« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月30日 (火)

ウォータータワー

ミシガンでよく見かけて、ハワイ島では見ないもの「ウォータータワー」

201003301

給水をするためには水圧が必要です。平坦で高い場所の無いミシガンでは、給水のための水圧を確保するために各市町村や工場、ショッピングモールなどにはウォータータワーがあります。形はキノコ型が多く、球形や円筒形などもあり、また町や会社の名前、可愛いデザインが描かれているものも。

私のお気に入りのひとつ、デトロイト動物園のウォータータワー。

P1040560

ちなみにこの動物園の一番人気は・・

P1040515

ガラスのトンネルから見上げる白熊たち。悠々と泳いでいます。
水族館や動物園の好きな私たちは何度も訪れました。

ところでハワイ島ではウォータータワーは見かけませんが・・・

201003303

時々こんなウォータータンクを見ます。ウォーターキャッチメントと呼ばれる、雨水を貯めるためのタンクです。上下水道の完備していない地区や古いお宅では、このタンクに貯めた雨水をろ過浄水して生活用水として利用しているのです。雨が少ない時には当然水不足で困ったことになりますが、ウォーターデリバーサービスなんていうのもあるようです。

ミシガンでアパートにいた時、よく停電になりました。普通はごく狭い範囲の停電で、水は使えたのですが、ブラックアウト(ニューヨークから中西部にかけての大規模な停電)の時には、ウォータータワーに揚水するためのモーターが止まって何日も断水になり、本当に困りました。

生活に欠かせない大切な水。
「限りある資源」という言葉を忘れがちな今日この頃でした。

| | コメント (0)

2010年3月29日 (月)

コナ・スノー

2月から5月にかけて、コーヒーの花が咲きます。

Img_5318

甘い香りの純白の花は、まるでコーヒーの木の枝に降り積もった粉雪のように見えることから「コナスノー」と呼ばれます。

Img_5311

この美しい花はわずか2~3日で散ってしまうそうです。

Img_5303

コナに降り積もった春の雪、何とも素敵な光景。

201003293

こちらは本物の雪が木々に降り積もったミシガンの冬景色。

P1060301

そしてフリージングレインで凍った木の枝。

そんなミシガンも間もなく木々が芽吹く季節ですね。

| | コメント (2)

2010年3月28日 (日)

マンゴー

ハワイ島では庭に果物の木を植えてある家がとても多い。そして林の中や道端にも野生のマンゴーやパパイヤ、アボカドの木を見かけます。

ホルアロアを走っていると、道端に車を止めてマンゴーを拾っている人を発見。私達も仲間入りしました。先日あるお宅で拾ってきたというマンゴーをいただきましたが、とても美味しかったのです。

Img_5320

草むらをかき分けてマンゴーを探す夫。大きな木がマンゴーの木。
写真ではわかりませんが、沢山のマンゴーが実っています。

そして本日の収穫は・・・

Img_5326

お店に並んでいるマンゴーに比べるとずいぶんと小ぶりですが、甘みは抜群!
自然の恵みに感謝ヽ(´▽`)/

話には聞いていましたが、こんなに美味しいマンゴーが拾えるなんて驚きです。これから車で走る度に道路の両側をチェックしたりして・・・
でも脇見運転には注意!ですね。

それにしても最近食べ物の話題が多いな。。。

| | コメント (0)

2010年3月27日 (土)

ザボン

朝の散歩中、すれ違った人が手にしているのは大きなアボカド。
しかも両手に。どこかで拾ったのかしら?それとも頂き物?
私達も美味しいコナのアボカドを探して、おしゃべりしながらも道端や家々の庭を注意深く見ながら歩きました(←怪しい日本人ふたり)。

残念ながらアボカドは見つかりませんでしたが、とあるお宅にあった大きな柑橘系の実。あれは何でしょうね、と話しているところに出てきた家主さんは、偶然にも友人の知り合いでした。

Img_5290

その正体は“ザボン”
もうほとんど収穫しちゃったのよと言いながら、大きな実を一個もいでくれました。

Img_5291

ザボン=ボンタン=ブンタン=ポメロ
お店ではいろんな名前で見かける果物ですが、私にとってはお隣の高知県の名産である「土佐文旦」が馴染みがあります。
でも土佐文旦はもっとまん丸な形だったように思いますが・・・

皮が厚くて、果皮の白い部分を砂糖漬けにしたザボン漬けも有名です。
もぎたてよりも少しおいた方が甘みがあるそうなので、さていつ頃いただきましょうか。
思いがけないうれしい収穫でした。

| | コメント (4)

2010年3月24日 (水)

今日もまた

今日も行きました。海です。釣りです。疲れました~。

相変わらずトローリングでは何も釣れず、ボトムフィッシングで今夜のおかずを確保。
沢山釣れましたが、小さい魚やモンガラ系はリリース、アカヒメジとイシフエダイ、ヨスジフエダイを持ち帰りました。
クーラーを開けると、、、まるで魚屋さんの店先のよう。

201003241

全て白身の魚で、イシフエダイ、ヨスジフエダイは仮にも名前に“タイ”とつくのだからお刺身で美味しく食べられるのではないかと、少しずつ食べ比べてみました。

まずまずの味。が・・・違いはよくわかりませんでした。
料理人さま、白身のお刺身はもう少し薄造りにしてくださ~い!

201003242

コナ空港の沖合いに浮かぶカンパチの養殖場です。

ハワイのカンパチはシガテラ毒を保有しているので食べられないと聞いていたのに、以前ミシガンのお寿司屋さんで「ハワイ産カンパチ」と書いてあるのを見てびっくり。養殖カンパチだったのですね。養殖物はシガテラ毒のないエサを与えているので安全です。

さて、来週ボートはエンジンの点検です。それまでにもう一回行けるかな・・・

| | コメント (2)

2010年3月23日 (火)

海に消えた魚

釣りに行くと私はアヒ(キハダマグロ)、オノ(カマスサワラ)、アク(カツオ)などが釣れるのを期待しています。昨日は残念ながらそれらの魚は姿も見えませんでしたが、ボトムフィッシングでカラフルな、しかも美味しそうな魚が結構釣れました。

201003232

小さめの魚はいつも港で会う方に差し上げて、この2匹をさばくことに。

キツネベラ(上)とアカヒメジ(下)です。この大きさなら釣りにご一緒したTさんと分けても夕飯のおかずになりそう♪

201003233

まずは大きなアカヒメジのウロコ取り。ボートにウロコが飛び散るのを嫌がって、船べりで作業を始めた夫。そろそろウロコ取りが終わり・・という時、手が滑って魚は海の中に!!!

あ~~、今夜のおかずが~~~!

あっと言う間に海底に沈んでしまいました。仕方ありません、キツネベラだけをTさんと半分こしました。夕飯のおかずにはとても足りませんが、これは初めて釣った魚だったので味見だけしてみようということで。

悲しくボートを洗っていると、友人から電話があってレストランで夕食のお誘い。もちろん二つ返事で行くことにしました。

そしてキツネベラは今日煮付けにして夕飯のおかずに。美味しかったです。

ところで、海を漂うナゾの物体。

201003231

椰子の実でした。
どこか遠い国からやって来たのか、それともハワイ島を離れて遙か彼方に流れて行くのでしょうか・・・

| | コメント (2)

2010年3月21日 (日)

C-ブイ

木曜日に続き金曜日も海に出たため、土、日はすっかりお疲れモードでだらだらと過ごしておりました。(いつものこと?)
あ、だらだら過ごしたのは私だけで、土曜日テニス(午後は港で一仕事)、今日はゴルフと疲れ知らずの夫です。

金曜日はV V-ブイよりも更に南にあるC-ブイへ。

201003193

前日(木曜日)にはC-ブイ周辺で小型のアヒ(キハダマグロ)が沢山釣れたとの情報。同行してくれたイアン君によると、ポンド当り2ドルで売れるそうです。やっと釣れた魚を売って漁師生活デビューか?10ポンドのアヒを10匹釣れば200ドル!新しい燃料タンクはガソリンを満タンにすると320ドル、せめてガソリン代くらいは稼げるといいな・・などと私はせっせと獲らぬ狸の皮算用。

が、この日のC-ブイには魚影は無く、到着時に5~6隻いたボートもじきに姿が無くなりました。

私達も場所を移動してナベタ釣りに変更しましたが、カラフルなヨスジフエダイなど磯でもお馴染みの魚が釣れたのみでした。
イルカ、クジラに加えてマンタまで見えたので、私としては満足だったのですが、夫の漁師デビューはまだ遠いようです。

朝、出港した時にはベタ凪だった海が、、

Img_5118

お昼過ぎには風が強くなり、波も立ってきました。

Img_5188

もちろん早々に退散しました。

そしてまた明日(月)も行きます。

もうすぐ日本に帰るというのに、私はますます真っ黒に。
そういえば、日焼けして黒くなることを徳島では“こげる”と言います。「よう焦げたなぁ。」と言う感じで。
東京で勤めていた頃、完璧な標準語(←ちょっとアヤシイ)を話していたつもりでしたが、日焼けしたことを焦げたといって大笑いされたことがありました。でも海辺の町の夏の日差しの強さは「焦げる」という感じそのものなんですけどね~。

| | コメント (2)

2010年3月18日 (木)

誕生!

ボートの慣らし運転は本日無事に完了。あわよくば釣りも・・・とちょこっと竿を出しましたが、こちらは不首尾に終わりました。

港から向かったのはV V buoy(ブイブイブイ)。

201003183

ハワイ島周辺の海には、目印や気象観測(津波も含めて)などのために何ヶ所かブイが備えられていて、魚が集まるいい魚場となることもあります。このV V は、我が家からまっすぐ沖合いを眺めると見えるブイです。

沢山のイルカや、最近あまり見かけなくなったクジラもいて楽しかった・・・と言いたいところですが、不眠ぎみの私は昨夜はほとんど眠れず睡眠不足のうえ、酔い止めの薬を忘れて少し気分が悪くなってしまいました。
朝8時出港、波が出てきたので昼過ぎには戻ったのですが(しかも魚も釣れてないのに)すっかり疲れきってへとへと。それでも後片付けをして、ボートを洗って、、、あ~、ますますへとへとです。

シャワーを浴びて昼寝でもしたいけど、今日はちょっと忙しい。

Img_5077

実は朝、ゲッコーが1匹孵化していたのですが、お弁当を作って早く港に行かなければならないのでゆっくり観察する時間はありませんでした。まだ生まれたばかりだったようで、顔の部分には卵の殻がのっていました。

取り急ぎ写真だけ撮って後ろ髪をひかれるような思いで家を出たのです。

それにしても孵化の瞬間が見たかった~!残念です。

Img_51121

帰ってから改めて観察すると、、この卵から生まれたにしてはずいぶん大きい。もしかしたら卵二つ分に一匹が入っていたの?でも、よく見ると二つの卵は中で繋がっていないし、それぞれの卵に割れた後があります。

空気穴から逃げたとは考えられないし、ということは、多分このゲッコーがもう一匹を食べてしまったのではないかと思われます。そういえばお腹のあたりがずいぶんと膨れているし。。

201003185

←大きなゲッコーがチビゲッコーを食べるところは見たことがありますが、生まれてすぐに厳しい生存競争が待っているのですね。

孵化したゲッコーは近所の空き地に放してやりました。元気に育ってくれるでしょうか。

| | コメント (6)

2010年3月17日 (水)

A-ベイ

友人とワイコロアビーチまでちょっと遠出。
お昼はクイーンズマーケットプレイスのIsland Gourmet Marketsでお弁当を買いました。どこかでいい景色を眺めながら食べましょう!

ということで、クイーンズマーケットプレイスからすぐ近くのA-ベイ・正式名称はAnaehoomalu Bay (アナエホオマル・ベイ)に行ってみました。

Img_5072

涼しい木陰に腰をおろしてお弁当タイム。
こじんまりとしたビーチですが、シャワーやトイレの設備があり、ウオーキングトレイルもあります。
またビーチ手前にある、椰子の木が並ぶフィッシュポンド越しに見る夕景はガイドブックやカレンダー等によく使われる美しい景色です。

ところで夕方KTAに買い物に行くという夫に同行してみると・・・

Img_5074

アジ、エビ、冷凍イカ、、、

夕飯のおかずではなく、明日の釣りのエサです。
さて、明日のおかずは何が釣れるでしょう???

| | コメント (2)

2010年3月16日 (火)

COSTCO

エンジンの取替えが完了して、昨日はエンジン屋さんも一緒にボートの試運転、快調に走りひと安心。あと2時間は慣らし運転をするようにとのことで、今日は二人で海に出る予定でした。目的は慣らし運転ですが、せっかく海に出るならもちろん釣りを兼ねて。

ところが港に行ってみると風が強いし、波も高そう・・・デッキハンドの私は頼りないどころか足手まといになるくらいだし、新米キャプテンもまだまだ未熟な操縦ぶりです。
こんな時は無理をせずに「勇気ある(?)撤退」

せっかく作ったお弁当、潮風に吹かれてボートの上で食べました。

201003165

海の上で食べるおにぎりは最高!(手が黒い・・)

201003166

釣りに出なくたってボートではやることがいっぱいある夫。魚が釣れた時に備えてフィッシュタンクの大掃除です。このフィッシュタンク、入りきらないほどの大きな魚が沢山釣れたらもっと大きく改造する予定。そんな日がくるといいね。

帰りにコスコ(会員制の大量販売型スーパー)に寄って買い物。

安くて新鮮な野菜が豊富だったミシガン。5月になると、アスパラ畑の直売所が開きます。その日に収穫したアスパラを買いに来た人達がいつも行列を作っています。

201003162

にょきにょきと青空に向かって伸びるアスパラ。

201003164

ポンド単位でも買えるし、「1ドル分下さい!」でもいいのです。

201003163

これは確か2ドル也。本当に美味しいアスパラでした。

ハワイ島ではアスパラは高いし、新鮮なものはなかなか手に入りません。
グリーンオニオンなど5倍の値段がついていて、ミシガンから来た友人を呆れさせました。

でも、ミシガンよりも新鮮で安く買えるものもあります。

201003161

例えばこの立派なエリンギ。(やっぱり手が黒い・・、)3ポンド(1ポンド=約454グラム)入りで15.99ドル。ミシガンの某日本食材店では小ぶりなのが3本くらいで5.99ドルくらいでした(よね?)。ハワイ島で栽培されているので新鮮!
今日は買わなかったけれど、日本のきゅうりや茄子もミシガンよりも断然安く買えます(でも日本の茄子やきゅうりとはやっぱり違いますが・・)。
また、後ろに写っているパイナップルは甘みがあって美味しい「マウイゴールド」
まるごと一個2.99ドル。パパイヤは5個入りで4.99ドル。野菜や果物はなるべくハワイ産のものを買うようにしています。

まとめ買いは苦手だし、コスコの商品は二人暮らしには大量過ぎるのが難点ですが、物価の高いハワイ島では心強い味方。ガソリンもここが一番安いです。

そういえば先日息子に電話したら、ミシガンは既に夏時間(Daylight Saving Time)になったそうな。もう夏なのか?ミシガンは・・・

| | コメント (0)

2010年3月15日 (月)

散歩道で・・

一時帰国のためのコナ―成田の航空券、インターネットではどうしても途中でエラーになってしまうので、結局電話予約しました。電話では同じクレジットカードが問題なく使えるのに何故???

人間ドックに歯科検診、免許証の書き換え・・・やるべきことはいっぱいあるけれど、一番時間がかかるのはいつも“掃除”。息子よ、もっときれいに住んでおくれ~!
免許証は前回の書き換え時からは東京の住所が変わっているので、住民票のない私たちは公共料金の領収書でも持って行くのか??ま、今回は日程に少し余裕を持たせたので帰ってから問い合わせれば大丈夫でしょう。

そうそう、壊れたカメラを買い直さなくてはなりません。こういう物は日本で買うのが安心!友人が二人デジタル一眼レフに買い換えてから、私も欲しいなぁ~~~と、密かにカメラが壊れるのを待ち望んでいたほどでしたが、いざとなると、私にはデジイチは使いこなせないかも・・・いや、絶対に使いこなせない!と言い切れます(悲しいけど)
「価格.com」のクチコミなどで情報収集していると、あまりにも選択肢が多すぎて自分がどんなカメラを必要としているのか絞りきれません。てまぁそんなに大それた買い物ではないのですが、、、

ところで昨日散歩道で出会った七面鳥。

201003133

私達を威嚇しているのか、身体をふくらませて、これで尾の部分が立っていたらキッチン用品のお店で売っているターキー型のポットそのもの。

201003131

そして馬。我が家から歩いて2~3分の空き地にいます。他にも茶色の馬が2頭いました。

201003132

さらに牛。歩いて15分程の建築中のごく普通の家の庭にいます。

確かにコナは田舎です。が、我が家の周辺はれっきとした住宅街・・・のはずですが?
ともあれ、散歩を楽しくしてくれる動物達ではあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

お宅拝見

森の中をトレッキング・・・ではありません。ここはあるお宅の敷地内。

201003143

この先には素晴らしいログハウスが完成間近。でも今日は写真掲載の了承を得ていないのでいつか機会があれば紹介したいと思います。初めてお邪魔して、初対面のご主人に写真載せていいですか?と聞けなかったシャイな私です。

広い敷地にはロバ、山羊、ウサギ、鶏、オウムにインコとミニ動物園状態。

そして昨日焙煎したばかりの薫り高いコナコーヒーと庭のもぎたてフルーツでもてなしていただきました。

201003141

これは何でしょう?

201003142

ほ~ら、このように高い木の上のパパイヤ、オレンジなどを収穫する道具です。夫が初めてのパパイヤ収穫に挑戦中。木で十分に熟れたパパイヤの美味しいこと!
パパイヤ、マンゴー、バナナ、アボカド、オレンジ、リリコイ(パッションフルーツ)、コーヒーの木、竹林があったので多分竹の子も・・?

ご家族も動物達も本当にのびのびと暮らしています。

ハワイ島暮らし、奥が深い!!!

| | コメント (0)

2010年3月13日 (土)

一時帰国

先週総領事館のヒロ出張サービスで申請したパスポートは昨日コナで無事受け取り、これであと10年は安心です。今年は4月~6月にかけて私のパスポート、夫と私の運転免許証の期限がくるので更新のため一時帰国する予定でいました。

パスポートの更新は済んだし、免許証は海外にいる場合更新手続きが遅れても大丈夫なので(多分?)急いで帰る必要もないかな・・・と迷っていましたが、健康診断も兼ねて、やはり帰ることにしました。

せっかく帰るなら桜の季節!ということで4月上旬に決定。

Tokyo_011

東京のマンションは多摩川沿いにあり、桜並木の遊歩道は散歩コースです。

Tokyo_014

ベランダからもこのように見事な桜並木の眺め。

でも春に一時帰国することは多いのですが、その年によって開花時季が違うし、「花の命は短くて・・」の言葉通りすぐに散ってしまうので、満開の桜が見られることはめったにありません。

これは2008年の写真です。

今年もこんな風景が見られるといいのですが・・・

で、今回は初めて日本航空(JALウェイズ)の直行便を使ってみようと思い、インターネットで予約しようとしたところ、何度試みてもクレジットカード情報を入れたページでエラーになって進めませんweep

問い合わせのメールを出しても、「インターネット予約は正常に作動しており、異常は報告されていない」との返事。

仕方がない、電話で予約するしかないかな・・・?
でも、電話予約は一人20ドルの手数料がかかるのです。夫は40ドルくらいと笑いますが、納得しかねる私はこの数日毎日インターネット予約に挑戦し続けています。
ところが今日は今まであった最安料金が無くなっていました。といっても数百円の違いではありますが、、、なんだかなぁ・・

| | コメント (2)

2010年3月12日 (金)

シロアリ検査

ハワイ島ではシロアリ被害が多いことは以前にも書きました。我が家でも引越し早々に家具(ナイトスタンド)が被害にあっていたし、ボートも2月にシロアリ駆除をしてもらいました。

201003121

ボートは被害があちこちに広がっていたのでテントをかけての消毒でしたが、家具は処分して、ペストコントロール会社の人が検査、他にはシロアリはいないという結果でした。そして3ヶ月ごとに検査に来てくれることになっていたのですが、その後連絡無し。私達も気にはなっていましたがそのままに・・・

そこでボートのシロアリ駆除の担当者(釣り好きだったので夫はすぐに仲良くなりました)に家の検査をお願いすることに。が、ハワイのシロアリ業者はこのご時世でも忙しいようで、3週間後の今日、やっと検査に来てくれました。

家具が被害にあったのはドライウッドターマイト、名前の通り乾いた木材を好むシロアリです。もっと要注意なのはグラウンドターマイトだそうで、地下にコロニーを造り、被害が大きくなることが多いそうです。

検査の結果、シロアリ被害はありませんでしたが、3ヶ月毎にペストコントロールに来てもらうことにしました。何しろ虫にとっても楽園のハワイですから、シロアリ以外にもゴキブリ、蟻、ムカデなどが出没するのです。

担当のオジサンは3時半に来て、6時過ぎに帰りました。仕事は1時間足らず、後はず~っと釣りの話で盛り上がって・・・┐(´д`)┌ヤレヤレ

ところで、シロアリという名前から蟻の仲間だと思いがち(まさに私はそう思っていました)ですが、実はゴキブリと共通の祖先を持っているそうです。蟻はハチ目、シロアリはゴキブリ目。へえ~~~!

そしてシロアリを含め、昆虫はすべて「匹」でなく「頭」と数えるそうです。
へえ~~~!!!

| | コメント (0)

2010年3月10日 (水)

ティーリーフ

ハワイではティの木は神事にも使われる神聖な植物であり、また厄除け、幸福をもたらす木として家の周囲や玄関によく植えられています。

葉はハワイの伝統料理・ラウラウ(豚肉や魚をタロイモの葉で包み、それをティーリーフでくるんで蒸し焼きにする)などの料理にも使われるのでスーパーマーケットで売られています。食卓でもプレイスマットやお皿代わりに使えて、さりげなくお皿の上に敷くとお料理がぐんと引き立って見えるという優れもの。

レイの素材にも使われるし、フラ・スカートも作ります。さらには薬用としての用途もあるなど、とにかく古代からハワイアンの生活になくてはならない植物・ティ。

我が家の玄関や庭にも赤いティーの木がたくさん植えられています。

Img_4976

トロピカルムードたっぷりの鮮やかなティーリーフ。

でも私はしなやかで明るいグリーンのティーリーフを植えたいと思っていました。で、朝のウォーキングの際に友人に話したところ、沢山あるので分けて下さるとのこと。うれしい!早速お邪魔していただいてきました。

ちょうど庭のお手入れ中だったご主人が、立派に伸びたティーの木を指して、「これどう?」
いえいえ、そんなに大きな木はいただけません・・・
が、幹の部分をこんなふうに切ってしばらく水につけておき、芽がでてきたら植えるといいのだそうです。

Img_4973

おおっ、1本の木が3本に!!!
よ~し、私も大きく育てていっぱい増やそうっと。沢山幸福がやってくるようにね。

そして切り落とした葉も少しいただきました。

Img_4969

そう、この瑞々しいグリーンのティリーフが大好きなのですよ。

| | コメント (3)

2010年3月 9日 (火)

バナナ日記 その10 ~収穫編~

去年の9月~10月にかけて、苞が出てバナナが成長する様子を書きました(バナナ日記その7~その9)が、そのバナナがやっと収穫に至りました。花芽の発生から収穫までは約3ヶ月とのことだったので、12月下旬頃かな・・と思っていたのですが2ヶ月以上も遅れました。冬になって気温が低いせいか、成長ぶりがとても遅いバナナ達です。

Img_4936

今回は庭側に房が下がっていたため、比較的楽に収穫することができました。こうして逆さに吊るして追熟させます。早いものは2~3日で食べ頃になりそう。あっと言う間に熟れ過ぎるので要注意です。
それにしても、あとに続く4つのバナナはいずれも収穫に苦戦しそうだな~

| | コメント (2)

2010年3月 7日 (日)

経過報告・パパイヤ

初めて花を見つけてから2ヶ月あまり、パパイヤは成長を続けて私の身長を越えました。

201003071

最初のうちは花や小さな実がぽっきり折れて落ちてしまってがっかりしたものです。虫のせい?それとも風か?と思っていましたが、パパイヤの育て方を調べてみると、
「果実は多くが小さい内に自然に落ちます。これは余計な水分や養分をとられないための生理現象で生理落果といいます。それでも多く付いているような場合は適宜果実を摘み取り、成らせる数を調整します。」とありました。なるほど、、、

そして今はこの通り。

201003072

まだ私のこぶしほどの大きさもありませんが着々と実を結んでいます。
美味しいパパイヤが食べられるのはいつのことでしょう・・・

201003073

こちらは散歩で見つけたご近所のパパイヤ。

鈴なりのパパイヤはよく見かけますが、これほど見事に実っているのは初めて見ました。
パパイヤはよく食べるけれど、二人暮らしには一日一個で十分。この木1本で、ざっと見ても100日分以上はありそうです。

我が家のパパイヤは矮星品種なのでこれほど沢山実ることはありえませんが(地面にくっついてしまいそう)、1本の木で実際に何個食べられるか数えてみたいと思っています。(←多分無理。忘れるから・・・)

| | コメント (0)

2010年3月 6日 (土)

Gecko & ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

プールには時々虫が落ちてあがいていることがあります。

201003061

おや、今日も何か落ちてるな・・・と思ったら、

201003062

ゲッコーが泳いでいました。

落ちてしまったのか、自分から入ったのかわかりませんが、なかなか上手い泳ぎっぷりです。

コスタリカ・トルトゥゲーロの熱帯雨林で水の上を走るトカゲ「バシリスク」を見たことがあります。すごい勢いで足を回転させていました。
現地のガイドさんは「ジーザス・クライスト・リザード」と呼んでいました。イエス・キリストが湖を歩いた奇跡からこう呼ばれるそうです。

ぼってり太ったゲッコー達は水の上を走るという奇跡は起こせそうもありません。

そういえば、先日ヒルトン・ワイコロア・ビレッジに行った時のこと。

201003064

ネコ VS トカゲ の戦いです。猫はトカゲにちょっかいを出して遊んでいる感じでしたが、トカゲの方は喉を膨らませて必死で威嚇していました。この後歩行者に気を取られたネコの隙を見て、トカゲは危機を脱出しましたが、どうやら猫はまだ諦めていなかったようでした。無事に逃げられたかな~?

ヒルトン・ワイコロア・ビレッジはいかにもリゾートホテルらしい雰囲気で日本人宿泊客も多く、ツアーでもよく利用されています。

Img_4833

キングスショップやクイーンズマーケットプレイスから近いので、リゾート気分を味わってもらいたい時はここに案内します。

広大なホテルの敷地内はモノレールやボートで移動。

201003065

ボートの水路には熱帯魚や大きな魚(数キロくらいのAwaと呼ばれるMolkfish?)がいます。以前見かけたバラクーダはいませんでした。

ここは駐車場代金が高くて、セルフパーキングでも15ドルかかりますが、「モノレールやボートに乗って、リゾートの雰囲気を味わって、元はとったね!」と友人。もちろんレストランなどを利用する場合はバリデイトしてもらえます。

家族連れにはホテルの中だけでも十分楽しそうです。

| | コメント (0)

2010年3月 5日 (金)

パスポート更新&事件です!

私のパスポートは4月24日で有効期限が切れます。昨年12月の帰国の際に更新しようと思っていたのに、滞在日数が短くて(きちんと調べていかなかった私が悪いのですが・・)手続きができませんでした。

201003051

ホノルル(オアフ島)にある日本総領事館まで更新に行くか、それともどうせ飛行機に乗るなら4月に日本に帰ろうか・・と迷っていたところ、ハワイ島に出張サービスが来るとの情報がありました。

3月は5日にヒロ、12日にコナに来るとのこと。それならヒロで更新手続きをして、一週間後にコナで受け取ることができます。

ということで本日はヒロまで2時間あまりのドライブ。

Img_4896

場所はハワイ・ジャパニーズセンター。ハワイって「布哇」と書くんですね。

Img_4893

季節柄、館内には雛人形が展示されていました。

領事館の職員の方達のてきぱきとした応対ぶりが心地よい。日本なら当たり前のことですが、ハワイでは感動に値することなのです。

無事手続きが終わり、受け取りは来週キングカメハメハズ・コナ・ビーチ・ホテルにて。

ところで、実は昨日は大変な出来事が!

夜のフライトでミシガンに帰るT君との最後の一日。ワイピオ渓谷方面からハプナビーチに行くためワイメアの辺りを走っていた時です。いきなり対向車線を走っていた車が中央線を越えて向かってきました。ガツンという衝撃!

Img_4856

さいわい怪我人はなく、双方の車のサイドミラーが壊れただけでしたが、原因は相手の車を運転していた女性が、乗せていた犬(全く目が見えないそうです)に気を取られてセンターラインを越えて来たため。

Img_4857

私達の後ろを走っていた車の運転者が警察に連絡してくれて、パトカー2台、救急車、消防車までがやって来ました。残って目撃者としての証言もしていただき、とても親切な方でした。

201003055

少しお腹は出てたけど、ポリスの制服姿がカッコいいのでこっそり写真を撮らせてもらいました。

腰の七つ道具が決まってます。

怪我が無かったので救急車と消防車はすぐに撤収。

車は月曜日にコナのホンダで修理してもらうことになりました。

前日の携帯電話&カメラの浸水事件(残念ながら両方とも壊れていましたが、カメラのメモリーは無事でした)に引き続き、アクシデント続出の旅となったT君でしたが、この後ハプナビーチでひと泳ぎ。クジラも沢山見て、楽しいひと時を過ごしました。

Img_4866

そして冬のミシガンへと帰って行きました。

| | コメント (2)

2010年3月 3日 (水)

大波に注意!

朝8時過ぎに家を出てスノーケルツアーに参加したT君と夫。帰って来てシャワーを浴びた後、今度は二人で釣りに出かけました。場所は夫の磯釣りの定番、NELHA(Natural Energy Lab of Hawaii)。
先日T君は「釣り友達の息子さん」だと書きましたが、T君本人もミシガン湖で一緒に鮭釣りをした釣り仲間。そして実はお父さんよりも多くのキングサーモンを釣り上げた実力者です。

買い物に出たついでにネルハに立ち寄ってみると・・・

Img_4795

いつものコンクリートの上で仲良く竿を出していました。
イシフエダイ、アオノメハタ、イケカツオ、ダツなどが釣れてT君も磯釣りの魅力に取り付かれた様子。

ここは波が荒いことが多く、今日も周りの磯は波に洗われていました。

Img_4785

コンクリートの足場は少し高くなっていますが、時には大きな波がくることがあるので波(海)に背を向けるなと常々夫に言われています。

といってものん気な私はいつものようにカメラ片手にうろちょろしていました。何といってもコンクリートの上なら安心だし・・・

ところがいきなりの大きな波wave!一瞬で三人とも腰から下はびしょ濡れ、靴の中もぐしょぐしょ。そして波の来ない(はずの)所に置いてあった夫の釣り道具用バッグが流されています。あわてて確保したものの、中は海水に浸されていました。釣り道具だけなら良かったのですが、T君の携帯電話、カメラなどが入っていたのに・・・大変!
真水で洗って乾かしていますが、明日確認するまでは果たして使えるかどうかわかりません。

こんな深刻な事態でも今夜のおかずはしっかり確保。イシフエダイ2匹を煮付けにしていただきました。自分で釣った魚は一入美味しかったようですが。。。

あ~、どうかカメラと携帯が元通りに働きますように!

| | コメント (0)

2010年3月 2日 (火)

South Point & Punaluu Black Sand Beach

このところ私は友人と観光、夫は釣りやゴルフと別行動が多かった我が家ですが、昨日は一緒にT君を案内してボルケーノナショナルパークへ。久々に南周りで行きました。

途中立ち寄ったのはハワイ島最南端(もちろんアメリカ合衆国最南端)のサウスポイント。ハイウェイ11号からサウスポイント・ロードを30分程走ります。

Img_4690

ここはいつも強い風が吹いているので斜めに曲がって生えている木があったり、風力発電の風車もあります。それにしても昨日は格別の強風で、立っているのが大変なくらいでした。が、そんな日でも釣りをしている人たちはいて、黒いゴミ袋を風に乗せて沖に流し、浮き代わりにした独特の釣り方で大物を狙っていました。磯からキハダマグロやオノ、マヒマヒ、さらにはカジキマグロまで釣れるという豪快な場所はそうそうありません。
もちろん夫も何度か通いましたが、未だ釣果無し。

次にプナルウブラックサンドビーチへ。

Img_4701

溶岩が砕けて細かくなった黒砂が陽射しを受けてキラキラと輝いています。

ここはまたウミガメがいるビーチとして有名。これまでに10回くらい訪れましたが、ウミガメが見られなかったことは一度もありません。
昨日もこの通り。

Img_4698

砂の上で甲羅干しをしているウミガメの他に浅瀬にも3匹いました。

と、この亀の横でアメリカ人ご夫婦がなにやら不思議な行動・・・
紙に書いて切り抜いた人形の絵(かなりの大きさ)を亀のそばに置いて写真を撮っていたので、理由を聞いてみると、お孫さんに頼まれたのだとか。お孫さんが書いた人形の絵(名前はスタンレー)を一緒に旅行に連れて行って写真を撮ってきて欲しいと。
そんなことなら私も写真を撮らせてもらえばよかったのですが、すでに片付けてしまった後でした。
ほのぼの素敵なお話でした。

| | コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »