のなんて長いこと!

最近はトローリングでオノ(カマスサワラ)を釣ることを目標に掲げている夫は、何度か挑戦しているものの(といってもいつも1~2時間だけ)未だ釣果無し。で、早朝なら釣れるかも・・と今日は5時前に家を出てまだ暗いうちに港へ行きました。
しかし今日もオノは釣れず、食べられないカンパチのみ。本来底釣りの好きな夫は何時間もトローリングを続けることはできず、すぐにあきらめて方向転換してしまうのです。
釣り師の女房としてはボートの手伝いはいつでもしますが、どうぞ4時起きだけはご勘弁下さいまし。。

こうして忍耐と寛容の精神で夫の釣りに付き合う私ですが、ミシガンにいた頃も週末になると魚を求めて湖巡りをしたものです。ヒューロン湖、オンタリオ湖、ミシガン湖、エリー湖、スペリオル湖と五大湖は全て制覇。ヒューロン湖とスペリオル湖は一周ドライブもしました。

中でもミシガン湖には釣り場を探して何度も何度も通いました。

Dsc00011

ドライブのお供、いえ、主役の竿です。我が家では「お竿さま」と呼んでいます。

P1010427

お気に入りのビューポイント。ミシガン州は平坦な地形が多いので、こうして湖を見下ろせる場所は少ないのです。M-22を北上して、Arcadiaという町を過ぎた辺りだったと思います。普通は北に向かう場合インターステイトのフリーウェイを使いますが、何しろ我が家は常に釣り場を探す旅なので、湖沿いのマイナーな道を走ります。何度も通った懐かしい風景です。

P1010479

ミシガンの数少ない観光地「Sleeping Bear Dunes National Lakeshore」

P1010472

コナの海に負けない雄大な眺めです。

そして、釣り場探しをしていて偶然めぐり合ったライトハウス。

2010052912

ミシガン州は全長3288マイルの湖岸線を有し、124のライトハウスがあります(私の読んだ本には124とありましたが、実際にはもっと多いかも?)。個性的で可愛いライトハウス巡りをするのが私の楽しみになっていました。

そういえば、ミシガンを離れる際に手作りしたカードの表紙にライトハウスの写真(右上)を使ったところ、かなり多くの友人から「Midoriさんのハワイの家はライトハウスみたいね。」と勘違いされました(^-^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

バードバス

玄関脇に小さな噴水があります。

201005281

夜になってライトアップされるとちょっと幻想的ないい雰囲気です。

201005284

石がひび割れだらけになって横から水がじゃんじゃん漏れていたのを、夫が苦労して直しました。上から溢れた水が下のコンクリート部分にたまって循環させています。

この噴水、恰好のバードバスになっています。そ~っと見てみると、、、

201005282

ね、可愛い小鳥達が

201005283

気持ち良さそうに水浴びしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

マルチ

昨日のマンゴーとアボカドの木を鉢に植え込みました。

201005256

植え付けの際の注意事項の中にマルチ(根覆い)をするようにとありました。しかし我が家は鉢植えだし、肥料の配合された新しい土を使ったので必要ないと思い使いませんでしたが、地植えする場合には根を保護し、生長促進にもいいようです。このマルチ、コナでは無料で手に入るのをご存知ですか?

先日紹介したコナのゴミ捨て場「Kealakehe Transfer Station」には植物ゴミを捨てる場所があります。

201005253

この植物ゴミを乾燥、粉砕してマルチとしてリサイクルしているのです。
気候のいいハワイでは植物の育ち方が違います。わさわさ伸びる枝を整えるだけでも大変。ゴミだって半端じゃありません。でもこうして土に還しているのだと思うと安心です。

201005254

欲しいだけ持って行っていいよ~とのことで、少し臭いがありますが、それがまた植物へのいい栄養になるのかも知れません。

ところで書き忘れていましたが、夫の熱は日曜日(23日)の朝には下がり、すっかり元気になりました。今日はゴルフでリハビリ。でもスコアを見る限りではまだ全快していないのかも・・?ということにしておきましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

アボカド&マンゴー

我が家のニューフェイス達。

201005252_2

アボカドと

201005251

マンゴーの木です。マンゴーは小さいながらも既に実がついています。

去年の夏、食べて美味しかったマンゴーの種を植えてみるとしっかり芽を出して育っていますが、実をつけるまでには6~7年かかる上、種を取り出した果実と同じように美味しい実がなるかどうかわからないそうです。

ホームデポで買ったこの苗木は接木によるものなので、果実の美味しさは保証付き。となれば買わずにはいられません。

実は我が家のサブデビではアボカドやマンゴーのように大木に育つ木を植えてはいけない決まりがあります。なので、鉢植えにして剪定しながら小さく育てようと思います。小さく育てて、しかも美味しい果実が沢山収穫できるようになるのか・・・?ちょっと不安ではありますが。

ところで、コナに住むようになってアボカドもマンゴーもすごく沢山の種類があることを知りました。例えばアボカド。

P1110337

ケアウホウのファーマーズマーケットで撮ったポスターの写真ですが、これによると、今回買ったKAHALUUはシェフのお気に入りナンバーワン!だそうです。早く食べてみたいなぁ。。。

マンゴーは、HAYDENとGOLDEN GLOWの2種類が置いてあったのですが、私が買った苗木には名前がついていませんでした。でも、果実がついているのはこれだけだったので、欲張りな私は迷わず選び、店員さんに「このマンゴーの種類わかりますか?」と聞きました。
すると、「わからないけど、私ならHAYDENでもGOLDEN GLOWでも気にしないわ~。マンゴーはマンゴーよ!美味しいわよ~」だそうです。ハワイ島らしいお答えでした。

明日鉢に植え込みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

我が家の菜園

分けていただいたニラや、スーパーで買ったグリーンオニオンの根を少し長めに残して植えたり、ミズナの種を撒いたりと、コンテナでちょっとした野菜を育てています。

201005221

小さな小さな菜園ですが、今夜はネギ(納豆)、パセリ(スープ)、ミズナ(おひたし)を使いました。

いつも言っていますが、コナは気候がいいので植物が元気に育ちます。
そしてこれもいつも言っていますが、気候のいいコナでは害虫も大量に発生します。

201005222

<ホワイトフライ>

これまでにも庭の花木にさんざん被害を与えてきた私の大敵。日本では温室コナジラミと呼ばれ、その名の通り温室内や夏に発生するようですが、ハワイでは一年を通じて活動しています。が、やはり5月になってより活発に発生するようになった感じがします。

私は引越し以来ず~っとホワイトフライと戦い続けています。薬剤は撒かず、ひたすら葉の裏側に水をかけるか、一枚一枚布で拭き取ります。
それでもそこらじゅうに飛んでいますcrying

201005224_3

<ハモグリバエ>

2~3㎜の小さなハエの幼虫が葉の内側に潜り、トンネル状に葉の内部組織を食い進みます。食害痕が絵を描いたようになるので、エカキムシとも呼ばれるそうです。エカキムシなんて聞くと、何だか可愛い虫のようなイメージですが、あ~~~、私の大好きなミズナが・・・

対策としては一日に何度もチェックして、食害にあった部分を切り捨てています。

201005223 これは・・・
アブラムシの仲間?

ミズナの葉の裏側にあっという間に大量発生していました。でも隣のコンテナは今のところ無事なのです。
やはり水をかけるか、布で拭き取っていますが、次の日にはまた集団でいます。いったいどこからやって来るのやら、、、

コナで野菜を育てるのは害虫との闘いなのだ!

もうくじけそう・・・

夫はずいぶん気分がよくなりましたが、まだ37度の微熱があるので今日も一日ベッドでおとなしく過ごしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

冷凍庫

ホームデポで買った冷凍庫が届きました。

201005212

アメリカではよくガレージに予備の冷蔵庫や冷凍庫を置いてありますが、我が家でも前のオーナーが古い冷蔵庫を置いてあったので、夫が釣り用に使っています。が、フリーザー部分が小さいので大きなフリーザーを買いたいとずっと言っていて、やっと望みが叶いました。ガレージに仲良く並んだ冷蔵庫と冷凍庫(右)です。

コスコでは同じフリーザーが50ドルくらい安かったのですが、デリバリーをしてもらえません。有料のデリバリーサービスくらいあってもいいのに・・・アメリカ人は大きなトラックを持っているので自分で運ぶのでしょうが、私達にはとても無理です。
が、ホームデポに行ってみると大型家電は無料配達とのこと。ならば50ドルの違いは配達料と思ってホームデポで購入しました。

R0010110

釣りのエサ、釣り用の製氷、釣った魚の冷凍などで大活躍することでしょう。

釣行の前日はせっせとコマセ(撒餌)作り。冷凍いわしの頭と骨をとって一生懸命に叩きます。エサに撒くのだから丁寧に頭や骨をとらなくてもいいのでは?と思いますが、コマセかごからうまく出すためなのだそうです。
でも手間をかけただけ、そのコマセで思い通りに釣れると一層うれしいようです。

R0010111

いわし団子にして食べたいくらいですが、、、

ともあれ、真新しい冷凍庫が臭~~~くなるのも時間の問題。

ところで夫は朝から38度5分の熱があって一日寝込みました。夜9時過ぎに汗を沢山かいて着替えをした後、少し下がって37度5分。明日は元気になってまた釣りの準備でも始めて欲しいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

ポロル渓谷

週に一度は「ディスカバー・ビッグアイランド」(ハワイ島の知らない場所を探訪しようというプロジェクト)←釣り&ゴルフ三昧の日々を過ごす夫が家族(つまり私)サービスのために自ら提唱したものだが、、、週に一度???まぁ毎週は無理でも時々は思い出して下さいよ~sad

というわけで、昨日はポロル渓谷へ。いつものことながら当日の朝急に決まってバタバタ出発。水と雨具の準備をして、お弁当は途中で調達します。
展望台まではこれまでにも4~5回行きましたが、今回はトレイルを下ってビーチまで行くのが目的で、心配なのはお天気。ハワイ島北部は雨が多く、滑りやすい赤土のトレイルらしいのだが、とりあえず行ってみなければわからない。ハワイ島は場所と時間によって天候ががらっと変わるので予測は難しいのです。

201005191

コハラコーストからはマウイ島ハレアカラが見えて快適なドライブ。

201005192

そして270号を走り続けると、周辺の乾燥した褐色の景色が急に緑濃い瑞々しい景色に変わります。
「まるでスイスとか北海道みたい~」←スイスも北海道も行ったことなし・・・

R0010374

駐車場はスペースが少なく、いっぱいだったので手前の路肩に駐車しました。

201005196

これまではここから眺めただけでしたが、ハイキング開始です。天気も上々!

201005193_2

下って行くと、ポロル渓谷海岸線の絶景が間近に現れます。

201005194

渓谷の奥の眺めも素晴らしい。

201005197

景色を眺めたり、写真を撮ったりゆっくり歩いて約20分でビーチに到着。

201005198

この辺りで 流木に腰掛けてお弁当タイム。
波が荒くて釣りはできないなとつぶやく夫。いい岩場でもあればリピート間違いなしだったのですが残念でした。

201005195

帰りは何度か休みながら30分くらいで駐車場まで戻りました。
きつい登りですが距離が短く、風と程々の日陰があってそれほど大変ではありませんでした。ただ、滑りやすいトレイルなので、雨の後などはかなり注意が必要と思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

鯉のぼり

腰痛がなくなったので、長らく休んでいたウォーキングを再開。今日でまだ5日目ですが、サポーターなしで1時間半歩いても大丈夫。しっかり鍛えてグリーンサンドビーチにそなえなくては・・・というよりも、運動不足で摂取カロリーが消費カロリーを上回る毎日を過ごしている間に容赦なく増加した体重の方が切実な問題です。2キロ痩せるのはとっても大変なのに、いつの間にか2キロ簡単に太るのは何故?

家の周辺は坂道が多く、なるべく平坦なルートを選んで歩くのでいつも同じような散歩道になりますが、毎日何か違う小さな発見があるものです。

そして道を1本遠回りしてみた今日、椰子の木の間に見えるのは、、、

201005161

屋根よりた~か~い こいのぼり~♪ではありませんか。

201005162

柏餅もちまきも食べず、何となく過ぎてしまった端午の節句ですが、息子達が小さかった頃に飾った鯉のぼり(ベランダ用の小さなものでしたが)や五月人形を懐かしく思い出しました。そうそう、菖蒲湯の香りも懐かしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

ハワイでシマウマ!?

コナから南に向かって走っていると、ミロリイを過ぎた辺りで、、、

エッ、シマウマ???何でこんな所に?

最初は思いがけない光景を目にしてあっけにとられている間に走りすぎてしまい、写真を撮れずにいましたが、先日のサウスポイント行きの際にやっとじっくりと観察。

201005092

この美しい縞模様はまさしくシマウマ。あなたはどこから来たの?
ロバさん達と一緒にエサを食べている姿は家畜のようにも見えますが。。
柵にはコナコーヒーファームの看板があったので、客寄せのためでしょうか?
確かにインパクトありですね、ハワイで道端にシマウマを見かけたら・・・

201005094

そして奥の方にはこんな立派な角を持った動物もいました。

ハイウェイ11号の海側。Milolii Rd.を過ぎて少し走った辺りでしたが、マイルマーカーを確認し忘れました。

そのうち道端で象やキリンを発見するかも・・・??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

Big Island Grill

「ロコモコが食べてみたい。」と言う息子とビッグ・アイランド・グリルでランチ。
201005131

ロコモコはご飯にハンバーグ、目玉焼きをのせてグレービーソースをかけたローカルフードですが、ご飯にグレービーソースをかけるというのがどう考えても苦手な私は食わず嫌いを決め込んでいます。

201005132

ファミリーレストランのようなカジュアルな雰囲気の店内には招き猫がずらり・・・
評判が良くてお値段も手頃、ロコにも人気のレストランです。

そして噂にたがわずボリュームたっぷりのロコモコ登場。
目玉焼きはサニーサイドアップかオーバーイージーか選べます。

201005133

ふた口ほど味見してみると、、、うん、思っていたよりも美味しい。
でもふた口だけだから良かったのかも?きっとこのグレービーソースをたっぷりと食べたら私にはしつこく感じたでしょう。

昔は“ヤセの大食い”だったけど、最近は“痩せ”の部分がなくなった息子。
もちろん難なく完食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

マウナケア登頂

5月11日登って来ました、マウナケア山頂。

今回はちゃんとお弁当を持参(といっても手抜きでワイメアのYONG'S KAL-BI で調達、ここのカルビが好きなので・・)ビジターセンターで身体慣らしの休憩を兼ねてゆっくりといただきました。

午後5時20分ビジターセンターを出発。マウナロアがきれいに見えています。
この道は4WD車でないと通行できません。

201005111

スバル天文台の入り口まで行ってみました。

201005112

スバル見学(要予約)もしてみたいのですが、この日の目的は、そうです、先日果たせなかったマウナケアの山頂に登ること。

201005113

駐車場から山頂までは滑りやすい砂利道。ゆっくり、ゆっくりと歩きます。

201005114

4205メートルの山頂で記念撮影。以前写真で見た祭壇はありませんでした。

201005115

シンダーコーン(墳丘)とカルデラ、そして雲海。雄大な風景です。

201005116

そろそろ夕陽を見に天文台まで戻りましょう。ゆっくり、ゆっくりと・・

201005117

前回よりはちょっとうまく撮れたかな・・・?

さて、ハワイといえど4000メートルを越える山の上はダウンジャケットが必要な寒さです。ところが、いましたよ~半そで半ズボンのいでたちの人が。周りの人たちが面白がって写真を撮るものだから(もちろん私も撮らせてもらいました)調子に乗ってTシャツを脱いで上半身裸になってしまいました。

201005118

さすがアメリカ人!と思って「アラスカから来たの~?」と冗談で聞くと、「いやいや、ドイツから。」だって。厳格なイメージのドイツ人にもお茶目な人がいるのですね。
人気者にはなれますが、皆さん真似はしないで下さいね!

私達は夕陽が沈むとすぐ、まだ明るさが残っているうちに山を下り始めます。ガードレールもない砂利道を下るのは神経を遣うもの。といっても運転は夫任せで、私は横で「コワイ」と言っているだけ。また、サドルロードはよく霧が出て夜間の運転は特に要注意。帰りが遅くなることもあってとても疲れます。もちろん運転手の夫はもっと疲れます。

それでも何度行っても感動のあるマウナケア。夕陽と星の観察がセットになったツァーは一押しのお勧めです。

さて、私のマウナケアでの次なる野望は・・
スバルの見学、雪のマウナケア、そして雲海にではなく海に沈む夕陽を見ること。いつか実現させたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

ボルケーノ

昨日はサウスポイントとボルケーノまで遠出しました。

今回のドライブの一番の目的地は以前から行きたいと思っていた「グリーンサンドビーチ」。
サウスポイントまでは何度も行ったことがありますが、グリーンサンドビーチはそこから片道1時間あまり歩いてやっと到達する、秘境とも幻のビーチとも言われるビーチです。調べてみると4WDの車ならアクセス可能との情報がありますが、ほとんどの方は歩いて行かれるようで、車で行くのは無謀との意見が圧倒的でした。しかし私はまだ腰痛が治ったばかりなので、往復2時間以上の歩きは無理。

でもとにかく行ってみよう、夫の車は4WDだし何とかなるかも・・と甘い考えで出発。

が、グリーンサンドビーチへの駐車場から海に向かう辺りですでにかなりの悪路。はりきっていた私だが、ここですでに不安になる。夫は慎重にルートを選びながら海辺まで行き、地元の人に「この車で行ける?」と聞くと「大丈夫。」 

頑張って岩がごつごつした小高い丘を越えて少し走ったものの、車の底を擦る嫌な音に、あっさりと撤収。

R0010165

車で戻って来た人によると3回底を擦ったと笑っていました。

腰痛の心配が無くなったら、歩いてグリーンサンドビーチを訪れることにします。

その後ボルケーノナショナルパークへ。お天気が悪くてかなり寒い。
ビジターセンターに寄ると、暗くなってからハレマウマウ火口の噴煙が赤く染まるのが見えるとのこと。

日没まではまだまだ時間があるので、ヒロに行って夕食を済ませ、再びボルケーノナショナルパークに戻りました。

201005093

↑昼間の火口の様子。夜になると・・・

201005091

ライトアップしたようにほのかに輝いて見えます。

R0010173

ん~、周りの景色が全くわからないのでイマイチ迫力がありません(←写真の腕?)

ボルケーノから自宅までは約2時間半。くねくねカーブの山道があるので私は夜道の運転はしたくありません。今回は運転交代要員(息子)がいたので安心。

途中見上げた空には満天の星の煌き。グリーンサンドビーチは次回の楽しみになったけれど、ハワイ島の自然を感じた一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

マラサダ&コナコーヒー

久しぶりにワイピオ渓谷までドライブ。今日はマウイ島は見えませんが、何度見ても雄大な海岸線です。

201005074

途中ホノカアの TEX Drive In で名物のマラサダを食べました。

201005073

何と言うことのない「揚げパン」なのですが、揚げたてをいただくととっても美味しい!
ワイピオに行く時には必ず立ち寄ります。

家に帰ると、コナコーヒーのプレゼントが届きました。

201005071

こんなに沢山。
母の日のカードがついていますが、いえいえ、息子からではありません。

贈り主は・・・

201005072

お散歩でよく会うヘンリー君。飼い主さんはコナコーヒーの会社にお勤めだそうです。

大好きなヘンリー君ですが、いつも会うとなでなでするだけで、私はおやつのひとつもプレゼントしたことがないのに・・・
カードに書かれた「素敵な母の日を ヘンリーより」 うれしい心遣いをありがとう!

| | コメント (0)

2010年5月 6日 (木)

ナメクジ退治

このところ雨の多いコナです。

ガイドブックなどにはハワイの雨季は冬と書いてありますが、コナ在住の友人によると、オアフ島では冬期だけれど、ハワイ島は5~6月の頃が雨季のようだとか。確かに最近は青空の見える日は滅多にありません。

先日コナには珍しく一日中雨が降った日、新しく作ったラナイの屋根から雨漏りしているのを発見。早速補修に来て応急措置を施してくれましたが、何度もコーティングするため、完了は今週土曜日になるそうです。

R0010115

さて、雨が多くて喜んでいるのは庭のナメクジ達。多いんですよ~、これが。一匹のナメクジは年間に300粒もの卵を産むそうです。

ご近所のお宅ではナメクジ被害で庭のグランドカバー植物が全滅したことがあるほど。

我が家でもよく見かけるので以前何度かこの殺虫剤で退治しましたが、しばらく忘れていたので昨夜久しぶりに庭の湿りやすい場所にまいておきました。

効果は的面!
朝には大量のナメクジの死骸が。

そしてはるばるミシガンからやって来た息子の初仕事はナメクジの死骸処理。

201005061

数えてみると、何と87匹!虫との闘いは止まることがありません。

| | コメント (4)

2010年5月 4日 (火)

Kealakehe Transfer Station

腰の具合がだいぶよくなり、今日は久々にゴミを捨てに行きました。

ハワイ島では市によるゴミ収集システムはなく、民間のゴミ収集会社に依頼するか、自分でゴミ捨て場まで行くことになります。我が家は自分で捨てに行っています。

コナのゴミ捨て場「Kealakehe Transfer Station」はホノコハウハーバーのすぐ近くなので、毎日のように港に行く夫には通り道。でも今日はゴミ捨て担当の夫がゴルフのため、私が買い物のついでに寄ったわけです。

R0010053

みんな大きなトラックにいっぱい、まるで引越し?と思うほどの大量のゴミを持ち込んでいます。リサイクルゴミ捨て場が別にありますが、あまりきちんと分別せずに捨てる人も見かけます。

トタン(?)囲いの中にゴミを投げ入れると・・

R0010054

下で待ち受ける大きなコンテナの中に。
そしてこのゴミはワイコロアの山側にある埋め立て場まで運ばれるそうです。
ビッグアイランドと呼ばれるハワイ島ですが、こうして大量のゴミを埋め立て続けていくとどうなるのか・・・
処分の仕方、ゴミを減らす努力、さまざまなことを考えさせられる風景です。

こちらはリサイクルコーナー↓

R0010055

ダンボールをショベルカーで集めて圧縮機械の中へ。出てくるとこの通り。

R0010057

ビンやペットボトルは隣に。

R0010056

ビールや清涼飲料水の缶は、そばにある小屋(?)に持っていくと5セント返してもらえます。「HI5¢」と表示してある飲み物は購入時に5セントのデポジットが課金されています。これはミシガンでも同じで、ミシガンではどこのスーパーにも缶を返却する機械が設置されていて便利でした。

ところで、うっかり者の私はゴミを投げ入れる際、いつも何か大切なもの(バッグや財布etc・・)を一緒に捨ててしまわないかと心配でなりません┐(´д`)┌ヤレヤレ

さて、明日は息子が来るのでしばらくの間我が家は三人家族となります。

| | コメント (2)

2010年5月 3日 (月)

アーミッシュの村で

寝室の窓のそばに植えられた木、とても香りのいい白い花が咲きます。

P1110325

木にかけてある赤い小鳥の巣箱は、ミシガン時代にペンシルバニア州から引っ越して来た方からいただいたもので、アーミッシュの手作りです。

コナの陽射しにさらされて、今ではこんなに色あせてしまいました。

P1140755

この可愛い巣箱を作ったアーミッシュとは、宗教的戒律を守り、電話、テレビ、コンピューターなどの電気製品を使わず昔ながらの生活を送る人々です。ペンシルバニア州・ランカスターを中心に、今では全米20州以上に住んでいるそうです。

私はランカスターと、オハイオ、インディアナのアーミッシュ村にも行きましたが、いずれも美しく広がる田園風景が印象的でした。一部観光地化されたにぎやかな場所もありますが、田園地帯を走ってみないとアーミッシュの人々の暮らしに触れることはできません。

Amish41

ペンシルヴァニア・ダッチとよばれる古いドイツ語を話し、家族で農業を営み、地域の人達で助け合って家を建て、昔ながらの伝統と戒律を守りながら質素を良しとしてひっそりと生活を営む人々。風車があり、洗濯物が風に翻っている家があれば、そこはアーミッシュの住まい。白や黒、青などの無地でシンプルな衣類は特徴的ですぐにわかります。またアーミッシュの作る家具やキルトは全て手作りで素晴らしいものです。

交通手段は車を使わず、バギーと呼ばれる馬車。

Amish1

そしてアーミッシュを日本でも有名にしたのがハリソン・フォード主演の映画『刑事ジョン・ブック 目撃者』

Amish2

ここは映画の中でジョン・ブックが電話をかけるシーンが撮影された店です。
ちょっと古い映画ですが、まだご覧になっていない方はぜひ。お勧めです。

アーミッシュの人々は現代文明と距離を保ちながら、今もなお300年前の暮らしを守り続けています。ここでは時間がゆったりと過ぎていくようです。

| | コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

腰痛

ちょうど一週間前の日曜日(4月25日)、夫の釣りに付き合って港に帰り、後片付けをしていると腰痛がひどくなってきました。

R0010080_2

その日釣ったOpel(ムロアジ)。
新鮮で程よい大きさ、美味しそうですが、これは食べるためでなく、釣りのエサ用。

2日後、このムロアジでKwさんがカンパチを釣り上げました。
カンパチ釣りの詳しい様子は夫の釣り日誌に書いてあります。

さて、腰痛です。

10年程前にひどい腰痛で何日も寝込んだことがあり、以来なるべく腰に負担のないよう気をつけてはいたのですが、最近はちょっと油断していました。

ボートの操縦時は波でボートがかなり揺れるし、イスがぐらぐらして安定が悪く、しかも釣りをしている時には釣り糸の状態を見ていなければならないので無理な姿勢を続けることが多い。これまでも腰に負担がかかっているのを感じてはいたのですが、、、
その夜は寝返りもうてないほどの痛さに眠れず、翌日からベッドの上で過ごす日々が始まりました。

10年前の腰痛の際は病院に通い、レントゲン検査もしましたが結局原因ははっきりとせず、湿布をもらっただけだったので、今回は病院に行かず湿布を貼ってひたすら安静(得意)に。最初の3日間はほぼ寝たきり状態、その後痛みは軽くなりましたが、ソファやイスに座ると痛くなるので、横になっているか立っているかという日が続きました。そして昨日腰に巻くサポーターのようなものを買って来て締めてみるととても楽で、やっとイスに座っていられるようになりました。
普段は特に考えることもないけれど、せきやくしゃみをしただけで飛び上がるような痛み。腰って負担に耐えて(私の重い体重を支えて)頑張ってるんだなぁ・・・と。

ところで、生来の怠け者ですから寝ていることはあまり苦にならない・・と思っていましたが、何日も寝ているのはさすがに疲れました。
でも、ちょうど先日の帰国の際に友人が録ってくれたビデオが大活躍。「相棒Season8」、「松本清朝シリーズ」、韓流ドラマ。一日に10時間以上見たと思います。ビデオをもらった時にはあまり見る時間がないんだけど・・などと言いましたが、よくぞ録ってくれました。ありがとうね!
そして合間には読書。東野圭吾の「新参者」、村上春樹の「1Q84」BOOK1~BOOK3と一気に4冊読みました。が、ハードカバーは寝て読むのには向きませんね。腕が疲れて読みにくい。

こうして私が寝ている間にも我が家のバナナは熟れて、夫が収穫。

201005022

これまでは1本に9房でした(実際にはバナナの実はもっと沢山ついていますが、それ以外のは生長しないまま)が、今回は12房もありました。そして1房には12本~16本のバナナが実っているのです。

そしてもちろん夫は私が腰痛で寝ている間も釣りに行き、4月27日にはカツオや大きなアオチビキを釣って来て、タタキ&刺身にしました。
昨日はこんなカラフルな魚達。見た目よりもず~っと美味しいです。煮付け、フライ、塩焼き、干物etc...

201005021

あぁ、たまには肉が食べたい!

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »