« Kamakahonu Beach | トップページ | ビーチ巡り »

2009年8月27日 (木)

水もしたたる・・・

毎朝の水遣りにはたっぷり1時間以上かかります。
スプリンクラーがあるので、本来水遣りの必要はないのですが、ホワイトフライ退治のために全ての木の葉の裏側から水をかけています。

例えば、ガレージ横のプルメリアの木。昨年8月には可愛いピンクの花が咲いていましたが・・・

P1110772

今年はホワイトフライのせいでほとんど丸坊主、残っている葉もひどい状態でした。

Garden2

こんなに綺麗だったアメリカン・ブルーも

P1080891

見る影も無く、、、 あ~~~、大好きな花なのに・・・

P1100308

そして、ホワイトフライの排泄物によってスス病も発生。

Garden1

引っ越して来て、庭中ほとんど全ての植物がホワイトフライの大発生による被害を受けている様子を目にした時のショック!ガーデナーが毎週来ているのに、何故ここまでひどくなってしまうのでしょう??
話をすると、「スプレーしたから。」と言うけれど、一向に良くなる気配はない。ティアレの木は真っ黒になって近寄るのも躊躇してしまうほど。どうすればいいかと聞いても、「全部自分がやるから何もしなくていい。」

でもね・・・ それならこんなにひどくなる前に何とかできたのでは?

そこで、ナーサリーに行って詳しい人にいろいろと教わって来ました。
殺虫剤は成虫や幼虫には効いても、サナギや卵には効かないので、何度か繰り返しやる必要があること、スス病になった葉はきれいにふき取ってやる、毎日葉の裏側から水をかけるのは有効な駆除方であること。

で、最初は毎日プルメリア、ティアレ、ジンジャーなどの葉を1枚1枚きれいに拭き取り、ひどい物は切り落とし、殺虫剤を撒き、肥料を施し、水をかけて、、、
もちろん、ガーデナーにはここまではできないのはわかりますが、それならこういう方法があるよとアドバイスしてくれればいいのに・・と思ってしまいます。

先日お隣さんが言ってました。
「ここに住んで5年、何度もガーデナーを変えたけど、一度もいいガーデナーに出会ったことはない。」って。

ここでは植物がすごい勢いで育つので、庭仕事全てを自分でやるのは大変です。
私達は時間はたっぷりあるのですが、椰子やバナナの切り落としたゴミ処理はトラックがないと無理。この前ガーデナーを首にしたというご近所さんも、ゴミの始末にお困りの様子です。

我が家のガーデナーさん、いろいろあるけど彼なりに一生懸命やってくれてるし、人柄はとってもいいしね。何より、うちの息子達と同じような年頃(だと思う)の青年に首を申し渡すのは忍びないので、お互いに協力してやっていきましょう。

プルメリアやバナナなどの大きな木に下から水をかける(しかも強いジェット水流で)私は毎朝びしょびしょになります。でも、少しずつ元気になっていく庭の木々や花を見るのはうれしいものです。

|

« Kamakahonu Beach | トップページ | ビーチ巡り »

コメント

物識りMadyさん
Bayer社のTree & Shrub Insect Control Landscape Formulaですね、貴重な情報ありがとうございます。何もわからず適当に殺虫剤や肥料を買っていましたが、次回はこれを使ってみます。
我が家の庭、ほったらかしですよ~って私も早く言ってみたいです。

Konagirlさん
ご主人のお気持ち、よ~くわかります。でも、ここではよくあることのようだから、辞めさせられる方もあまり気にしてないのかも・・?ですね。
玄関の植栽を壊滅状態にしたナメクジ、侮れないですよね。先日ナメクジ用の薬で退治したら、なんと一晩で40匹以上!!効果があったことに安心すると同時に、こんなにたくさんいることに驚きましたcoldsweats02

投稿: Midori | 2009年8月28日 (金) 22時00分

家はヤードマンを数回、変えました・・・wobbly
ナメクジ騒ぎのときも、日本人の夫が「息子みたいな年の子を簡単に首にできないね」と我慢したことを思い出しましたcoldsweats01
植物の皆さんが、早く元気を取り戻してくれるといいですねsun

投稿: konagirl | 2009年8月28日 (金) 12時50分

庭の手入れ大変ですよね!
我家は殆どほったらかし、でもBayer社のTree & Shrub Insect Control Landscape Formulaのお蔭でプルメリアもホワイトフライも付かなくなり元気に育っています。

投稿: Mady | 2009年8月28日 (金) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Kamakahonu Beach | トップページ | ビーチ巡り »