トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月31日 (金)

Geckoの館

南の島ではお馴染みの“Gecko”・・・そう、今日はヤモリの話です。写真は小さめにしてありますが、爬虫類の苦手な方はクリックしないで下さいね。

Gecko1 ハワイ島ではどこでもよく見かけるGecko、我が家にもびっくりするほど沢山住み着いています。庭の椰子の木、バナナの葉、もちろん家の中にも。

2匹揃ってカメラ目線のGecko。なかなか愛嬌ものです。

ヤモリは指が吸盤のようになっていて、壁や天井も器用に歩き、夜になると時々「キッキッキッ」という鳴き声が聞こえててきます。「家守」の名前の通り、蟻やハエ、ゴキブリなどの害虫(シロアリも!)を食べるため、大切にされています。
ハワイ島に住んで、唯一嫌なことは、ゴキブリに遭遇したこと。ミシガン生活7年間では一度も見たことがありませんでした。蟻もぞろぞろ入って来ます。人間にとっての楽園は、虫にとっても楽園なのですね。頑張れ、Gecko!

Gecko2_2 さて、このGecko、どんなにたくさんいるかというと・・・

 プールサイドでまったりしていたり

Gecko3_5 電話機のそばにも・・・知らずに手を伸ばしてびっくり!

Gecko_4バスルームの鏡の前にも・・・ワタシきれい?

この子、とっても小さいのです。

Gecko_5 横にあるブラシで大きさがわかっていただけるでしょうか。私の小指ほどの大きさです。両手両足をしっかりと縮めて、これでも隠れているつもり(笑)

でも、今日はシロアリ退治に来る予定。家中消毒したら、この子も生きていられないのかなぁ・・と思うと可哀相で、意を決してそっと手で包んで庭に逃がしてやりました。

ところが、シロアリ業者は約束の時間に電話があり、タイヤがパンクしたので来られないと。。。結局明日の朝来ることになりました。

実は先日のシロアリ騒動の後、もう一箇所シロアリ被害があるのを見つけたのですが、プロの人にお任せしようと、そのままにして今日を待ちわびていたのですが。。。さすがに温厚な私(自分で言う)も、ちょっとお怒りモード。いかんいかん、まだまだ修行が足りない私です・・・

| | コメント (2)

2009年7月30日 (木)

船便到着

今日は引越し荷物が届きました。予定よりも少し早くてうれしいけれど、これまで多少の不便はあっても、何とか暮らしていたところに100個余りの荷物の山!!しかもこれからリフォームするガレージ(釣り道具置き場を造ります)やクロゼットには収納できないし・・・ちなみにリフォームは2社に見積もりをお願いしましたが、見積もりに来て3週間近く経ってもまだ見積書が届きません。日本ならもう工事が終わっちゃいますよねangry

P1110171 我が家のドライブウェイは道路から少し下がっているうえ、カーブしているのですが、さすがはプロ、大きなコンテナをうま~くバックで入れました。荷物を運ぶ手際もいい!家具やダンボール箱を運びれる部屋を指示するのに手一杯の私でしたが、9時に来て10時半には作業終了。

こんな日に、地元の人から釣りに誘われた夫は前夜8時からボートで夜釣りに出かけてしまいました。そして、朝8時には戻る予定でしたが、帰って来たのは、引越し屋さんがとっくに帰ってしまった11時過ぎ。心の広~~~い私は笑顔で見送り、笑顔で迎えましたとも。(でもブログネタにはする)

P1110175 ←そしてこれ!全て釣り道具です。ミシガンでは広いベースメントいっぱいに広げていましたが、ここではそんなスペースはありません。うまく収納できるのでしょうか?普通サイズのダンボールには入らない物が多いので、パッキングも大変だったし、運ぶ人もきっと大変だったことでしょう。

荷解きをしていると、何でこんなもの入れてきたのかしら?と思う物があり、引越し前にあれほど処分したのに、またハワイでもガレージセールするかな・・?これからは、シンプルに、物を増やさない生き方を目指そうっと!

今日は一日中家にこもっていたので、夕食後、気分転換に散歩に出かけました。

P1110182

一日の終わりを告げる夕陽・・・ 明日もいい日になりますよう。

| | コメント (0)

2009年7月29日 (水)

漁師への道 その1

“漁師になって釣り三昧の生活”を目的にハワイ島コナに移住した夫。そのためにはボートの購入は最重要事項、ミシガンを発つ前からインターネットでボート探しをしていました。

ところが、いざマリーナに行ってみると、そこには厳しい現実が。フィッシングボートそのものは、新品、中古、サイズもいろいろ揃っており、予算に応じて購入できるのですが、SLIP(マリーナでのボートの繋留場所)の絶対数が不足しており、その確保が非常に困難なのです。早速ウエイティングリストに登録したものの、現在100人以上待っていて、10~12年待ちとのこと。そんなに待ってたら大物釣りなんてできなくなっちゃうよ~~~。商業用(釣りやダイビング、クルーズなどのチャーター船)のスリップは売買されていますが、こちらはU.S.Citizenでないと購入できません。紆余曲折の末、結局当初予定していたよりもかなり小さな26フィートのボートを買って、トレーラーに載せて車で引っ張ることになりました。毎回ボートを海に出し入れする手間はかかりますが、これならスリップ無しでもボートを持てるわけです。ちなみに夫が買ったボートの元オーナーは、スリップを8年待っていますが、まだ順番は回ってきません。

P1110149_2ジャジャ~~~ン! ピンボケになってしまいましたが、これが夫の愛艇です。

マグロの夜釣りが大好きというダスティン君がきれいに磨いてくれています。彼は夫の釣りの師匠になりそうです。

これから名前を入れて、内装をきれいにして、海にデビューする日も近いことでしょう。
ボートの名前は次回のお楽しみに!

ところで、我が家にやって来た鍵屋さん、ガーデナー、プールメンテナンス、リフォーム会社の人、郵便受けを取り付けてくれた人、そして車を買ったディーラーをはじめ、買い物に行く先々で出会う人たち全てが釣り好きで、夫はすぐに意気投合。いったいこの島には釣りをしない人は住んでいないのか???

| | コメント (4)

2009年7月28日 (火)

サウス・コナ・フルーツスタンド

先日サウス・コナ・フルーツスタンドに行って来ました。コナからはMamalahoa Highway(11号)を南に向かってマイルマーカー104と103の間、左側にあります。

P1100672

見逃してしまいそうな小さなお店ですが、裏の農園で採れたオーガニックのフルーツが販売されていて、珍しいトロピカルフルーツも沢山あります。

P1100673

きれいに並べられた色とりどりのフルーツ。

P1100675

どれも美味しそうで、全部食べてみたくなってしまいます。

P1100676

今回選んだのは・・・

P1100683

ホワイトパイナップル、アップルバナナ、ドラゴンフルーツ、マウンテンアップル、ツリートマト、ライチ、リリコイ(パッションフルーツ)、グアナバナ、ブラジリアングレープ、エッグフルーツ、マカダミアナッツ。

元ニューヨーカーのとても感じのいいオーナーがそれぞれの果物の食べ頃や食べ方を教えてくれます。すぐに食べられるもの、2~3日おいた方がいいもの、少し柔らかくなったら食べ頃、と少しずつずれているので、毎日様子をみながらフルーツ三昧。グアナバナ(パイナップルの左のグリーンの果物)は、マンゴスチン、ドリアンと並んで世界三大美果のひとつといわれるそうですが、少し酸味がかったコクのある味でした。エッグフルーツ(黄色)は果物というより、かぼちゃかお芋系のほくほくした感じでほんのり甘い優しい味。

ところで、昨日、今日と連続でハワイ島に住んでいる日本人の方達との会食の機会がありました。ずっとハワイ島に住んでいる方、ロングステイで年に何度かいらっしゃる方とそれぞれですが、皆さんハワイ島が大好き!という共通点で会話がはずみます。ハワイ島に来て3週間の私たちですが、おかげさまで30人余りの日本人のお知り合いができました。ということは、、、私の英語力はここでも上達の見込みはないということでしょうか・・・?「心がけ次第!」と横から厳しい声が上がっていますが。。

| | コメント (2)

2009年7月26日 (日)

郵便受けがない!

引っ越して数日、そろそろ大切な郵便物が届く頃になって気付きました。この家、郵便受けがない。ミシガンの住宅街ではそれぞれの家に個性的な郵便受けが取り付けられているのを目にしましたが、我が家のサブではどの家も指定の郵便受けがついています。

Mailbox1

ところが、我が家にはどこを探してもないのです。これでは郵便物を受け取れないので、管理会社に連絡しました。そして、郵便受けができるまでの間は郵便局で預かってもらい、定期的に取りにいくことに。この時点では30日間はO.K.のはずでした。ところが、2回目に郵便物を取りに行ったところ、もうこのサービスはできないからすぐに仮の郵便受けをつけるようにと言われてしまいました。でも、仮の郵便受けをつけるにも、管理会社の了解を得なければ・・・と、オフィスに行ってみると、担当者は休暇で旅行中。休暇前に手配もしてくれていなければ、他の人に引継ぎもしていない。私たち、とても困っているんですけど・・・まぁ、アメリカ生活7年もやっていればこんなことには慣れっこです。オフィスで工事業者を教えてもらって直接依頼しました。

この郵便受けはコンクリート製で600キロもあるため、できたものを運んで来るのは無理だから、ここで型にコンクリートを流して作るそうです。しかも我が家の場合は既存のロックウォール(石垣塀)を一部取り壊さなければならないので、たかが郵便受けを取り付けるのに大工事になってしまいました。

P1100860 まずはロックウォールの取り壊し。

P1100877翌日には土台部分ができました。

P1110030_2 それから2日後、型にコンクリートを流して・・・

P1110033 これで出来上がり。でも、まだ金属で番地をいれなければなりませんが、それはまた特別注文で、数週間後だそうです。

各家に同じ郵便受けがあるのは統一感があっていいのですが、それにしてもこれほど立派なものでなくてもいいように思いますが・・・

ちなみに設置費用は取り壊しも含めて1500ドルなり。ホームデポやウォールマートなら20ドルくらいからありますよね。

| | コメント (2)

2009年7月25日 (土)

楽しみいろいろ

ハワイ島では楽しいイベントが年間を通じて盛り沢山。

例えばこのページ http://www.konaweb.com/calendar/ を見ると

今日は“CREAM OF THE CROP" COFFEE AND DESSERT TASTING”

P1110111_5 選ばれた21の農園が一堂に集まって自慢のコーヒーを飲み比べできるコンテスト、しかもデザートも、しかも場所は高級リゾート、フォーシーズンズ・フアラライ、しかもフリー、、、行ってみましょう!

P1110108_7ハワイアンミュージックに耳を傾けながら、各ブースでおいしいコーヒーの試飲。でも、世界に名立たるコナコーヒーの本場に住んでいながら、実はコーヒーよりも紅茶好きの私は小さなカップとはいえ、3杯が限度。飲み比べができるほどの実力はありません。

P1110114_2 デザートは、中にはアメリカらしいこってりと甘いものもありましたが、見た目にも美しく、おいしくいただきました。私が気に入ったのは手前に写っているハンバーガーのような形をした、小さなブリオッシュにクリームがサンドされたもの。

午後には予定があり、残念ながらコンテストの結果はわからないまま帰宅しましたが、今日は夜の部も・・・

ここは日本? いえいえ、ハワイ島では6月~8月にかけて各地にある寺院などで、「ボンダンス」が開催されているのです。かつてハワイに移民してきた日本人達が、懐かしい故郷に思いをはせて始められた盆踊りは、今では夏のハワイの風物詩となっています。

P1110126

知る人ぞ知る、私の盆踊り好き。若かりし頃には、同じく盆踊り好きのKIRIちゃんと、盆踊りめぐりをしたものです。ミシガンでだって、ジャパンフェスティバルで友人達と浴衣を着て踊りました。ここは、「よし、昔とった杵柄」(古~い)と思ったのですが、「どらえもん音頭」・・知らない・・「河内ぶし」・・知らない・・ 6曲ほど見ていましたが、知らない曲ばかり。日本でポピュラーな東京音頭や炭坑節はないのでしょうか?それとももう古すぎる?

踊りの輪の中で、浴衣を粋に着こなしたアメリカ人がとても上手に踊っているのが印象に残りました。

| | コメント (2)

2009年7月24日 (金)

大事件発生!

我が家は家具つき(何故かダイニングテーブルだけはありませんでしたが)で購入しました。元のオーナーはインテリア関係のお仕事だそうで、個性的でセンスのいい家具が揃っています。

Termite3 マスターベッドルームには、ベッドの両側に少しデザインの違うアジアンアンティークのナイトスタンドがあって、気に入っているのですが。。。

ところが、今日、ふと下に木屑粉のようなものがあるのを見つけました。掃除機はまだ届いていないので、雑巾でふき取ろうと、テーブルの足元をよく見たら、何と裏側の方に穴がいくつか開いているのを発見。もしや、これはシロアリの仕業?

ハワイはシロアリ被害が多く、家を売買する際には売り手の負担でシロアリ検査が行われます。もちろん我が家も検査済みですが、購入したのは1年前ですから、いつの間にか侵入していたのでしょう。夫がテーブルをひっくり返して調べると、外側からは見えなかったのですが、ドライバーでつつくと、かなり広範囲に穴が開けられていました。一本の足部分全体に広がっています。これは一大事!

Termite2_2

Termite4

とりあえず家の外に出して、蟻用の殺虫剤をたっぷりとまきました。が、まだ中に生きているかも知れないと思うと、もうこのナイトスタンドは使えません。悲しい・・・

早速シロアリ駆除の業者に来てもらうようお願いしましたが、来週金曜日とのこと。どうぞ 被害がこれだけですみますように!

ちなみに、今日のHIBTは380ポンドのカジキと198ポンド、93ポンドのキハダマグロが上がっていました。キハダは100ポンド以上でないとキープできないので、93ポンドのは残念ながらポイントがつきません。カジキの旗はたくさん揚がっていましたが、ほとんどタグ&リリースでした。つまり、300ポンド以下の小さなカジキが多いのですね。釣り師の憧れは「グランダー」と呼ばれる1000ポンド以上の大型カジキを釣り上げることだそうです。今回の大会では3日目の567ポンドが最大でした。そして、優勝は親子で参加した日本チームでした。

| | コメント (0)

2009年7月23日 (木)

そして“あの鳥”も・・!

HIBT?もちろん行きました。今日は小さめのカジキ2匹(280ポンドと330ポンド)と198ポンドのキハダが上がっていました。そして、昨日と同じチームがまたカジキを釣って遅い時間に戻って来ると聞きましたが、私たちは待たずに帰りました。なぜなら、カメラを忘れてしまったので・・・う~、記録的な大物だったら見たかったけどなぁ。。ま、明日があるさ!

で、鳥の話です。先日買って来たバードフィーダーを取り付けたところ、早速可愛い小鳥たちがやって来ました。

まずはサフロン・フィンチ(Saffron Finch)。鮮やかな黄色がきれいです。人の手により持ち込まれたものが繁殖した外来種です。

Bird91

Bird10_2 こちらは日本でもペットショップでお馴染みのブンチョウ(Java FinchまたはJava Sparrow)。いつも集団でやって来るので、エサはあっという間に無くなってしまいます。。

Bird105_2

バナナの葉に止まったつがいのブンチョウ。この2羽はとても仲が良くて微笑ましい。

ところで、庭にいると、時々チィッという、懐かしい鳴き声を耳にします。そういえば、以前ハワイ島には日本人が持ち込んだメジロが生息していると聞いたことがありました。でも、バードフィーダーには姿を見せません。こういう時は便利なインターネットで調べると、みかんを半分に切ってあげるといいらしい。ちょうどコスコで小さなオレンジを見つけたので、置いてみました。餌台は夫の手作り(割り箸利用)です。見かけはイマイチフォトジェニックではありませんが、私が写真を撮りやすいようにオレンジの角度を調整してくれてあるんですよ。(ブンチョウに負けない夫婦愛??)

Whiteeye5

ほら、やって来ました。その名も「Japanese White-eye」です。

他にもハウスフィンチやすずめ、小さめの鳩(Zebra Dove)などがやって来ます。ハワイ島では、住宅街で見られるほとんどの鳥は外来種で、ハワイ固有の鳥達は標高の高い森林でしか見られないそうです。美しいハワイアン・ハニークリーパー(ミツスイ)の姿を見てみたいものですが・・・ 

| | コメント (0)

2009年7月22日 (水)

HIBT 3日目

連日同じ話題で申し訳ありません。

が、朝からこんな風景を見てしまうと、桟橋に出かけなくてはいられない釣り師の悲しいサガ。

Boat1

カイルア湾を後に、40隻余りのボートがいっせいに白波を立てて進む光景は壮観です。

というわけで、今日も夕方4時過ぎにカイルア桟橋へ。しかし、しばらく見ていても戻ってくるボートはタグ&リリースの旗ばかり。カジキは上がらないのかな・・とスタッフに聞いてみると、推定550ポンドのカジキを釣ったボートが帰港途中で、到着は6時半~7時頃になるとのこと。夫はゴルフの練習、私はショッピング(見るだけの)で時間をつぶして、再び桟橋へ。Frag3 6時50分、集まった見物客の歓声の中をボートが接岸。ここで昨日の復習です。

ほら、このカジキの旗の下にTマークの赤い旗がない・・ということは300ポンド以上のカジキを持ち帰ったということです。下のオレンジの旗はオノ(サワラ)。オノはハワイ語で「おいしい」という意味だそうで、とても人気のある魚です。

カジキが釣り上げられ、計量されました。結果は・・・567ポンド。550ポンドという推定はかなり正確だったわけです。船には計量装置はありませんから、長年の経験なのでしょうが、たいしたものです。

Marlin2

1時間45分のファイトで上がったカジキ。先に戻ったボートでは、カジキがかかったものの、同じ1時間45分のファイトの末、ラインが切れてしまったそうです。「逃がした魚は大きい」という言葉があるように、どんなにか悔しい思いをしたことでしょう。釣りは魚との戦いと言われます、また明日頑張って下さい。

私たちも明日また行きます・・多分・・・絶対!(ってことは、明日もまたこの話題が続くのか?)

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

HIBT 2日目

夕方になるとそわそわ・・ やっぱり気になるよね。今日こそはカジキが上がるかも知れないし、行ってみましょう、カイルア桟橋へ。

Flag2 桟橋には昨日を上回る観衆。

戻ってくる船にはカラフルな旗が誇らしげにはためいています。釣れた魚によって旗が決まっていて、写真の一番上はブルーマーリン(カジキ)、赤地にTの字はタグ&リリース(資源保護のために、一定の大きさに達しない魚を釣った場合はタグを打ってリリース、この場合ポイントが加算されます)、つまり、この船はカジキを2匹釣って、タグ&リリースしたということ、黄色はマヒマヒ(シイラ)です。

私たちが着いた時には昨日と同じようにマグロが計量されていました。しかし、すぐそばに待機しているボートを見ると、カジキの旗が揚がっています。しかもタグ&リリースの赤い旗が無い! つまり、300ポンド以上のカジキを釣って“お持ち帰り”したということ。

観衆の期待が高まる中、ボートから吊り上げられたのは、443ポンドのカジキマグロ。

Marlin1

カジキの横に立っているのは、見事釣り上げたアングラーと「ミス・ビルフィッシュ」のお嬢さんです。参加者の中には47回も出場しているという人がいましたが、夢を追い続けるビルフィッシャー、かっこいいですね。

| | コメント (0)

2009年7月20日 (月)

ハワイアン・インターナショナル・ビルフィッシュ・トーナメント

朝、ラナイから海を眺めると、カイルア湾に集結したフィッシングボート。

Hibt1

夫にとっては見過ごせない光景、これは、HIBT(ハワイアン・インターナショナル・ビルフィッシュ・トーナメント)ではないかと、カイルア桟橋まで偵察に行ってみました。(ビルフィッシュとは、カジキマグロなどの上顎が剣のように長く鋭く伸びた魚の総称)

Hibt2_2ハワイ島コナ沖は、その気候や海底地形から、世界有数のトローリングポイントとなっています。毎年世界各国のチームが参加して行われるHIBTは、パンフレットによると、50年前、ハワイが米国の50番目の州となった年に始まった歴史あるトーナメントだそうです。今年は記念すべき50回大会ということで、例年よりも参加チームも多く、華やかに開催されています。大会は今日から金曜日まで5日間、朝7時からストップフィッシングの4時までのべ45時間にわたって海の上での戦いが繰り広げられます。

4時を過ぎると、ボートは次々とカイルア桟橋に戻ってきて、いよいよ計量です。が、持ち帰ることができるのは、カジキでは300ポンド以上、キハダマグロは100ポンド以上の獲物のみ、それ以下はリリースされます(ポイントは加算)。今日は残念ながら300ポンド以上のカジキは上がりませんでした。ポイントは、魚の種類や重量、使用ラインなどによって計算されます。

Hibt3

今日持ち帰られた中で一番大きかった158ポンドのキハダです。食べがいがありそうですね。ところで、夫がスタッフに情報収集。「優勝賞金はいくら?」「賞金はないけど、トロフィーと釣り人としての大いなる名誉、そして“一年間の自慢し放題!!”」ですと。

| | コメント (0)

2009年7月19日 (日)

鳥の歌

夫がリタイアして、今は目覚ましをかけない生活ですが、年寄りなので割合早起き(←夫はすご~く早起き)です。この家に来てからは毎朝小鳥のさえずりで目を覚まします。

何気なく庭を見ていると、ミシガンでもお馴染みだったカーディナルが・・・うれし~い、ここでも会えるなんて!

Bird8

そして、プールに毎日やって来るのはイエロービルドカーディナル。南米から帰化したこの鳥は、ハワイではハワイ島にしかいないそうです。

Bird15

とても気持ち良さそ~に水浴びしていきます。

Bird111

バードフィーディングをすれば、きっとたくさんの小鳥がやってくるに違いありません。ミシガンでのバードフィーディングの様子は↓こちらをクリック。

http://www.geocities.jp/silkroadlake6255/house.html

早速HOME DEPOTでバードフィーダーを買いましたが、何故かエサは売っていないと言う(単に品切れだったかも・・?)。帰りにWAL MARTに寄って準備完了。

結果は・・・ 後日報告いたします。

| | コメント (0)

2009年7月18日 (土)

ラパカヒ州立歴史公園

今日は何をしようか・・・

よし、“ディスカバー・ビッグアイランド”だ!これは、ハワイ島で漁師になって釣り三昧(時々ゴルフ)の日々を過ごそうとしている夫が、週に一度は家族(つまり私)サービスのためにハワイ島めぐりをしようと発案したもの。これまで釣り旅行で何度か来て、マウナケアやキラウエアなど人気の観光地には行ったけれど、まだまだ知らないハワイ島があるはず。とはいっても、目的地も決めずドライブする行き当たりばったりのプロジェクトで、先週はおむすびを持ってビーチ巡りをしました。

今日はガレージセールやファーマーズマーケットに立ち寄りながら、ノースコハラまで足を伸ばし、カワイハエ港の少し北にあるLAPAKAHI STATE HISTORICAL PARKに行ってみました。ここは約600年前の漁村を再現した歴史公園です。

Hi1_2 

古代ハワイアンの住居、カヌー、海水から塩を作る方法の展示などがある遺跡を巡るトレイルは約40分。日差しを遮る木陰はほとんどなくてかなり暑かったけれど、海の美しさは特筆すべきものでした。濃い群青から鮮やかな青、さわやかな水色のグラデーション。熱帯魚も見えました。

Hi2

お昼はカワイハエ港にあるCafe Pesto で。ランチにはちょっと高いけど、アヒ・ポケ&ほうれん草のサラダは絶品でした。

Hi4

さてさて、このディスカバー・ビッグアイランドプロジェクトはいつまで続くことでしょう?

| | コメント (2)

2009年7月17日 (金)

海を眺めて

無類の釣り好きの夫、「退職したらハワイ島かオーストラリア・パースに住んで釣りをして暮らす」というのが昔からの夢でした。どちらもまだ訪れたことさえなかったのに・・・ そして、海辺の小さな町で生まれ育った私は、海を眺めて暮らしたいと思っていました。2004年、初めてハワイ島に来た私たちは“コナに住みたい!”と強く願うようになり、ハワイ島移住大プロジェクトが始まりました。(←うそ、常に行き当たりばったりです。)

さて、ハワイ島で家探しを始めた際、一番のポイントは“オーシャンビュー”でした。家は後から直すことができても、眺めを変えることは難しい。

Pool1_2

そして、西側に海が広がるコナで海が見えるということは・・・

Sunset4

こんなに素晴らしいサンセットが見られるということです。エアコンのない我が家ですが、海からの風が心地よく吹き抜けていきます。ビール好きの友人たちが来たら、グラス片手に至福の時を過ごすことでしょう。待ってますよーーー!

| | コメント (0)

2009年7月16日 (木)

撮影場所を確保せよ!

今日は天皇、皇后両陛下がハワイ島を訪問されました。(到着日の独立記念日打ち上げ花火同様、まるで私たちの新生活を祝って・・・←違う!)

こうしてブログを始めたからにはぜひ写真撮影をせねばと、スケジュールを確認。パーカーランチなどをご訪問後、コナ空港に午後3時過ぎに到着されるとのこと。少し早めに空港に行って、撮影のベストポイントを探しました。

一方通行の道にストップサインがあったので、ここ!!!と決めて待ちました。車が一旦停止してくれたら、ゆっくりと写真が撮れるはず。他にも日本人が10人ほどいます。みんな考えることは同じなのよね~。

いよいよ車列が近づいて来て・・・ところが、ストップサインには目もくれず、あっという間に通り過ぎてしまう黒塗りのリムジン・・・あら~、そうだったのね。超・VIPには交通規則は関係ないのです。

結局両陛下の写真は撮れませんでしたが、にこやかに微笑む皇后様のお顔はしっかり拝見しました。

Emperor1_2

こちらはコナ空港で待機中の専用機です。

P1100726_2

お忙しいスケジュールの短い滞在でしたが、ハワイ島を楽しんでいただけたでしょうか?

| | コメント (0)

2009年7月15日 (水)

ハワイ島で暮らします

 夫の退職に伴い、7年間を過ごしたミシガンを後にして、ハワイ島で暮らすことになりました。

デトロイトを発ち、ハワイ島コナでの生活が始まった7月4日はインディペンデンスデー、カイルア湾に上がる花火がテラスから見え、まるで新生活(新婚生活ではありません、念のため!)を祝ってもらったような気分で、感慨深いスタートとなりました。

1_4

が、引越しの荷物が届くのは8月はじめの予定、それまでは何となく仮住まいという感じです。そして、実は未だにここに住むという実感があまりなく、休暇で遊びに来ていて、じきにミシガンに帰るような気さえすることも。。。

リビングのテーブルの上に置かれたウエルカムフルーツとカード。

P1100280

家の購入から、コナへの引越しに際して何かとお世話になっているKAIさんからのうれしい心遣い。長時間フライトの疲れを忘れさせてくれました。そしてハワイの果物はどれもとてもおいしかった!ありがとうございました。

長年の夢だったコナの海を眺めながら過ごす日々、ハワイ島での暮らしを少しずつお知らせしていきたいと思っています。ALOHA MAIはハワイ語でWELCOM。“ようこそ、海の見える我が家へ!”

| | コメント (0)

トップページ | 2009年8月 »