« シーニックドライブのススメ | トップページ | アイアンマン・感動のフィナーレ »

2009年10月10日 (土)

2009・アイアンマン・ワールドチャンピオンシップ

いよいよアイアンマンレース本番当日!長い一日の始まりです。
7時スタート(プロは6時45分)ということで、朝6時過ぎに家を出ましたが、カイルア湾周辺は既に応援の人、人、人、、、写真撮影のためのいい場所は確保できませんcoldsweats02

10101

スタートの合図を待つ選手達。

10102

午前7時、号砲と同時に、スイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km合計226.2kmの先にあるゴールを目指して、いっせいにスタート。

今回トライアスロン初観戦の私は、プロ(エリート)とエイジ(年齢別)カテゴリーがあることを初めて知りました。
世界のトップを目指すプロ、そして各年代での上位、また自己記録の更新、あるいは完走を目指す人、さまざまな目標を掲げて努力を積み重ねて今日の日を迎えたのだと思うと、応援にも力が入ります。

10103

出番を待つバイク(自転車)。一台100万円以上するものも多いそうです。

10104

スイムを終えて、バイクのスタート。
バイクに乗ったこの時点では選手達は裸足のまま。走りながら靴をはいていました。へぇ~~~の連続。

10106

パラニロードから、クアキニハイウェイを折り返し、ハイウェイ19号をHawiに向かいます。
自転車とは思えないスピード!
皆さん自転車のハンドルに肘を乗せて前のめりになって走っています。DHポジションといって、風の抵抗を軽減し体の疲労を最小限にとどめるためだそうです。

この後いったん家に戻りましたが、少しでも多くの人を応援したいと思い、190号を走って(もちろん車で・・)ワイコロアへ。

10107

溶岩台地のコハラコーストをひた走る選手。折り返しのHawiはまだ遠い。
ノースコハラはいつも強風が吹き、陽射しを遮るものもありません。
でも、Kawaihaeを過ぎると、左手に美しい海が広がって、元気を与えてくれるはず、頑張って!
バイクは、3種目の中で距離も時間も最長のパートです。その間、エイドステーションと呼ばれる補給所で食料や水をもらい、食べたり飲んだりしながら走ります。

声援を送っていると、11時頃にはトップの選手が折り返して来たので、再びコナの町に戻ります。忙しい!!!

~続く~

|

« シーニックドライブのススメ | トップページ | アイアンマン・感動のフィナーレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シーニックドライブのススメ | トップページ | アイアンマン・感動のフィナーレ »