« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月23日 (金)

マウナケア

最近釣りに行くぞ~と言い出すのは当日になってからというパターンになった(と言ってもまだ一回だけ)。今朝も4時半に起きていそいそと釣り道具をいじっている様子を見て、私も少しだけ早起きしてみたけれど、今日は準備だけとのこと。

そして庭仕事の後、急に「午後から久しぶりにディスカバーハワイ島しようか?」と言い出しました。いつも文句ひとつ言わず(?)釣りに付き合う私(妻の鑑!←自分で言う)に対してちょっと点数を稼いでおこうという魂胆見え見えだけど、せっかくの提案なので前から行きたいと思っていたマウナ・ケアに行くことに。いつものことながら計画性なし!

マウナケア山頂で夕日を見て、星を観察するツァーには既に2回参加しています。4205メートルの山頂までは途中未舗装道路もあり、レンタカーは保険適用外という危険を伴う道路です。いろいろと不安があり、これまで行けなかったのですが、自分の車で行ったことのある人に聞くと、4WDの車なら気をつけて運転すれば大丈夫とのこと。では防寒着と水、おやつを持っていざ出発!

標高2800メートルのビジターセンターで高地順応のためゆっくり休憩していると、続々とツァー会社の車がやって来ます。日本人ツァーが断然多くて、皆さん美味しそうなお弁当を食べていました。しまった、おやつだけじゃなくてお弁当を持って来るべきでした。サンセットと星の観察で帰りは夜遅くなるのです。
しかたなく「うめ塩飴」をなめながらツァーの方達よりひと足お先に登頂ドライブ開始。高山病予防のために水分をこまめにとりながら、動作はゆっくり(決して走ってはいけません)、呼吸はなるべく深くゆっくりと。

R0010014

まずは日本の誇るスバル天文台を間近に見上げて、サンセットポイントへ。

R0010024

我が家のホンダパイロット、重いボートも牽引するし、マウナケアにも登ります。
ハワイでダウンコート姿。ミシガンよりも寒かったです。ハワイに来て初めて車の暖房をつけました。

R0010028

新しいカメラなので夕陽がきれいに撮れません。

R0010034

これも・・weep きっと上手く撮る方法があるのでしょうが、、、

R0010020

ところで、マウナケアの山頂は、夕日を見る場所から歩いて15分ほどの所にあります。これまでツァーでは時間の余裕がなくて登れなかったので、今日こそ!と思って早めにビジターセンターを出たのですが、途中寄り道や写真撮影をしているうちにサンセットまで時間がなくなってしまいました。次回の楽しみに!

ビジターセンターでは、大型の天体望遠鏡を使って星の観察をさせてくれます。
土星の輪、月のクレーターがはっきりと見えて感動しました。

| | コメント (0)

2010年4月20日 (火)

日本にて ***いろいろ***

普段から不眠症の私は時差ぼけがきつくて、日本―デトロイトを往復していた頃には解消されるまでいつもきっちり一週間かかっていました。
それに比べるとハワイはかなり楽に感じますが、それでもやはり復活までには4~5日かかるようです。というわけで昨日、今日は買い物にも行かずひきこもり生活。でも一人で過ごすのはわりと好きなので苦になりません。(←ちょっと暗い?)

さて、夫の胃カメラ検査の結果がでて、胃のポリープは悪性(癌)ではないということでした。慢性胃炎(以前から時々胃が重いと言っていました)とピロリ菌が認められたので、治療することに。本人はいたって元気だし、悪性のものではないだろうと話してはいたものの、お気楽な私でもさすがにちょっと心配していました。あ~、心配して損した!(と言えてホントに良かった!)
実は数年前にミシガンで健康診断を受けた際に二人ともピロリ菌がいて、私は薬で退治したのですが、夫はその「ピロリ菌」という名前のイメージと、40歳以上では約70%が持っているといわれることから、放っておいてもたいしたことないだろうとたかをくくっていたのです。が、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんなど胃を中心としたいろいろな病気の発生や進行に関係している細菌です。皆さん、きちんと退治しましょうね!

Rimg0007

楽しみにしていた桜は、満開を少し過ぎた頃で、はらはらと散る花びらが風に舞い、とても風情がありました。散り際が一番美しいというのは本当ですね。
自宅マンションの隣にある桜並木ではお花見のお弁当を広げる家族がいっぱい。しまった、ここでお昼を食べれば良かった~cherryblossom

ところで久しぶりの我が家には水槽がいっぱい。

前回帰国した時には二つの水槽でヒメダカを飼っていた長男、今回はその他にも

Rimg0061

コリドラス中心の熱帯魚の水槽

201004193

小さなエビ(赤と白の縞々)とタニシの水槽

201004192

そしてこれはテッポウウオの水槽。口から水鉄砲を発射して、水面上の葉に止まった昆虫を撃ち落として食べるという特技の持ち主です。時々同じ水槽にいる地味~なエビを狙い、エビはジャンプして逃げています。がんばれ、エビ!から水鉄砲を発射して、虫を撃ち落す名手口から水鉄砲を発射して、虫を撃ち落す名手

| | コメント (3)

2010年4月18日 (日)

日本にて ***富士山***

時差ぼけで寝不足のまま今日は一日釣り。疲れました~!

「Deep 7 Bottomfish」と呼ばれる7種類の魚は、乱獲を防ぐために政府によって保護されており、毎年Fishing Year(9月1日から翌年8月31日まで)中にハワイ全体で漁獲する限度量が決められています。そして年の途中でもその数量に達すると禁漁となるのです。
例年は6月末頃に禁漁になることが多いのですが、今年は4月20日までとの通知が来ていました。日本から戻ってその通知を読んだ夫は「明日と明後日は釣りに行くぞ!」
実はこのDeep 7 Bottomfish、夫はまだ1匹も釣ったことがないのです。でも結局今日も釣れず、さすがに寝不足での釣りは疲れたようで、明日の釣りは中止に。ほっ(^-^;

さて、多摩川沿いの東京の我が家からは富士山が見えます。

Rimg00011

先日はうすぼんやりとしていましたが・・・

P1030075

冬のお天気がいい日にはこんなにくっきりと(ズーム無し)。
丹沢山系(多分)に遮られて頭の部分しか見えませんが、それでも美しく存在感のある富士山。

日本に帰ると温泉に行くのが楽しみのひとつ。今回は富士山を眺めに河口湖に行ってきました。

河口湖畔に建ち並ぶホテルは、場所によっては窓からの眺めが富士山側と湖側に分かれています。せっかくだから湖越しに富士山が見えるホテルを探して選んだのが「湖山亭うぶや」。全室から富士山と河口湖が一望できます。

Rimg0041

部屋からも

Rimg0033

レストランからも

Rimg0032

そしてお風呂からの眺めも素晴らしい!!

あまりにきれいなのでしつこいけどもう1枚。

Rimg0035

到着日は雨、残念ながら富士山は全く見えませんでした。

それだけに、翌朝カーテンを開けてこの姿を目にした時の感動は格別。

この日は久保田一竹美術館に寄った後、河口湖駅前からバスで五合目に行きました。夫は初めて、私は40年ぶり。

Rimg0052

5合目から見るとこんなに大きな富士山です。迫力満点!

おまけに以前東京から徳島に帰る飛行機の窓から見えた富士山。

201004171

富士山が見えるととても得した気分になります。

| | コメント (5)

2010年4月17日 (土)

日本にて ***再会***

今回の一時帰国の主な目的は、運転免許証の更新と人間ドック&歯科検診。

免許証の更新は、住所変更も含めて無事完了。私のは期限前で特例のため有効期限が一年短くなってしまいましたが仕方ありません。

人間ドックは時差ぼけが少し解消する頃を見計らってインターネットで予約しておきました。何か悪いところが見つかると嫌だから・・と健康診断が大嫌いな(←健康診断の意義を全く無視している)夫は、ミシガン滞在中の7年間に2回しか受けていません。実は私もミシガンで受けた胃バリウム検査でひどい目にあい、以来アメリカでは健康診断を受けていません。
でも年をとるとどこかしら痛みや気になることが出てくるもので、一度受けておこうということになりました。

血液検査などの詳しい結果は後日郵送されますが、当日お医者様から夫に再検査の指示があり、数日後に胃カメラとCT検査をして来ました。念のために日程に余裕を持たせておいて正解でした。そして2ヵ月後にもう一度再検査した方がいいとのことで、6月にまた一時帰国することになりそう。が、6月はマグロ釣りのシーズンだからと渋っている夫です。身体と釣りとどっちが大事なの!pout(迷わず釣りと言いそうだし)

さて、一時帰国しても友人に会う時間がとれないことが多いのですが、今回は久しぶりに待ち合わせたり家を訪ねたりしました。

2年半ぶりの再会となったミシガン時代の友人・Jさんを訪ねて辻堂へ。
横浜を過ぎると緑が多くなって小旅行気分でした。

2年半ぶりに再会したのはJさんだけではなく・・・

Rimg0055

ミシガンで保護されてS家にやって来たAbbyさん。お久しぶり~!
ほっぺに少し白髪が出てきたね。でも相変わらずのお利口さんです。

そして日本に帰ってから家族になったゆずちゃん。はじめまして!

Rimg0059

過酷な環境から保護されて、心優しいS家に迎えられました。持病のてんかん発作のため今はリハビリ中です。シェルティですが、表情がどことなくボルゾイに似ていると思います。高貴なイメージはそのせいか??

S家にやってくる前にゆずちゃんがいた預かりボランティアさんのブログには保護犬のことが詳しく書かれています。
新しくやって来た保護犬との出会いについて書かれたこのページをぜひごらん下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/wushiushi/59906111.html

| | コメント (0)

2010年4月16日 (金)

ただいま!

4月の日本は冬の寒さでした。しかも合間の何日か天気のいい日は、春を通り越していきなり初夏の汗ばむ陽気。気温が10度以上も上下する日々に、一年を通して温暖なコナの気候のありがたさを改めて感じました。

帰宅早々に水遣りをしていると、留守中にはびこった雑草が目に付いたので、草抜きを始めたところ、、、

Rimg0001

グランドカバーに植えたランタナの花の間に生えているのは・・
これ、プチトマト?
ランタナの苗を植えた時に土に種が混じっていたのでしょうか?でもランタナを植えたのはもう半年以上も前だし・・??いったいどこから来たのやら、不思議です。

Rimg0005

パパイヤも留守の間にぐんと大きくなっていました。

Rimg0003

前回写真を撮った時には私のこぶしほどもなかったのが、こんなに立派になりました。黄色く熟してくるのが楽しみです。

そして一時帰国の直前に分けていただいたニラ。すぐに餃子に使ってしまったのでこんなしょぼしょぼの姿になっていたのですが・・・

Img_5366

程よい日当たりとスプリンクラーの水が届く場所に置いたところ、こんなに育っていました。この調子なら2週間に一度は新鮮なニラが食べられる??

Img_5382

わざわざいい土に植え替えて分けて下さったOhさんは、いつも植物達にたっぷりの愛情をそそいで(あ、もちろん奥様にも!!?)コナ滞在中は庭の手入れに余念がありません。

私も大切に育てます。もう返しませんよ!

| | コメント (2)

2010年4月 4日 (日)

クロトン

玄関脇の植え込みのクロトン。5ドルくらいで買った小さな苗でしたが、すくすくと育っています。

Img_5376

南国らしい雰囲気のカラフルな葉色。花を飾るときに一枚頂戴しました。

Img_5368

花はすぐにしぼむけれど(ハイビスカスは一日だけ咲いて、夕方にはしぼみます)クロトンの葉は元気なのでず~っと飾っています。毎日の水替えも必要なく、葉っぱ1枚だけでも存在感ありの優れもの。

今日水を替えようとしたら、、、

Img_5374

なんとしっかりと根を生やしていました。恐るべし、南国植物!

クロトンは葉っぱ一枚で増やせるってこと?でももう植える場所がありませんが・・・
しばらくはこのまま楽しみましょう。

さて、明日から日本に帰るのでブログはしばらくお休みします。
健康診断は憂鬱(病気が見つかるのが怖い小心者です)だけど、桜に何とか間に合いそう・・・かな。

| | コメント (0)

2010年4月 3日 (土)

我が家のコナスノー

昨年引っ越して来てまもなく、庭にコーヒーの木を植えました。

しかしコーヒー農園の多いコナコーヒーベルト地帯に比べて標高が低い我が家はコーヒー栽培にはあまり適していないようで、すぐに葉が茶色に変色したり落ちてしまったり、元気がありません。水遣りに気を配り、肥料を施したりしても一向に回復せず、庭で育てたコーヒー豆を収穫することはあきらめていました。

が、昨日も水遣りをしていた夫が、「コーヒーの花がさいているぞ~!」

Img_5337

こんな枯れかけたようなしょぼい木ですが、、

Img_5328

しっかりと花をつけていました。

我が家のコナスノー。

豆が収穫できたらコーヒー一杯分くらい入れられるかな♪

そしてバナナ。

Img_5327

昨日また収穫しました。3月に入って3度目の収穫です。
一回につき100本以上のバナナ。
しかも月曜日から一時帰国なのに・・・
それに大のバナナ好きの友人ももうすぐに帰国だし・・・

どうぞ月に1回ずつゆっくりと熟れて下さいな。

ところで明後日に一時帰国を控えて、まだ荷物の準備を全くしていない我が家です。
明日は頑張るぞ~!でも夫はゴルフ、終わってから港です。まぁミシガン時代は帰国当日にも釣りに行っていた人ですから。。

| | コメント (0)

2010年4月 2日 (金)

チャイナペイント

昨日書いたように、チャイナペイントの教室はお休みが多かったので、友人達と自主練と称して週に一度集まっていました。

201004026

場所は我が家のダイニングルーム。おぉ懐かしい~!

201004021

家での練習では実用的なマグやカップ&ソーサーなどによく描きましたが、丸みのある面に描くのは難しいです。

201004022

その点タイルは描きやすくて好き。

これはミシガンの州鳥・ロビンとチェリーを組み合わせて自分でデザインを考えてみました。(ミシガンは全米有数のチェリーの産地です)

花やフルーツがほとんどで、鳥を描くのは珍しいのですが、ミシガンの自然をこよなく愛する友人に。

以前の作品を見るのは恥ずかしいものですが、よく頑張ってたなぁ~と懐かしくもあります。といっても今も下手なのですが・・・

ペイントで集まっても、描いている時間とティータイムでおしゃべりしている時間とどちらが長いか?というくらいだったような、、、

そして友人と一緒にやって来たわんこ達。

201004024

いつも終わるまできちんとおとなしく待っていたアビーさん。こんなにお利口なわんちゃんはそうそうお目にかかれません。

201004025

赤ちゃんの時からやって来ていたちゃこちゃん。おとなしくしてるな・・・と思うと、家具やカーペットをかじかじ、全く油断のならないいたずらっこ。結局ペイント中はリードに繋がれていることが多かったね~。今はレディになっているのか??

201004023

ミニチュアピンシャーのティノちゃんは、身体こそちゃこちゃんより小さいけれど人生(犬生)の大先輩。でも天真爛漫(よく言えば)にアタックしてくるちゃこちゃんが大の苦手。こうしてお母さんのひざに乗っている時だけが平和なの、、、もうこんな所に来るのは嫌だ~~~!と思っていたかも・・・?

| | コメント (5)

2010年4月 1日 (木)

カルチャープログラム

ボートがエンジン点検中のため、今週は文化的な生活を送る日々です。

ケアウホウビーチリゾートホテルでは、以前からカヒコやアウアナのフラレッスンがあります(前に見学とちょこっと参加させていただきました)が、最近カルチャープログラムの一環として、ビギナーズフラのレッスンが受けられます。ホテル滞在者だけでなく、一般にも開放されていて誰でも参加できるうれしい企画です。初心者のためですから、基本のステップを丁寧に教えてもらえて私にはぴったり。フラ以外にもレイメイキングやウクレレのレッスンなど多彩なプログラムです。
興味のある方はこちら↓をご覧下さい。

http://www.outrigger.com/documents/brochures/kbr_cultural_program_011110.pdf

2ページ目に曜日・時間など詳細な情報があります。

ゆったりとしたイメージのフラですが、実はステップは結構ハード。でも潮風に吹かれながら素敵な時間が過ごせますよ。
ホテルの前庭にはハンモック。

Img_5348

こんな所でお昼寝するのはさぞかし気持ちがいいことでしょう。

そして家にいる時間にはチャイナペイント。やっと再開しました。

201004011

小さな机ですが、ここならいつも出しっぱなしにしておけるので描きたい時にすぐ始められます。

201004012

こんな感じで描いています。1回目は薄く描いて焼成し、2回目に濃い部分を描いたり影をつけたりしていきます。作品によっては何度も描いて焼成することがあります。
今描いている作品はまだ一回しか焼いていないので完成までにはもう少し時間がかかります。

201004013

これはミシガンでBarbaraに習っていた時の作品
「ダブルバイオレット」
日本ではセントポーリアと呼ばれますね。

先生のデザインはどれも素敵ですが、特に金彩は素晴らしいです。

でも残念ながら金彩が苦手な私はいつも手抜きばかり、いい生徒ではありませんでした(^-^;

201004014

同じくBarbaraに習った
「ポピー」

いつも先生のひと筆にどんなに助けていただいたことか・・・

もっともっとBarbaraの教室に通いたかった。

セミナーで全米、時には世界中を回っていたBarbaraは忙しくてお休みも多かったので、中古のキルンを買い、家で友人と一緒に自主練をしていました。
その様子はまた明日!!!

それにしても釣りの助手で海に出る(大変で疲れる!)のに比べると、趣味に生きるのはなんて優雅で楽しい毎日でしょう!

| | コメント (3)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »