« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月31日 (土)

Happy Halloween!

ワールドシリーズの熱戦もよそに(松井は大活躍ですね)ボートのペンキ塗りという地味な一日を終えて、家路につきました。いつもはホノコハウハーバーからハイウェイ19号―11号で帰るのですが、今日は用があってMakala Blv.から Kuakini Hwy.に行こうとすると、YMCAの辺りに車がいっぱい。

私達も車を止めて覗いてみると、仮装した子供達がたっくさん!そうだ、今日はハロウィーンだった。私としたことが、我が家の周辺では全くハロウィーン飾りを見かけないのですっかり忘れていました。

ここでのベストコスチューム賞はこちらの家族。

10311

私が勝手に決めました(笑) とても素敵でしょ?

会場では子供達がお菓子をもらったり、ゲームを楽しんだりしていました。お腹がすくと不機嫌になる夫が一緒なので、写真を撮って早々に帰宅・・・するつもりでクアキニハイウェイを走っていると、ダウンタウンでまたまた仮装集団に遭遇。しかも今度は大人が多い。
これは、アリイドライブの辺りで何か楽しいことがあるに違いない。ココナッツ・グローブ・マーケットプレースに駐車して、アリイドライブをカイルア桟橋方面に向かうと・・・

10319

10312

10318

10315

可愛い系、怖い系、セクシー系、受け狙いなど、それぞれ趣向を凝らした仮装で練り歩く人々。ステージも3箇所あって、音楽演奏や仮装コンテストをやっていました。

10313

↑こちらはコンテスト2位の家族です。そして1位は・・

10314

クレオパトラでした。

屋台も沢山あって(ワタアメも!)お祭り気分です。あ、夫には屋台の食べ物を買って食べてもらいました、ご心配なく。

そして今夜誰より(コンテストで優勝した人よりも)目立っていたのがこの方。う~ん、いったい何をイメージしているのでしょうか???

10316

コナのハロウィーン、楽しいです!
この時期にコナに来る方はコスチュームをお忘れなく。

| | コメント (2)

2009年10月30日 (金)

ボート&映画

以前発生したボートのエンジンオーバーヒートは時間と費用をかけて原因部分を修理。
そして、電気系統の修理はまだまだ残っているのですが、数日前に2回エンジンの調子を見るために海に出てみました。新人二人だけのちょっと不安な船出でしたが。1回目は無事帰還。

ところが2回目、港に入る手前のブイでバックの練習をしていたところ、またしてもオーバーヒート、夫はがっくりです。夢を実現させるためのボートなのに、このところ頭痛の種と化しています。
でも、昨日、今日と専門家に調べてもらい、原因がわかりました。もうこれで大丈夫!!?かな・・・

来週は再び電気屋さんのヤードまで山登りします。電気屋さんはあと一週間くらいと言うけれど、さて・・・?もう予定なんてあって無いようなものですから。

ボートが港にいる間にと、せっせとペンキ塗りをしていると、すぐそばの桟橋で大きなニセカンランハギ(ハワイ名Palani)を釣っていました。美味しい魚だそうです。

10301

ここはよく釣りをしている人がいますが、いつも大きなウミガメがいて、先日は針にかかって大騒ぎになっていました。

10302

ところで、我が家はオーシャニック・タイム・ワーナー・ケーブルでインターネットとテレビを利用しています。

ケーブルテレビでは、KIKU TV と NGN(Nippon Golden Network)の3チャンネル、合わせて4つの日本語放送が見られます。NGNのひとつは、ミシガンでもお馴染みのテレビジャパン、ひとつはフジTV中心(?でもNHKや他の民放のも)、ここは面白いドラマもあるけれど、番組が始まっているのかと思うくらい長い予告コマーシャルをいくつもして、その後いきなりカラオケが始まったりする不思議なチャンネルです。そしてもうひとつは、いつも古~~~い時代劇をやっています。
東千代乃介、片岡千恵蔵、大友柳太朗、月形龍之介、近衛十四郎、中村(萬屋)錦之助、、、そして高倉健や美空ひばりの映画も。何とも懐かしいではありませんか!見逃したって大丈夫、何度も何度も繰り返してやってますから。
カリフォルニア在住のKさん(ご夫妻揃って釣り好きfishボートにも詳しくて、夫は励ましていただいてます)は今回の滞在で初めて契約して、このチャンネルにすっかりはまっているそうです。

私達の故郷の田舎町にはその昔小さな小さな映画館があり、子供の頃は夜になると座布団持参で見に行ったものでした。もちろん時代劇、時々フィルムが切れたりして・・
いい場面になると、みんなで「行け~~~!」と拍手喝采!!!
そんな子供時代を過ごした夫も、もちろんはまっています。

| | コメント (0)

2009年10月29日 (木)

散歩の楽しみ

緯度が高いのとサマータイムのおかげで夜9時過ぎまで明るいミシガンに住んでいた頃は、毎日夕食後に50分ほど近所の住宅街を散歩していました。
リスやウサギ、グースなどはもちろん、時には鹿にも出会えるし、ハロウィーンやクリスマスには家々の飾り付けを見るのも楽しみでした。

10291

コナでも散歩を楽しみにしていたのですが・・・
夕方6時過ぎには暗くなってしまう(夏場でも7時過ぎ)ので、夕食後の散歩ではせっかくの景色が楽しめません。日中は暑すぎるし、朝は私が起きる頃には夫は釣りに出かけていない。

そんなこんなであまり機会がありませんでしたが、最近夫が釣りに出かけなくなったので、朝の散歩が実現しました。
海を眺めながらの散歩、景色は申し分ありませんし、どの家も庭も素敵。でも、ハロウィーン飾りをしている家は近所では全く見かけません。ちょっと残念。
そして、出会う野生動物といえば・・・

マングース

10292

ターキー

10294

ミシガンの可愛い動物達とは大違い!すご~く残念。

斜め向かいのスティーブさんが言うには、「ワイルドピッグもいるよ~。」
ミシガンで「ワイルドピッグ」と言えば、イノシシですよね。でもここでは野豚、そう、文字通り野生の豚なんです。
残念ながら、私はまだ生きた野豚には出会ったことがありませんが、何でもこの辺りのターキーは食べても美味しくないので誰も見向きもしないけど、野豚は美味しいので、人によっては捕まえて食べるのだとか・・・

自給自足生活を目指す我が家にはちょっと耳寄りな話ではありますが、、、
う~~~ん何だかなぁ。

| | コメント (2)

2009年10月28日 (水)

新鮮お刺身を味わう

トローリング経験豊富なTさんにお誘いいただいて、チャーターボートで釣りに出かけたオットがアヒ(キハダマグロ)を釣ってきました。

TさんはCaptain推定750ポンドのブルーマーリン(カジキ)を45分のビッグファイトの末、ボートのそばまで引き寄せたそうです。先日お宅にお招きいただいた際、以前に釣り上げたカジキの剥製を見せていただいたのですが、カメラを忘れてしまったので写真が撮れませんでした。残念!

海から戻ってアヒと、同行のEさんが釣ったオノ(カマスサワラ)をお刺身にして、E 家のオアフ島からのお客さまUさんも一緒にみんなでいただきました。アヒは小さかったそうですが、どちらも歯ごたえが良く、甘みがあってとても美味しかったです。切り方、盛り付けはまだ修行が必要、しかも食べかけの写真になってしまいました。

10281

「カツオを釣って来るから、タタキにして食べよう!」と言って出かけたため、私はタマネギスライスや刻みネギをた~っぷり作っておいたんですけどぉ・・・でも実はこっちの方が良かったです。しまった、少しお鮨にしてみるんだった。。。

釣って来た魚を食べながら、今日の釣りの話に花が咲いたひと時でした。
皆さん、ありがとうございました。

早く自分のボートで釣りに行きたい夫なのですが・・・ その話はまた。

| | コメント (2)

2009年10月20日 (火)

コーヒーシャック

昨日の「なにこれ?」はジャックフルーツでした。
なんと、オットが知っておりました。もっと早く教えてよね~~~
世界最大の果実で、重さ40kgにも及ぶとか。独特のにおいと、ちょっとクセのある味で、美味しいかどうか意見の分かれるところのようです。

さて、今日はクリーニング屋さんに行ってきました。
日本やミシガンと違って、近所に何軒もクリーニング屋さんがあるというわけではなく、車で30分ほど走ったキャプテンクック(ハイウェイ11号沿いで、ケアラケクア湾に向かうNapoopoo Roadの向かい山側)にあります。考えてみれば、ハワイではクリーニングに出すような洋服はほとんど着ないので、クリーニング屋さんが少ないのも納得。
ちょっと遠いけれど、キャプテンクック方面には立ち寄りたいお店が沢山あるので、ドライブがてら出かけるのも楽しいものです。

ちょうどお昼時になり、ランチはコーヒーシャックで。

10201

この辺り、ハイウェイがかなり標高の高いところを走っているので抜群の眺望。

10203

トタン屋根がいかにも“シャック”という雰囲気。

10204

ここは2回目ですが、今日もテラスの眺めのいいテーブルでした。ラッキー!

10202

手すりにはいつもGecko用のジェロが置いてあり、人がそばにいても平気でぺろりぺろりとなめています。

10205

帰りにKUさんお勧めのKona Coast Macadamia Nut & Candy Factory でマカダミアナッツを購入。南方面へのドライブではこことサウスコナ・フルーツスタンドに寄るのが楽しみです。そうそう、グリーンウエル農園などのコナコーヒーのお店も。

そんなわけで、洋服をクリーニングに出すのはいつも半日がかりの大仕事になるのです。

| | コメント (4)

2009年10月19日 (月)

秋ですね~!

コナの秋景色。

10196

朝夕空気がひんやりとしてきたなぁ・・と思っていたら、我が家の斜め前にある空き地にはいつの間にかススキの穂が。近所でこんな風景が見られるとは思っていませんでした。

10191

散歩の道端にも。でも後方に椰子の木が写っているのがやっぱり“ハワイ”

日本では実りの秋、大好きな梨やブドウ、柿・・・秋の味覚が盛り沢山でしょうね。

ここでは秋に限らず多分一年中実りの季節なのでしょうが、今日の散歩中に見かけたのは、、、

10194

アボカド

10195

椰子の実

10193_2 

パパイヤ

10197

ざくろ

10198

パンの実

10192

なにこれ?(「なにこれ」という名前の実ではありません、念のため!)

どの木ものびのびと育っています。

| | コメント (3)

2009年10月17日 (土)

プルメリア

我が家にはプルメリアの木が2本あり、1本は白い花、もう1本はピンクの花が咲きます。

7月に引っ越して来た時、庭中の植物がホワイトフライとスス病の被害で無残な姿になっていたことは以前にも書きましたが、中でもピンクのプルメリアはほとんど葉が落ちて丸裸に近い状態でした。

10175
肥料をやり、スス病の葉は1枚1枚拭きとり、葉のうらから水をかけてホワイトフライの退治・・・涙ぐましい努力の甲斐があって、庭の植物達は次第に元気になってきました。

ピンクのプルメリアもこの通り、可愛い花を咲かせるまでになり、ご近所の方からお褒めいただいたほどです。

10171

ところが、上の写真でも一部の葉に黄色い斑点のようなものが見えていますが、瞬く間に多くの葉が蝕まれてしまいました。

10173

カビの仲間であるサビ病菌の寄生によっておこる病気です。
胞子状のサビ病菌は空気中、水、雨等で伝染していくので、被害にあった葉は切り取ってビニール袋などに密閉して処分しなければならないそうです。

しかもそれだけではなく、、、

10172

最近白く変色した葉が多くなったけど、何だろう???と思って調べてみると、これはハダニの仕業だったのです。体調0.4~0.6ミリのハダニは、私には肉眼では見えませんが、顕微鏡で見てみると、もぞもぞと動き回って気持ち悪いこと!葉の組織を破壊して吸汁するので葉が白っぽくなります。
ハダニは雨に弱いので、葉水の散布を行えば発生は抑えられるそうですが、ホワイトフライ対策のためにせっせと水を撒いていたのに何故・・・?
そういえば、最近はホワイトフライをあまり見かけなくなっていたので油断があったかも・・

サビ病の葉は切り取り、ハダニで変色した葉を1枚1枚濡らした布で拭き取り、LOWE'Sで教わった薬剤を撒き、葉水もたっぷりと遣りました。

でも、ハダニ退治のために全ての葉にたっぷりと水をかけると、当然地面はジメジメになり、サビ病には過湿は良くない、いったいどうすればいいのか???

| | コメント (2)

2009年10月15日 (木)

ミシガンの秋 ~その3~

我が家にとって、ミシガンの秋といえば、忘れてはならないのがミシガン湖の鮭釣り。

ミシガン湖のキングサーモンは、秋になると産卵のために川を上ります。
遡上前のサーモンをミシガン湖の堤防で釣るのが夫の何よりの楽しみでした。
毎年レーバーデーの頃から10月半ばまで、ほとんど毎週片道3時間のドライブでミシガン湖畔のホワイトホールに通い詰めたものです。

Whitehall12

ミシガン湖のサンセットもコナに負けないくらい素敵です。
左側に伸びている堤防が夫のホームグラウンド、懐かしい釣り場です。

そして堤防の付け根には可愛いライトハウス。

Whitehall11

今はミュージアムになっています。

Whitehall4

↑2007年10月、ダヤヤン&アビーさんと一緒に堤防に行った時の写真。
普段何事にも動じないアビーさんですが、鮭には腰がひけてます(笑)
これから間もなく日本に帰国(アビーさんはアメリカ生まれだから帰国はおかしいか?)して、今は湘南の海で夕日を眺める日々を送っています。
そして、この時ミシガン湖の堤防で一緒に鮭を見た私達は、太平洋の彼方・コナで海を眺めています。遠く離れているけれど、でもどこかで繋がっているような、不思議な感覚。

P1070895 ところで、雌の鮭にはイクラがたっぷり!

最初のうちは淡水の魚だから生で食べるのは・・と、専らスティールヘッド(ニジマスが大きくなったもの)を釣る時のエサにしていました。
が、ある時某高級お寿司屋さんで、「食べても大丈夫ですよ。」と太鼓判を押してもらったので、以後はイクラ丼でいただくようになりました。

こんなに美味しいイクラを食べたのは初めて!!!最初から食べるんだったと今でも後悔しています。

| | コメント (4)

2009年10月14日 (水)

ミシガンの秋 ~その2~

ミシガンのちゃこりんからメールが届きました。

Chako1014 「秋だよ~!」

お散歩風景の写真も一緒に。
撮れたてのほかほか、これがミシガンの秋だ!!

10142

10143

10144

場所はプラウドレイク。
ミシガンの元・我が家からは車で5分くらいの公園です。

近所だったのに、紅葉の季節には行ったことがなかったなぁ・・・
こんなに綺麗だったとは知らずに、、、何とも残念。
年によって当たりはずれがあるけれど、今年の紅葉ははとても鮮やかですね。
私も落ち葉を踏みしめて一緒にお散歩したかった!
ご主人の装いで、寒さがわかります。ちゃこりんも冬毛に変わったでしょうか。
ふわふわブルマーは復活したかしら・・?(←お尻の毛がふっわふわでした)

それにしても、ちゃこりんママ、写真撮るの上手!camera
おかげさまでた~っぷりとミシガンの秋を感じることができました。

| | コメント (4)

2009年10月13日 (火)

ミシガンの秋

常夏のハワイでも、ゆるやかな四季はあるようで、吹きぬける風にすこ~し秋の気配を感じる今日この頃。

ミシガンでは、きっぱりと季節が変わっていきます。

10131

四季それぞれに美しい風景のミシガンだけど、一番思い出に残っているのは黄色~オレンジ~赤のグラデュエーションが鮮やかなメープルの紅葉。
カナダのメープル街道は有名ですが、ミシガンにも紅葉のドライブルートがあります。でも、遠くまで出かけなくても、近所の公園やゴルフ場、住宅街でだって青空に映える綺麗な紅葉が楽しめるんです。

そして、秋といえばアップルサイダーとドーナツがかかせません。
自動車の町「デトロイト」を抱える工業都市のイメージですが、実はミシガンは農業が盛んな州でもあり、チェリーやりんごの全米有数の産地です。

10134

車で30分ほどのSPICER ORCHARDでは、季節によってチェリー、ラズベリー、ブルーベリー、イチゴ、りんごなどのU-PICKが楽しめます。秋はもちろんりんご狩り。ハロウィーン用のかぼちゃが並んでいます。

10132

こちらはフランクリンのアップルサイダーミル。サイダーといっても炭酸なし、りんごをそのまま搾ったジュースです。なぜか搾りたてアップルサイダーには揚げたてドーナツがつきもので、どこのミルでもアップルパイ、ジャムなどと一緒にドーナツを売っています。毎年レーバーデーからサンクスギビングデーまでの期間限定。
そういえば、ミシガンでは遊園地などはメモリアルデーからレーバーデーまでしかオープンしてなかったし、期間限定が多いです。冬が長くて、マイナス20度Cにもなる土地柄ですものね。

10133

古い圧搾機でりんごを搾るおじさんの作業着が可愛い。

もう一度、ミシガンに行けるとしたら、7月のチェリーピッキングか、紅葉のメープル&アップルサイダーの時期か・・・迷うところです。(←食いしん坊!)

| | コメント (5)

2009年10月11日 (日)

アイアンマン・感動のフィナーレ

バイクをトップで終えた選手がランのスタート。後方の電光掲示板にスタート時からのタイムが表示されています。
この時点でトップはChris Lieto(アメリカ)でしたが、マラソンで逆転を許してしまいます。

10108

スタートから8時間20分、大観衆の見守るビクトリーロードに姿を現したのは、昨年のディフェンディングチャンピオン・Craig Alexander(オーストラリア)。
ちなみに、前年上位だった選手はその順位が今年のレースナンバーになるそうで、確かに彼のゼッケンには「1」の数字。

10109

拍手と歓声に包まれて、誇らしげにゴール!!!
ハワイの伝統衣装を身に着けた青年がトーチを掲げて先導する、ハワイ島ならではの演出でした。

101010

女性一位はChrissie Wellington(イギリス)。こちらはコース新記録で3連覇。
トータルタイム8時間54分2秒、9時間を切った史上二人目の女性です。
彼女は男性プロを含めた全体でも23位という快挙。世界の男性トッププロを打ち負かした実力はたいしたものです。イギリス国旗を掲げての、堂々のゴールでした。

101011

しばらくゴール風景を見た後、夕飯を食べに一旦帰宅、夜8時過ぎに再びゴールまで行ってみました。順位は既に1200番台になっていました。

101013

一般観客に、先にゴールしたアイアンマン達も加わり、次々に帰って来る選手を大きな拍手で迎えます。選手の中には、応援の家族や友人達と抱擁を交わし、抜かれてしまう人もいましたが、ゴールを通過する順位よりも、これまで積み重ねて来たものが誇らしく、感謝の気持ちと喜びを分かち合いたいのでしょう。また、夫婦揃って参加している選手が、手を取り合って一緒にゴールする微笑ましいシーンもありました。

この大会の精神は、「優勝者だけではなく、全ての完走者が勝利者である。」
司会者は全ての選手一人一人に「YOU ARE AN IRONMAN!」と呼びかけます。

101014

時間が遅くなり、ゴールする選手がいない時にはこのオニイサンが出てきて盛り上げます。

中には倒れそうになりながらやっとのことでたどり着く選手もいて、そんな時には一層大きな拍手と声援が沸き起こります。

日本人選手もたくさん完走しました。司会者が「○○センセー、オメデトー」と言うので、先生なんだね~と思っていたら、選手のことでした(笑)

男性75歳以上の選手が4人完走と聞いて刺激を受けた夫ですが、「10年後 を目指してトレーニングしてみるかなぁ・・・でも150メートル泳いだら溺れて死にそうだ。」と弱気。
トレーニングで引き締まったお尻なら、アンダーパンツランにも参加できるのにね。
でも、まずは来年最終ランナーのゴールを見るのを目標にしましょう。いつも早寝早起きのため、11時半頃にもう眠くて限界だ、と最終ランナーまであと少しのところで残念ながら撤収したのでした。

ほとんど一日中立ちっぱなしだった私に夫が一言「結構足腰が強いんだなぁ、だてに太い足してないな・・。」

| | コメント (5)

2009年10月10日 (土)

2009・アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ

いよいよアイアンマンレース本番当日!長い一日の始まりです。
7時スタート(プロは6時45分)ということで、朝6時過ぎに家を出ましたが、カイルア湾周辺は既に応援の人、人、人、、、写真撮影のためのいい場所は確保できませんcoldsweats02

10101

スタートの合図を待つ選手達。

10102

午前7時、号砲と同時に、スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km合計226.2kmの先にあるゴールを目指して、いっせいにスタート。

今回トライアスロン初観戦の私は、プロ(エリート)とエイジ(年齢別)カテゴリーがあることを初めて知りました。
世界のトップを目指すプロ、そして各年代での上位、また自己記録の更新、あるいは完走を目指す人、さまざまな目標を掲げて努力を積み重ねて今日の日を迎えたのだと思うと、応援にも力が入ります。

10103

出番を待つバイク(自転車)。一台100万円以上するものも多いそうです。

10104

スイムを終えて、バイクのスタート。
バイクに乗ったこの時点では選手達は裸足のまま。走りながら靴をはいていました。へぇ~~~の連続。

10106

パラニロードから、クアキニハイウェイを折り返し、ハイウェイ19号をHawiに向かいます。
自転車とは思えないスピード!
皆さん自転車のハンドルに肘を乗せて前のめりになって走っています。DHポジションといって、風の抵抗を軽減し体の疲労を最小限にとどめるためだそうです。

この後いったん家に戻りましたが、少しでも多くの人を応援したいと思い、190号を走って(もちろん車で・・)ワイコロアへ。

10107

溶岩台地のコハラコーストをひた走る選手。折り返しのHawiはまだ遠い。
ノースコハラはいつも強風が吹き、陽射しを遮るものもありません。
でも、Kawaihaeを過ぎると、左手に美しい海が広がって、元気を与えてくれるはず、頑張って!
バイクは、3種目の中で距離も時間も最長のパートです。その間、エイドステーションと呼ばれる補給所で食料や水をもらい、食べたり飲んだりしながら走ります。

声援を送っていると、11時頃にはトップの選手が折り返して来たので、再びコナの町に戻ります。忙しい!!!

~続く~

| | コメント (0)

2009年10月 9日 (金)

シーニックドライブのススメ

シーニックドライブと言っても、わざわざどこかに出かけるわけではありません。

普段の買い物には、コナのダウンタウンにあるスーパー(KTA or セーフウェイ)か、ケアウホウのKTAに行きます。どちらも車で10分もかかりませんが、ケアウホウの方が少し近いし、途中の景色も良く、土曜日にはファーマーズマーケットもあります。
そんなケアウホウショッピングセンターに行ってみましょう。

10091

家を出て2~3秒も走るとこの景色。時々クルーズ船も見えます。
見る度に「なんていい景色~!」と思います。

そして、ハイウェイ11号からキングカメハメハⅢロードを少し下ると、

10093

鳳凰木(ホウオウボク)の赤い花の向こうに海が見えて、私の大好きな風景。

10092

こちらはキングカメハメハⅢロードの途中にあるビューポイントからの眺め。

10094

ほどなくショッピングセンターに到着しました。家から6~7分の道程です。
ここには、KTAスーパー、ロングスドラッグ、映画館、郵便局、レストラン、ブティックなどがあってとても便利。

しかも駐車場からの眺めもなかなか良いのです。

10095

曜日によって、レイメイキング、フラショーなどのイベントがあり、また、毎月最終土曜日にはコンサートも開かれます。

http://www.keauhoushoppingcenter.com/

詳しくは、上記サイトのNews & Events をご覧下さいね。

| | コメント (2)

2009年10月 8日 (木)

アンダーパンツ・ラン

アイアンマンレース本番2日前・・・早朝のカイルア湾。

10081

多くのアスリート達がスイムのトレーニング中です。

10086

なぜ私が早朝からここに来ているのか・・・?
それは、今朝は楽しいチャリティイベントがあるから。

1997年、Paul Huddle と Roch Frey(二人ともトップコーチだそうです) が始めた「アンダーパンツラン」
文字通り、アスリート達が下着姿でコナの町を走ります。元々はシンプルな白いブリーフで走っていたそうですが、年々参加者が増えるとともに、カラフルな下着や、中には仮装大会?というような姿も見られるようになりました。

10088

集合場所で選手宣誓(?)

10082

カメラを向けると陽気にポーズ。

10083

将来のアスリートも参加。パパの引き締まった足を見よ!

10087

とても目立っていたグループ。

10085

エルビスプレスリーも。

10084

アンダーパンツランのスタートは朝8時。短いコースなのであっという間に終わってしまいますが、交通規制もなく、参加者は車をよけながら、時には店に立ち寄ったりしながら、、、
過酷なレースを控えていても、こんなイベントを楽しむ遊び心を持つ素敵なアイアンマン達です。

| | コメント (7)

2009年10月 6日 (火)

アイアンマン・パレード

10日(土)の本番を前に、今日は夕方5時からアリイドライブでアイアンマン・パレードが行われました。

10061

アリイドライブ沿いのアイアンマン・ビレッジではグッズの販売やバイクの試乗、スポーツ飲料の試飲などなど。なぜかベッドの展示もありました。過酷なアイアンマンレースの疲れを癒せます・・ということでしょうか?

10062

パレードはミリタリーを先頭に、ブラスバンド、各国のアスリートやボランティアと続きます。

10066

国ごとにアルファベット順に行進。後ろに我が日本国旗が見えています。
時折キャンデーやチョコなどのお菓子、水のペットボトルや帽子(欲しかった~!)などを配りながらにぎやかに、なごやかに。

10063

パレード最後は開催国・アメリカ。思ったより地味ですね~。

10065

最後尾の消防車。時折放水するので、カメラにご注意!
水着姿の女の子が喜んで水に飛び込んでいました。

行進するアスリート達の引き締まった筋肉、晴れやかな笑顔。
アイアンマンの最高峰レースであるハワイ島に来るまでの努力を思うと、自然に力いっぱいの拍手をしていました。手の平が赤くなるほど!本番当日は腫れ上がってしまうかも・・?

10064

コナの夕日も応援しています。

| | コメント (2)

2009年10月 5日 (月)

バナナ日記 その9 ~変身編~

前回のバナナ日記(9月28日)からの、バナナの変貌ぶりをご報告。

929b3

9月29日 また苞がめくれて新しいバナナが顔を出しました。

929b1

真下から見ると、こんな感じ。芸術的ではありませんか?

929b2

めしべの柱頭からは蜜がたくさん出て、地面に跡がつくほど。これをゲッコーがぺろぺろとなめているわけです。かなり甘い蜜です(夫になめてもらって確認済み)。

1002b110月2日 

バナナの房は7つ。
先に開いた苞は剥がれ落ちていきます。

少~し上向きに反り返り始めたものが見えます。
(「背地性」←前回の復習)

ちなみに、花がついている方をフィンガートップと呼ぶそうです。

1004b1

10月4日 房は9つ出現。開いた苞は、全てはがれ落ちました。
ひと房に12~13本くらいバナナがついています。

まだ苞の下に未成熟なバナナが隠れているようですが、これまでの例から、これ以上は実にならず、後は1本1本が太く大きく育っていくようです。

そして、先日また別の新しい苞からバナナが顔を出しました。
全く油断のならないバナナ達。

| | コメント (2)

2009年10月 3日 (土)

キャプテン修行

海です!
ボートでホノコハウマリーナを無事出港。

10032

港をでるとすぐ、イルカ達が歓迎してくれました。

10031

サービス精神旺盛なイルカ達は、まるで水族館のショーのようにぴょんぴょんジャンプしてくれました。でも、じっとカメラを向けている余裕はなかったのです。
何しろ夫は初めてのボート操縦、私は助手を務めなくてはなりませんでしたから。

10033

先生はこのボートの元オーナー。仕事でしばらくハワイ島を離れるため、教わるチャンスは今日しかありません。しかも短時間。生徒は年のわりには頑張っていますが、一人前のキャプテンになるにはまだ修行が必要なようです。
でも、自分のボートで釣りをするという夢を叶えるための情熱は負けないはず。

ところが、港に戻った途端にエンジンがオーバーヒート。
先日も港内でエンジンの調子をみている時にオーバーヒートのアラーム音が鳴って驚かされたのですが、やっぱり調子が悪いようです。修理屋さんはどこも悪くなかったと言うのですが、これでは安心して海に出て行けない。。。

まだ電気系統の修理も残っているし、せっかく船釣り用の道具を揃えて楽しみにしていたのに残念ですが、釣りができるようになるにはまだしばらく時間がかかりそうです。

| | コメント (4)

2009年10月 2日 (金)

ヨットでディナー

今日も一日ホノコハウマリーナで過ごしました。
夫は来るべき船釣りの日に備えて準備を、私はキャビン内のペンキ塗り(懲りずにまたやっています)。古いボートの汚れた壁や棚などをせっせときれいにしています。狭いのでペンキを塗る場所も多くはないけれど、不器用でグズの私、すご~く時間がかかります。しかも狭いだけに、ちょっと動くと塗ったばかりの壁にさわってしまったりと失敗の連続。あ~あweep

ホノコハウには沢山のボートやヨットが係留されています。
豪華なクルーザーもあれば、我が家のような小さなボートも。どれもオーナーにとっては大切な愛艇です。みんなとても親切でボートのことに詳しく、新米の私達にいろいろ教えてくれます。

隣のヨットのケリーさんは、コナに来て20年、現在は2ヶ月ほど前に買い換えたヨットに住んでいます。明るい、いつも冗談とも本気ともつかない楽しい話をしていて、夫が「ジョークを言われてもわからない時があるから、ジョークならジョークって言って。」と言うと、「全部ジョークだよ!」

夕方、そろそろ帰ろうとしている時に、ケリーさんがディナーに招待してくれました。
ちょうど、夫が「クキオ(コナの豪華リゾート)の豪邸には興味ないけど、隣のヨットの中を見てみたいなぁ・・」って言ってたところでもあり、遠慮なくおじゃましました。
(ちなみに私はクキオの豪邸、見てみたいです!)

P1120640

「今日はVENISONだよ。」
え~、VENISONといえば、ミシガンでもお馴染みの鹿肉ではありませんか。何でも、ラナイ島には鹿がいて(ハワイ島にはいません)ボウガンで仕留めたのだとか。

P1120646

ベニソンのロースト、マッシュポテト、サラダと、とてもヨットの小さなキッチンで作ったとは思えない豪華なディナー。グレービーソースも、ローストガーリック入りのマッシュポテトも手抜きのないおいしい味。それもそのはず、ケリーさんはコックをしていたそうです。

鹿肉を食べると、ミシガンでちびまささんに連れて行ってもらった、ノースビルの“Deadwood Bar & Grill ”を思い出します。

10021

鹿の角の巨大なシャンデリアや壁の剥製など、ミシガンのディープな雰囲気が楽しいレストラン。メニューがまた個性的。

Img_3909

食べたのは、ROAD KILL GRILL。
鹿肉と鶉のグリル、イノシシのソーセージがセットになっていて、オーダーすると、「I EAT MY ROAD KILL」のステッカーがもらえます(笑)
あれからちょうど4ヶ月、何だかずいぶん前のように感じられて、懐かしいなぁ・・・

さて、ケリーさんは一年以内にはこのヨットでオーストラリアに行く予定で、50歳の誕生日はオーストラリアで迎え、10年間太平洋をめぐった後ヨーロッパに行って、60歳の誕生日をイタリア・ベニスで迎えるのが夢だそうです。なんとも壮大な計画!
いろんな生き方があるものです。

明日は、元のオーナーにボートの操縦を教わるために、ちょこっと海に出る予定。
いよいよです。無事に海にでられるのか・・無事に帰って来られるのか・・
その後、月曜日にはまた電気系統の修理のため陸に上がってしまいます。

| | コメント (2)

2009年10月 1日 (木)

10月になりました

このところ毎日ボートの様子を見にホノコハウマリーナに通っています。
一難去ってまた一難、という感じでなかなか海に出られずにいますが、一日も早く船釣りに行けるよう、準備を整えています。

さて、ハイウェイ19号を走っていると、こんな看板が。

10011

そして、自転車やランニングをしている人達の姿が多くなりました。

10012

ハワイ島といえば、アイアンマン・トライアスロン世界選手権が行われることで有名です。
今年は10月10日(土曜日)に開催されます。
水泳3.8km、自転車180km、マラソン42.195km、競技時間は8時間を超える過酷なレース。そのスタートラインに立てるのは、世界各地で行われる予選を勝ち抜いてきた1800人のトップアスリート達のみ。

コースの地図はこちら↓

http://ironman.com/events/ironman/worldchampionship/?show=maps

当日は鍛えぬいた鉄人たちをどこかで応援したいと思います。でも駐車場探しが大変だろうなぁ・・・

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »