« 2009・アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ | トップページ | ミシガンの秋 »

2009年10月11日 (日)

アイアンマン・感動のフィナーレ

バイクをトップで終えた選手がランのスタート。後方の電光掲示板にスタート時からのタイムが表示されています。
この時点でトップはChris Lieto(アメリカ)でしたが、マラソンで逆転を許してしまいます。

10108

スタートから8時間20分、大観衆の見守るビクトリーロードに姿を現したのは、昨年のディフェンディングチャンピオン・Craig Alexander(オーストラリア)。
ちなみに、前年上位だった選手はその順位が今年のレースナンバーになるそうで、確かに彼のゼッケンには「1」の数字。

10109

拍手と歓声に包まれて、誇らしげにゴール!!!
ハワイの伝統衣装を身に着けた青年がトーチを掲げて先導する、ハワイ島ならではの演出でした。

101010

女性一位はChrissie Wellington(イギリス)。こちらはコース新記録で3連覇。
トータルタイム8時間54分2秒、9時間を切った史上二人目の女性です。
彼女は男性プロを含めた全体でも23位という快挙。世界の男性トッププロを打ち負かした実力はたいしたものです。イギリス国旗を掲げての、堂々のゴールでした。

101011

しばらくゴール風景を見た後、夕飯を食べに一旦帰宅、夜8時過ぎに再びゴールまで行ってみました。順位は既に1200番台になっていました。

101013

一般観客に、先にゴールしたアイアンマン達も加わり、次々に帰って来る選手を大きな拍手で迎えます。選手の中には、応援の家族や友人達と抱擁を交わし、抜かれてしまう人もいましたが、ゴールを通過する順位よりも、これまで積み重ねて来たものが誇らしく、感謝の気持ちと喜びを分かち合いたいのでしょう。また、夫婦揃って参加している選手が、手を取り合って一緒にゴールする微笑ましいシーンもありました。

この大会の精神は、「優勝者だけではなく、全ての完走者が勝利者である。」
司会者は全ての選手一人一人に「YOU ARE AN IRONMAN!」と呼びかけます。

101014

時間が遅くなり、ゴールする選手がいない時にはこのオニイサンが出てきて盛り上げます。

中には倒れそうになりながらやっとのことでたどり着く選手もいて、そんな時には一層大きな拍手と声援が沸き起こります。

日本人選手もたくさん完走しました。司会者が「○○センセー、オメデトー」と言うので、先生なんだね~と思っていたら、選手のことでした(笑)

男性75歳以上の選手が4人完走と聞いて刺激を受けた夫ですが、「10年後 を目指してトレーニングしてみるかなぁ・・・でも150メートル泳いだら溺れて死にそうだ。」と弱気。
トレーニングで引き締まったお尻なら、アンダーパンツランにも参加できるのにね。
でも、まずは来年最終ランナーのゴールを見るのを目標にしましょう。いつも早寝早起きのため、11時半頃にもう眠くて限界だ、と最終ランナーまであと少しのところで残念ながら撤収したのでした。

ほとんど一日中立ちっぱなしだった私に夫が一言「結構足腰が強いんだなぁ、だてに太い足してないな・・。」

|

« 2009・アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ | トップページ | ミシガンの秋 »

コメント

日中はかなり暑かったし、長時間の観戦は本当に体力いりますよ~~
来年は最終ランナーまで見られるよう、身体を鍛えておきます(それより途中昼寝の方が効果ありか・・?)
参加選手は各地の大会で予選を勝ち抜いた1800名(実際には今年は1776名)、一斉にスタートする様子は圧巻でした。
そして、皆さん翌日も朝から泳いでいるのには驚きw(゚o゚)w

投稿: Midori | 2009年10月13日 (火) 20時42分

すごいですね〜〜、アイアンマンレース。
見てるだけでも体力いりそうですよね。
でもみんな楽しそう。
それにしても参加選手の多さにびっくりしました。
海でスタートを待ってる写真は
最初「なぜこんなにブイが浮いてるのか?」と思いました。

投稿: ダヤヤン | 2009年10月13日 (火) 01時18分

tannmaさん
成田からはコナへの直行便があって便利ですね。
とは言っても長時間のフライト、どうぞお気をつけて。
私も旅先ではいつもPCと縁を切りますが、tannmaさんのように滞在が長い場合は無理かも知れません。

YOSHIさん
最高齢の完走者は79歳だそうです。
私は初めての観戦で、アイアンマンレースのことは種目以外何も知らなかったので、全てが新鮮で感動的でした。まさに鉄の意志と鋼の肉体、鍛えられた身体と強い意志がなければ成し遂げられませんよね。
アンダーパンツランは今年で13回目ですから、それほど歴史は古くないようです。本当にアメリカ人は楽しむことが上手!

投稿: Midori | 2009年10月12日 (月) 22時34分

こんにちは、アイアンマンのレース僕も見たことがありますけど本当に凄い人たちですね。鉄の意志と鋼の肉体という表現が良く有りますけど、それをハワイ島でやることに意義があるんですよね。石垣島とかでもやってるけど、きっと南方の緩やかなリズムがマッチするんでしょうね。75歳以上で完走なんて、人間業とは思えませんが、成せば成るのでしょうか?アンダーパンツランってアメリカ人はユニークなことをやりますね。昔から有ったのかな?

投稿: YOSHI | 2009年10月12日 (月) 15時25分

アイアンマンレースレポートお疲れ様でした。

体格は「やや痩せ」なので引き締めは不要ですが、
筋力UPが必要かも。

明日成田を21:00に飛び立ちます、kona滞在中はPC
と縁を切ります。


 

投稿: tannma | 2009年10月12日 (月) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009・アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ | トップページ | ミシガンの秋 »