« 秘密の部屋公開 | トップページ | Kamakahonu Beach »

2009年8月24日 (月)

メンパチとオピヒ

釣具の購入は、普段はホノコハウハーバー近くにある「Melton」を利用していますが、地元の人たちがアジ釣りに使っているいい竿があると聞いて「オオシマストア」に行ってみました。
コナから11号線をケアラケクアに向かい、アロハシアターを過ぎたらすぐ右側。食べ物から日用雑貨まで何でも揃っているゼネラルストアです。

P1110716
釣り道具はどこ・・?とお店の中をうろうろしていると、昭和元年生まれだというご主人が親切に釣りや魚のことを教えてくれました。話を聴きながら、ふと釣具売り場の右手カウンターを見ると、鮮魚売り場になっていて、カラフルな熱帯魚もあります。

P1110715

↑このヨスジフエダイは、先日夫が釣って持ち帰ったのを煮付けにしてみたら、とてもおいしかったのよね~。こういう魚は、釣れてもたいていエサとして使ってしまうため、食卓にのぼったのは初めてでした。
そして、釣り場で“おいしい魚”としてよく話題にでる「メンパチ」もあります。磯で夜釣りをすれば釣れるらしいのですが、大物狙いの夫はまだメンパチ釣りをしたことがなく、味見をしてみましょうと買ってみました。

P1110720

メインのおかずには小さすぎるサイズしかありませんでしたが、煮付けてみるとそのおいしいこと!!これはぜひ釣って来てもらわねば!

そしてこちら↓

P1110719

岩場に張り付いているオピヒ(Opihi)というカサガイの仲間です。一見トコブシのように見えますが、かなり小さくて、貝殻はとがった傘の形をしています。ゆでて食べたらおいしそう・・と思って買ったのですが、おじさんによると、地元の人たちはそのまま生で食べることのこと。
「郷に入れば郷に従え」レモン醤油(もちろん生)でいただきましたが、磯の香りたっぷり、あわびに似た味と食感。美味しい!

かつてはどこのスーパーでも手軽に買えたこのオピヒ、乱獲によって絶滅の危機を迎えているため、大きさによって収獲制限をして保護しているそうです。今では高級食材となったオピヒを収獲するために、危険な岩場で命を落とす人も多いとか。その話を聞く前は、私も次に釣りについて行った時には磯で“オピヒ・ピッキング”してみようかな~なんて思っていたのになぁ・・・

|

« 秘密の部屋公開 | トップページ | Kamakahonu Beach »

コメント

私もまた食べ物の話になってしまいました~(笑)
ピンポーン、メンパチは、日本名は「アカマツカサ」、キンメダイの仲間です。
味もキンメダイに似ていると思います(もう何年もキンメダイを食べていないので、力強く断定はできませんが・・)

投稿: Midori | 2009年8月25日 (火) 20時33分

メンパチって、金魚と鯛のミックスみたいですね〜〜。
煮付けにしたらキンメダイみたいなのかなあ・・・。
脂の乗った金目鯛おいしいですよね〜〜〜。
ってまた食べ物の話ばかりになってしまいました。

投稿: ダヤヤン | 2009年8月25日 (火) 00時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秘密の部屋公開 | トップページ | Kamakahonu Beach »